韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  そんなこと考えるの? 日本人がお年寄りに席を譲らない、「複雑」な理由

そんなこと考えるの? 日本人がお年寄りに席を譲らない、「複雑」な理由

万古不変の真理、というものがある一方で、多かれ少なかれ例外が発生する「法則」が存在する。特に異文化に対する理解では、「こういうものだ」と決めつけることでトラブルが起こりやすくなる。日本で言えば、「すすんで高齢者に席を譲る」というのが典型的な例だ。

中国メディア・捜狐は21日「日本の若者はどうして高齢者に席を譲らないのか」とする文章を掲載した。文章では「日本では高齢者に席を譲るか」という問題が実に回答に窮するものであるとし、「日本人の思想は往々にして統一されているものだが、この件についての答えはいささか複雑なのである」と説明した。しかもそれは「日本で仕事を一定期間してしていてようやく分かる」ものであると解説している。 そのうえで、「日本の年配者は他人に席を譲られても大半は座ろうとしない」と紹介。さらには、空席があったとしても座ろうとせずに立っている人たちがいるとした。そして「日本人が座らないのは、自分が十分に健康であり、座席に座る必要のない集団の一員であると認識しているから」であると論じた。

その背景には、日本人の中では「老」というのは単に年齢を示すもので、不健康を意味するわけではないこと、老いてもなおはつらつ、という生活を追求していること、そして、「他人に迷惑をかけたくない、他人からも迷惑を被りたくない」と考えていることがあると解説。「このようなやや冷淡な社会環境において、高齢者の哲学は『自活を誉とする』ことであり、席を譲ってもらうのは社会に面倒をかける思いがして不快なのだ」としている。


スポンサードリンク


さらに、日本人には「労働こそ一番の光栄」という伝統的な思考があるため、高齢者にとっては「今や社会福祉のサービスを享受している自分は、今価値を生み出している人たちをリスペクトしなければならない。彼らと座席を争っては気が済まない」という、一種のメンツにかかわる問題にもなるのであると指摘した。

「日本人は高齢者に席を譲る」という情報を鵜呑みにして日本を訪れ、実践してみたら思わぬ拒否に遭ってショックを受ける、というのはちょっとかわいそうだ。「相手を見て譲るかどうか判断せよ」というのはいささか酷な話ではあるが、もし実践してみたいというのであれば、そのようにアドバイスするしかないのかもしれない。
http://news.searchina.net/id/1610412?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
レコードチャイナは2014年3月に面白い記事を掲載している。
日本の電車のなかで若者が堂々と椅子に座り、お年寄りが立っている様子を見たときには、やはり心のなかで「日本人はこんなに礼儀正しいのに、どうして電車でお年寄りに席を譲らないのか」と疑問に思っていたという。

私も初めはそう思ったが、日本で十数年生活してわかった。たとえば、私の知り合いに60歳くらいの大学教授がいるが、髪の毛が真っ白なために実際の年齢より老けて見える。普段、彼女はとても明るいのだが、あるとき機嫌が悪そうにしていたので、何かあったのか聞いてみた。すると、彼女は「席を譲られちゃったのよ」と話した。彼女いわく、席を譲られたことで「あなたは老けた!」と言われた気がしたのだそうだ。

彼女の気持ちはおそらく、同じ文化的背景で育った日本人にはわかるのだろう。そのため、日本の電車では若者がお年寄りに席を譲ることが少ないのだ。しかし、私はこんなことも経験した。電車のなかで子どもを抱いた母親に席を譲ろうとすると、彼女は何度もお礼を言いながら「すぐ降りますから」と座ろうとしなかった。後日、日本人の友人が「たとえ、あなたが親切心からしたことであっても、相手がそれを必ず受け入れなければならないということではない。日本人は他人に迷惑をかけることを嫌う。また、『他人に面倒を見てもらう人』だと見られたくない気持ちがある」と教えてくれた。

「人に迷惑をかけたくない」「年老いたと見られたくない」と感じる日本人にとって、電車に乗るときに相手が本当に席を譲ってほしいのかどうかは、本当に判断しづらいものだ。最も良い席の譲り方は、電車を降りるのを装ってドアの前まで行くか、思い切って別の車両に移動することだ。いずれにせよ、何も言わずに立ち上がってその場を離れるのがいい。もし相手が必要なら、自ら歩いてきて座るだろう。

日本人の心理と言うのもまた難しい。 シルバーシートと言うのもあるわけで…。
あえて譲らないというよりも、私も当時は仕事疲れがひどく、若い人も仕事で疲れるわけで…。。。
心の探り合いよりは、あえて普通にしているほうが親切と言う場合も多いようだ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月24日 12:05 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp