韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国100大企業、51社で人員削減

韓国100大企業、51社で人員削減

企業情報サイトの財閥ドットコムが韓国企業の売上高上位100社を対象に調べた結果、51社で3月末現在の従業員数が昨年末に比べ減少した。100社の合計従業員数は昨年末に比べ2116人減少し、85万7412人となった。

特にサムスングループの人員削減が目立った。サムスン物産は610人減の1万1473人、サムスンエンジニアリングが520人減の5553人だった。

サムスン関係者は「サムスン物産の建設部門が赤字を計上し、人員削減が避けられなかった。昨年末に債務超過に陥ったサムスンエンジニアリングでもリストラが進んでいる」と説明した。 

大規模なリストラに突入した造船3社(現代重工業・大宇造船海洋・サムスン重工業)の従業員数も3カ月で800人以上減少した。

一方、LG化学(620人)、現代自動車(321人)、現代モービス(282人)、大韓航空(277人)、サムスン電子(251人)、アモーレパシフィック(244人)など14社は従業員を100人以上増やした。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/23/2016052300545.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
韓国の産業界にとって2016年は、「緊縮経営」と「構造調整」の年になる。韓国経営者総協会が235社を対象に行った「2016年最高経営者経済展望調査」によれば、回答者の52.3%が2016年に「緊縮経営を行う」と明らかにしたわけで、「現状維持」は30.2%、「拡大経営」は17.4%に留まった。構造調整の刃は、時が過ぎれば過ぎるほど鋭くなる。すでに事業再編と人員削減を行っている企業が増えており、経営が悪化した企業を整理する政府の動きも加速している。構造調整は、造船や海運、鉄鋼、建設、石油化学などの業界から、すべての産業に拡散するだろう。

韓国経済をリードしてきた主力産業は、どれ一つ振るわない。特に重厚長大型産業は崖っぷちに立たされている。韓国・ナイス信用評価が産業別に信用等級の動きを分析しているが、これを見ると造船業がマイナス75%となった。さらに下落傾向にあるのは、精油が25%、石油化学21.4%、ゼネコン17.9%となっている。ナイス信用評価関係者は「2015年の信用等級を下げた企業31社のうち、建設と造船、石油化学、鉄鋼、精油など、いわゆる脆弱業種に属する企業が19社となり、全体の40%を占める」と述べた。

金融監督院の信用評価基準もさらに厳しくなる。これまでの基準は3年連続赤字、インタレスト・カバレッジ・レシオ(営業利益と金融収益を足したものを支払利息で割った指標)が1未満、資産健全性が要注意の等級、が基準だった。これを厳格化し、脆弱業種については3年連続赤字を2年連続にした。2015年末基準で金融監督院が構造調整対象に分類した中小企業は、2009年以来最多となる175社。これが世界的な金融危機が生じた2009年以来、最多となる。2014年には125社だった。

政府が主導する構造調整対象企業の中には、大企業も名を連ねる。金融監督院は中小企業とは違い、大企業に対する評価方法を変えなかった。とはいえ、政府と金融当局は基幹産業の競争力を高める方針であり、退出する大企業が相次いで出てくる可能性も排除できない。金融監督院は2015年6月に長期信用リスク評価を行い、大企業35社を構造調整対象とした。韓国政府は2016年内に構造調整を強行する計画であることがはっきりしている。従って今年金融支援で延命しているゾンビ企業は構造調整を行う事になるだろう。

中国同様に在庫過剰で、在庫を拡大し延命している企業は多数あるだろうから、整理すれば中小企業の雇用率88%で自国民の生活が成り立っている事を考えれば、廃業へ追い込まれる企業は想像を絶する数となるのではないか…。廃業しては看板を変えて起業しては政府の金融支援を受けるのを繰り返している小企業は多いのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月23日 10:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp