韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  知らなかった・・・中国には、日本人4700万人が「聖地」と崇める場所があった!

知らなかった・・・中国には、日本人4700万人が「聖地」と崇める場所があった!

日本人の間では大して評判にもならないのに、外国人観光客からは「絶対に行きたい観光スポット」と崇められている場所が日本国内にはある。逆もまた然りで、現地では見向きもされないが、日本人には大人気の国外観光スポットも存在するようである。

中国メディア・中華網は21日、「中国国内では人気の低い場所が、日本人4700万人には『聖地』とされている」とする記事を掲載した。総人口の3分の1以上にあたる4700万人の日本人が「聖地」扱いする場所、というのは何やただものではない感じがする。本当にそのような場所が中国にあるのだろうか。記事は、その場所が山西省交城県の山中に存在すると紹介。1500年あまりの歴史を持つスポットなのだという。

そのスポットの名前は、玄中寺だ。記事によると、玄中寺は北魏時代の476年に高僧・曇鸞(どんらん)によって建立された。曇鸞は浄土宗の開祖であり、唐代には天台宗の高僧・円仁が訪れて修業し、その後日本では法然が浄土宗を、親鸞が浄土真宗を開宗。両宗派の信徒が玄中寺を「聖地」として崇めてきた、と記事は伝えている。そして、両宗派の信者が日本国内に4700万人いるとの数字を持ち出し、「4700万の日本人にとっての『聖地』」と形容したのである。

記事は、「山西省では多少名が通るも全国的には大多数の人が名前を聞いたことがなく、旅行社も観光路線を用意していない」という玄中寺に今も日本人が続々と訪れ、「その草木1本1本に深い情を抱くとともに、多くの人が石を拾って日本に持ち帰る」と伝えている。


スポンサードリンク


多くの日本人の宗教信仰が相対的に「緩い」ことを知っていれば、玄中寺が「4700万人にとっての『聖地』」という表現がいささか、いや多分にオーバーであることは容易に気づく。「4700万人」のうち果たしてどれだけの人が、玄中寺が浄土宗・浄土真宗のルーツであると認識しているだろうか。そもそも「自分の家は浄土宗あるいは浄土真宗だ」と理解している人がどれだけいるかも分からない。もちろん、信仰に熱心な人たちが確かに少なからず存在することは間違いないのではあるが。
http://news.searchina.net/id/1610518?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
親鸞の著書に記されている「浄土真宗」・「真宗」(・「浄土宗」)とは、宗旨名としての「浄土真宗」(「浄土宗」)のことではなく、「浄土を顕かにする真実の教え」であり、端的に言うと「法然から伝えられた教え」のことである。

浄土教とは、阿弥陀仏の極楽浄土に往生し成仏することを説く教え。中国では2世紀後半から浄土教関係の経典が伝えられ、5世紀の初めには廬山の慧遠(334年 - 416年)が『般舟三昧経』にもとづいて白蓮社という念仏結社を結び、初期の中国浄土教の主流となる。

やがて山西省の玄中寺を中心とした曇鸞(476年頃 - 542年頃)が、天親の『浄土論』(『往生論』)を注釈した『無量寿経優婆提舎願生偈註』(『浄土論註』・『往生論註』)を撰述する。 その曇鸞の影響を受けた道綽(562年 - 645年)が、『仏説観無量寿経』を解釈した『安楽集』を撰述する。

道綽の弟子である善導(613年 - 681年)が、『観無量寿経疏』(『観経疏』)を撰述し、『仏説観無量寿経』は「観想念仏」ではなく「称名念仏」を勧めている教典と解釈する。こうして「称名念仏」を中心とする浄土思想が確立する。しかし中国ではその思想は主流とはならなかった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E6%95%99

私は浄土真宗という事だが、考えたことも無かったですね~。
昔は田舎に行くと、古い掛け軸などに歴史が刻まれていたものですが…。。。
今は知る余地もないです。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月25日 13:46 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp