韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  北朝鮮の対中国輸出が22%も激減 制裁の影響か不明

北朝鮮の対中国輸出が22%も激減 制裁の影響か不明

中国が北朝鮮から輸入した規模が先月、前年に比べ20%以上も減少したことが分かった。
KOTRAの北京貿易館が24日公開した中国の税関総署の朝中交易統計によると、同期間中に中国が北朝鮮から輸入した金額は1億6138万ドルで、昨年4月に比べ22.4%も減少した。先月に中国が北朝鮮から輸入したもののうち、半分近く(45%)を占めたのは石炭だが、前年同期に比べると38%も減少した。また、他の鉱物の中でもマグネサイト(-66%)、銅(-62%)などが大幅に減少した。しかし、亜鉛鉱石と濃縮物(685%)、合金鉄(57%)などは増加傾向を示した。

同期間中の貿易規模の減少が、対北朝鮮制裁案の国連安全保障理事会決議2270号の影響かどうかは定かではない。中国側の履行措置で禁輸品目に指定された鉄は、3億9000万ドルから2億1500万ドルに45%減少したのに対し、鉄鉱石は38億1500万ドルから、45億5400万ドルに19%も増加した。また、電気エネルギーの場合、昨年の同じ期間中に9000ドルから26万9000ドルに、輸入規模が30倍に成長しており、たばこ(123%)やかつら(476%)などの輸入も大幅に増えた。

中国商務部は、北朝鮮制裁決議案がまとまってから約1か月後の先月5日に、具体的な決議の履行措置として北朝鮮から輸出入を禁止する品目25種を発表し、すぐに施行に入った。輸入禁止品目には、石炭や鉄、鉄鉱石と共に、金やチタン、バナジウム鋼、希土類など、中国の税関が分類する商品コードを基準に合わせて20種が含まれた。中国側は、人道主義の目的に応じて「民生物資」は制裁項目の例外としている。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/international/24230.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
聯合ニュースは2015年6月に、韓国の大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が発表した北朝鮮の貿易動向の報告書によると、韓国と貿易を除く北朝鮮の昨年の対外貿易規模は前年比3.7%増の76億1000万ドル(約9400億円)となったと報じている。 北朝鮮の輸出額は1.7%減の31億6000万ドル、輸入は7.8%増の44億5000万ドルだった。貿易赤字は前年比41%増となる12億9000万ドルとなった。

貿易規模が拡大したのは、電気、機械類、プラスチックなどの輸入増加と衣類製品の輸出増加のためとみられる。主な輸出品は石炭など鉱物性燃料が11億8000万ドルで輸出額全体の37.2%を占め、最大輸出品目となった。衣類と付属品の輸出は前年比23.7%増となる6億4000万ドルとなり、最大の増加率を記録した。鉄鉱は18.3%減の3億3000万ドル、魚類・甲殻類は21.9%増の1億4000万ドル、鉄鋼は22%増の1億3000万ドルとなった。 

主な輸入品は鉱物性燃料が4.7%減の7億5000万ドル、電気機器が54.8%増の4億3000万ドル、ボイラー・機械類が3.3%増の3億3000万ドル、車両・部品が9.6%減の2億3000万ドル、プラスチック・プラスチック製品が31.8%増の2億ドルとなった。 

最大の貿易相手国は中国だった。昨年の北朝鮮の対中貿易規模は68億6000万ドル(輸出28億4000万ドル、輸入40億2000万ドル)で前年比4.9%増加した。対中国貿易依存度は2013年の89.1%から昨年は90.1%と小幅上昇した。貿易相手国はロシア、インド、タイ、バングラデシュなどの順で続いた。 

その後産経ニュースでは。2015年の中国と北朝鮮の間の輸出入を合わせた貿易総額が、前年比13・7%減の55億1053万ドル(約6670億円)だったと発表している。しかし2年連続で減少したとしている。メディアによって報じる数値は違うようだ。NNAでは、北朝鮮と中国の貿易額は昨年、前年に比べ14.7%減少したとしている。

東亜日報は、「北朝鮮輸出の7割を占めている鉄鉱石、無煙炭の輸出減少により、昨年の対中輸出額は12.6%減少している」とし、「北朝鮮の経済成長率も0.55%低下しているものと推定される」と明らかにした。その上で、「北朝鮮の対外貿易は国内総生産(GDP)の52.6%に達しており、これは経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均値に近い水準だ」とし、「貿易に限って見れば北朝鮮は開放経済だ」と伝えている。

今後の北朝鮮への経済制裁は、中朝合弁企業が開城工業団地の閉鎖による衝撃の吸収に乗り出すのか、乗り出すとしたらどの程度吸収するのかがカギとなる。仮に中朝合弁企業側が国際制裁の動きに反して雇用増に走った場合、北朝鮮労働者の収入は保持され制裁効果は薄れるはず。合弁企業の平均収益率は18%とかなり高い。今の中国経済を考えれば、北の労働力を引き入れてでも事業拡大に乗り出すだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月25日 09:24 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
在庫があれば
輸入が増えたもの
鉄鉱石、たばこ、かつら

買いたい物は買っているから、輸入を止めたのは
在庫がたまったもの、中国側に輸入需要が
落ちたものでしょう。

制裁ではなくて、中国自身の都合。
[ 2016/05/25 10:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp