韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国の成長が止まる日

中国の成長が止まる日

「中国の成長が止まれば…」。単なる想像ではない。米国家情報会議(NIC)が4年ごとに大統領に対し、5年単位の「グローバルトレンド」を報告することはよく知られている。このグローバルトレンドの執筆責任者マシュー・バロー氏が在職中には明らかにできなかったとして、今後世界を変化させるかもしれない4つの波乱要因の一つに中国の破綻を含めた。

◆中国の「民主化のない革新」に限界
バロー氏が明らかにした内容には目を引くものが少なくない。「中国からはiPhoneが出てこない」「歪んだ経済成長」「共産党も抑制できない人民の欲求」「中国共産党も民主化を望む」など。結局、中国が個人の自律と創意を基礎とする「革新主導経済」に移行するには民主化が避けられないというメッセージだ。中国の制度的アキレス腱に触れたのだ。 これは「18世紀の産業革命がなぜ中国で起きなかったのか」に対する視点を思い出させる。当時の中国の主要発明を考えると、こうした疑問が出てくるのも無理はない。いわゆる「ニーダムパズル(Needham puzzle)」だ。

謎を解くための多様な分析が出てきたが、その解答も制度的な問題に探す人が少なくなかった。科学に対する視点、高等教育制度、知識の拡散体制、特許制度のような経済的誘引制度、知識と情報の中心である都市の役割などが、英国と中国の運命を変えたということだ。石炭の発見や植民地など歴史的偶然を排除した西欧優越的な視点だと罵るかもしれないが、中国が高度成長過程で採択した制度を見るとこれを否認するのも難しい。


スポンサードリンク


中国共産党指導部で供給側の構造改革をめぐり内紛が生じているという分析だ。習近平主席、また匿名の人物が人民日報を通じて一斉に供給側の構造改革を強調するのがおかしいということだ。少し振り返ってみると、中国共産党が2014年に「新常態(中国版ニューノーマル)」を持ち出して人民日報にシリーズで明らかにした内容と特に変わらない。にもかかわらず、これを繰り返すというのは、何か内部で路線闘争がある傍証という解釈が可能だ。これは供給側の構造改革が思い通りに進んでいないことを示唆する。

中国がニューノーマルを叫んで成長動力を転換するというのは、革新主導経済に進むということだ。しかし生産要素の投入や投資主導経済とは違い、革新主導経済でも「共産党+市場経済の組み合わせ」が通用するかが問題だ。習主席は供給側の構造改革について西欧の新自由主義とは違うというが、革新を強調するほど従来の政治体制との衝突は避けられない。もしかすると中国共産党は経済が崩壊する場合に備えて、捕まえる犠牲の羊や人民への弁解を探しているのかもしれない。

◆韓国はどんな対応をしているのか
中国も中国だが、心配なのは韓国だ。中国の成長率が半分になれば韓国はチリ、台湾に続いて世界で3番目に大きな打撃を受けるというのがスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の予想だ。そうでなくとも韓国経済は「不況の沼」に陥ったという診断もある。韓国経済こそ革新主導型に進めなければ何もできず沈み込んでしまいそうだ。しかし数日前の大統領主宰の規制改革長官会議では、大統領の一場の訓示(?)に続き、改革対象者が経済が崩壊する場合に備えて抜け出す穴ばかり探すという感じだった。このままでは韓国の成長が止まる日が先にくるのではないか心配だ。
韓国経済新聞
http://japanese.joins.com/article/939/215939.html?servcode=100§code=120

【管理人コメント】
中国は他国を土台に成長してきた国である。
今後も同じだろう。ただし、人件費高騰で他の先進国が中国を離れる一方、都市部ではいまだ競争は激化しているが、先進国でも生き延びる企業は、30%程度でしかない。殆どが倒産している。韓国企業は15%程度しか生き残れない。その競争激化の場所で、中国を市場として生き延びる韓国企業は大企業の一部に過ぎないだろう。中国自体が自国で世界を先導する野望に燃えているのは良いが、自国民が自国で稼いだ金が、海外で使われているようでは、内需として金が自国内で循環しない。内需活性化がカギとはいえ、人件費高騰の中で、中国は世界企業にどういう扱いを求めるのかは最重要課題だろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月23日 12:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp