韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国でも中国人旅行客が爆買い「中国人客は日本人客より・・・」

韓国でも中国人旅行客が爆買い「中国人客は日本人客より・・・」

中国メディアの捜狐はこのほど、ソウル市内にこのほどオープンした韓国の化粧品ブランドの専門店がたくさんの中国人旅行客で賑わっていると伝えたほか、百貨店でも中国人旅行客による爆買いで潤っていることを紹介した。 記事は、韓国メディアの報道を引用し、ソウル市内の化粧品専門店を訪れた中国人女性があっという間に170万ウォン(約15万7300円)もの買い物をして、さらに別の店へと向かったと伝え、韓国でも爆買いが見られることを紹介。さらに、ソウル市内の百貨店では中国の個人観光客の姿も多いとし、個人観光客は「ツアー客より消費額が大きく、韓国のことを熟知している」傾向があることを伝えた。

また、韓国の一部百貨店の関係者が「同店舗を訪れる中国人客の消費額は73万ウォン(約6万7540円)に達するが、日本人はわずか8万ウォン(約7400円)だ」と述べたことを紹介、中国人客の消費額を強調するためか、なぜか日本人客の消費額を引き合いに出した。 中国では韓国のドラマが流行するなど、今なお一部で韓流ブームが続いているが、記事の内容は「いかに中国人にとって韓国旅行が人気か」、「いかに韓国の化粧品が人気か」を強調するものとなっている。

一方、日本百貨店協会によれば、4月の訪日外国人動向では購買客数は7.8%増となったものの、売上高は9.3%減となった。売上高が39カ月ぶりにマイナスとなったことに対し、中国の輸入関税引き上げが1つの原因と予測されている。これは韓国にとってもマイナス要因であり、「中国人客の消費額は日本人より多い」などと浮かれてはいられない事態ではないだろうか。
http://news.searchina.net/id/1610276?page=1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
2016年3月28日、韓国紙・朝鮮日報は、海外に出かける中国人観光客が大幅に増加しているものの、その目的地には韓国ではなく日本やタイが選ばれていると指摘した。環球網が伝えている。世界的な不景気の中、観光業に光が差している。経済協力開発機構(OECD)の予測では、2016年の世界経済の成長率はわずか3%にとどまるとみられているが、世界最大の旅行見本市「国際ツーリズム・マーケット展(ITB)の予測では、旅行市場の成長率は4.4%に達する見込みだ。

中でも期待がかかるのが中国人観光客だ。2005年は3000万人だったのが、2010年には5700万人、2015年には1億2000万人と、大幅に増加している。しかし、昨年、韓国を訪れた中国人観光客は落ち込んだ。1995年以降、中国人客が前年比で減少するのは初めてのことだった。原因としては、MERS(中東呼吸器症候群)の影響や、円安を追い風に日本が中国人観光客誘致に成功したこと、韓国国内の受け入れ態勢の問題などが指摘されている。一方で、日本やタイは中国人観光客獲得に成功した。

一方で、「中国人観光客に対するさまざまな違法行為によって、リピート率が低くなっている」ことを挙げている。韓国警察庁が15日に発表したデータによると、春節を含む2月1〜14日の期間、外国人に偽物などの粗悪品を売り付ける事件が414件起きた。また、未登録の宿泊施設や違法タクシーなどの違法なサービスは104件摘発されている。これは、前年比で177%も増加している計算になる。

日本の旅行客は観光の為に行くのであって、爆買ではない。韓国を訪れる中国人観光客が消費する金額は、訪日する中国人旅行客よりも少ないとも言われている。韓国はサービスにおいても自己都合で挙句にぼったくりでは困りごとだろう。一方、日本では中国人の違法ガイドなる連中がおり、困った実態が発生しているが…。しかし最近では中国人の爆買もニュースにもならなくなったが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月23日 14:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp