韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  中国内の北朝鮮レストランでまた従業員が脱出 韓国政府が確認

中国内の北朝鮮レストランでまた従業員が脱出 韓国政府が確認

先月の「集団脱北」に続き、中国内の別の北朝鮮レストラン従業員が勤務地を離れ、韓国行きを望んでいるとの報道と関連し、政府が24日、事実であることを確認した。 チョ・ジュンヒョク外交部報道官は同日午後の定例ブリーフィングで、「北朝鮮の海外レストランの従業員が離脱したのは事実」と明らかにした。チョ報道官は「(脱北者問題に対応する)慣例に従い、脱北民の安全問題、周辺国との外交問題などを考慮し、具体的事項は明らかにできないのが政府の立場」だと伝えた。統一部当局者も「(勤務地を離脱した)人たちが直面している現在の状況などについては言えない」としたが、北朝鮮レストラン従業員の脱北の事実は確認した。

政府が具体的な確認を避けた「北朝鮮レストランを離脱した従業員たち」は、20代半ばから後半の女性2人であることがわかった。彼女たちの直接的な「脱北」の動機は、政治・外交・経済的理由よりも、身辺の事情に関わるものとされる。政府当局者は「通常脱北はブローカーの助けを借りる場合が多い」とし「今回もそのようなケース」と述べた。政治的な側面が強い「企画脱北」ではないというのだ。彼女らが離脱する前に働いていたのは、中国の陝西省西安にあるレストランとされている。

一方、「民主社会のための弁護士会」(民弁)統一委員会は24日、国家情報院の北朝鮮離脱住民保護センター(旧合同尋問センター)で調査を受けている中国の北朝鮮レストランの女性従業員12人について、人身保護法上の救済請求をソウル中央地裁に提出した。裁判所がこの請求を受け入れれば、民弁所属弁護士は女性従業員たちと面会できるようになる。


スポンサードリンク


「企画脱北」の疑惑の解消と人権保護のため、民弁は16日、彼女ら12人への面会を国家情報院に要請して拒否されたが、最近、北朝鮮にいる家族たちから委任状が届いたと説明した。民弁は「中国清華大学新聞放送大学院のチョン・ギヨル中国客員教授が簡単な自己紹介と共に、家族たちが作成した委任状と委任状を作成する家族たちの動画を、民弁に電子メールで送ってきた」と明らかにした。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24231.html

【管理人 補足記事&コメント】
NHKは、韓国統一省の関係者は24日、北朝鮮が中国で開いているレストランの複数の北朝鮮従業員が韓国への亡命を希望し、中国から別の国に移動したと明らかにした。

統一省は、亡命を希望している従業員の数やレストランが中国のどこにあるのかなど、詳しいことは明らかにしていませんが、韓国の公共放送KBSは、亡命を希望しているのは20代の女性数人だと伝えている。中国にある北朝鮮のレストランからは、先月も13人の従業員が韓国への集団亡命を果たし、北朝鮮は「韓国の情報機関によって拉致された」などと主張し、13人を送還するよう繰り返し求めている。

今回のケースはそれに続くもので、北朝鮮指導部が36年ぶりに朝鮮労働党大会を開いて、国民にキム・ジョンウン(金正恩)委員長への忠誠を改めて求めたにもかかわらず、レストランから亡命の動きが続く背景に注目が集まっていると伝えている。脱北というが、北朝鮮のスパイとしての動きならば要注意という事になるが…。

韓国へ行くことを望んでいると今朝TVで報じていたが、そもそも韓国への脱北者は1/3が北朝鮮に自分の意志で戻っている。韓国の人権問題に耐えられずとメディアは当時伝えているのだが、私はスパイとしての動きもあるだろうと考えている。情報を得て北朝鮮に戻れば報酬がもらえるとすれば、すでに多くのスパイが存在している事になるが…。。。 朴槿恵大統領も自国内でうろうろすれば狙われる事になるだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月25日 09:35 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp