韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  いまだ「日本離れ」できない韓国メディア オバマ大統領広島訪問に毒づく姿は切ない

いまだ「日本離れ」できない韓国メディア オバマ大統領広島訪問に毒づく姿は切ない

オバマ米大統領の広島訪問計画に韓国が異様に関心を示し反対を叫んでいる。他国の外交日程だから政府は「理解する」との公式見解を発表し非難はしていないが、マスコミが得意(?)の反日報道に熱を上げ、日米への非難と注文を繰り返している。 韓国は近年、日米の外交問題にイチャモンをつけ日本の足を引っ張ろうとする姿が目立つ。昨年は安倍晋三首相の米議会演説に“妨害工作”をしている。こういう姿が「韓国は果たして友好国か?」と日本の世論の反韓・嫌韓感情をいたく刺激しているのだが、依然、どこ吹く風である。

韓国の関心は相変わらず過去がらみだ。新聞論評を引用すると反対理由は「(第二次大戦の)戦犯国という加害者の日本が被害者イメージを浮き彫りにしようとしている」「日本の戦争犯罪に免罪符を与えるものだ」からという。そして日本には「被害者ショー」「被害者面(づら)」「被害者コスプレ」と毒づき、米国にも「広島平和ショー」「日米合同政治ショー」と皮肉るなどいささか品がない。 その上で原爆投下の際、日本居住者で犠牲者になった韓国人被害者の慰霊碑にも参拝しろと米国にしきりに要求している。米政府は「すべての原爆被害者のための訪問」といっているのに納得しないのだ。

韓国の議論で欠けているのは「ヒロシマは核問題の原点」という観点である。オバマ大統領の広島訪問は過去の核被害への慰め以上に現在、未来に向けた非核・反核への意味合いを探るものだろうに、そのことにはまったく顔をそむけているのだ。すぐ隣で同じ民族の北朝鮮が核開発を進め、先日の党大会では核武装を意気揚々と宣伝し、核保有で国際社会を脅迫しているのに。現在、未来の自分たちおよび国際社会の「核問題とヒロシマ」がまったく重ならないのだ。


スポンサードリンク


知的怠慢というか国際感覚の欠如というか。韓国のマスコミは日本の過去がからむととたんに視野狭窄(きょうさく)、思考停止になって“日本たたき”で安心(?)してしまう。あれだけ「世界の中の韓国」を誇りながら反日・ジコチュウ(自己中心主義)という病(やまい)は続いている。いまだ「日本離れできない」のは実に切ない。 ところで筆者は記者の駆け出し時代に1965年から4年間を広島で過ごしている。女房とは広島で結婚した。義父は被爆者で早死にしている。広島は第二の故郷でもあり、記者としては当時、韓国人被爆者の存在とその救援の必要性をさきがけ的に伝えた。

そうした広島からの声が、結果的にその後の韓国人犠牲者慰霊碑の建立や在韓被爆者に対する人道支援や日本人並みの援護実現につながった。共産党や社会党系だった反核運動の原水協や原水禁が韓国とかかわれない中、在韓被爆者を唯一、支援してきた旧民社党系の核禁会議は、今も韓国現地でその支援を続けており、筆者もささやかに協力させてもらっている。 日本は政府も民間も韓国人被爆者のために支援努力を続けてきた。この機会に韓国マスコミはその正確な歴史をぜひ伝えてほしいものだ。
(ソウル駐在客員論説委員 黒田勝弘)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160524/frn1605241541003-n1.htm

【管理人コメント】
最近韓国メディアも反日ネタが無いですからね~。
ネタを探せば自国の不備ばかりしかないわけで、このサミットは良いネタとばかりに飛びいついただけでしょう。
それにしても韓国メディアは、反日記事が無いと実に寂しい状態となる。人民日報とはえらい違いだが…。

経済中心の中央日報は経済記事も無いので、中小企業のネタを取り入れ始めている状態。
挙句に朴槿恵は海外へ逃避行するし、韓国と言う国も1995年頃と比較して、人間の特に精神的な部分で異常値が高くなりましたね~。韓国ドラマの冬のソナタは幻だったのか…どこに消えたのやら~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月24日 18:49 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
GDP2万ドル超えたら基本的な物欲は満たされるらしいんですが、富の偏りがありますからね
そういう不満をそらすのが昔ながらの反日報道なんでしょうね
ああ、そうですかとしか言い様ないですけど
[ 2016/05/25 07:19 ] [ 編集 ]
仮装被害者国所以の意固地かつ偏屈な捉え方。。。
5月26日から開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット) に出席した後、27日に現職の米大統領として初めて広島平和記念公園を訪れますが、韓国では、それに対する批判記事が蔓延しているようです。

内容を見ると「オバマ大統領広島平和記念公園訪問」=「日本が被害者になろうとしている」と捉えての独り善がりな記事が殆どで、つまり「まだ日本は韓国に謝罪していないのだからオバマ大統領も謝罪すべきではない」と叫んでいるのです。

最も、今まで日本に対して仮装被害者面して利を得ようとしてきた連中ですので、きっとその様にしか写らないのでしょうが。。。 米外交関係者にとって、益々「韓国疲れ」が進んだご様子すら自覚できていないようです。

元々、国際社会で日本より優位に立つため、官民挙げて「歴史カード」を磨くのが韓国の基本戦略であり、日本を「戦犯国家」と称しては「日本は戦争を起こした国だ。韓国の前で永遠にひれ伏さなければならない」という主張を繰り返してきました。。。が、しかし近年、そのカードがかえって相次ぐ「外交敗戦」を招いていることにまだ心から気付いていないようです。

韓国人がその様に状況判断を幾度となく見誤るのは、学校で教えられてきた(隠蔽、歪曲、捏造の)歴史を真実と信じていることと、官民共々歴史を政治利用に考えているので歴史と政治を切り離して考えることが出来ない。。。つまり「歴史を客観視出来ない」からであります。

韓国人が現実を素直に捉えることが出来ないでわがままを主張することは、ある意味で「病理」です。他人の言うことには耳も傾けないでしょうし、理解も出来ないでしょう。。。(彼らはそれをプライド高い民族と捉えているようで余計に笑えますし、可哀想で・・・)

韓国抜きの大人の成熟した一般社会では、オバマ大統領が広島を訪問するのも現実的な判断からであり、日本から謝罪を求めないのも現実的な判断からであると理解しているようです。。。
[ 2016/05/25 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp