韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  国連の潘事務総長が大統領選出馬示唆、与野党で反応分かれる

国連の潘事務総長が大統領選出馬示唆、与野党で反応分かれる

国連の潘基文(パンギムン)事務総長が25日、「韓国市民として何をすべきかは、その時(任期終了後)よく考えてから決める」と大統領選挙出馬の可能性を示唆したことに対し、与野党の反応は分れた。

セヌリ党は歓迎した。潘氏と共に済州(ジェジュ)フォーラムに参加するナ・ギョンウォン議員は「明確な大統領候補がない我が党にとっては肯定的な要素といえる。迎え入れのための動きが加速化する可能性がある」と話した。ナ議員は「済州で潘総長と個別に面会し、入党を提案する意思はあるのか」との問いに、「ノーコメント」と答えた。忠清(忠清南道と忠清北道)待望論を担う意向を示したセヌリ党のチョン・ウテク議員は、「潘総長は今回の訪韓で政治関連の発言は全くしないと思っていた。大統領選挙出馬の可能性を残したことで、出馬の可能性が少し高まったように見える」と語った。

チョン議員は「忠清待望論はもちろん、(党内の予備選挙への)注目も集まるだろう」としたうえで、「思ったより早く野党とマスコミが様々な検証段階に入るだろう」と予想した。親朴系(親朴槿恵<パククネ>派)のイ・ハクジェ議員は「個人的には潘総長をよく知らないが、国際的に多くの活動を行っており、国民の評価も高いため、有力な候補がない与党の大統領候補に挙げられていること自体に意味がある」とし、「潘総長だけに絞っていたら問題が起きるかもしれない。党内で大統領候補をたくさん育てることで競争力も高まり、予期せぬ支持率下落などにも対処できる」と指摘した。


スポンサードリンク


一方、野党は否定的な反応を示した。忠清圏の選挙区で4回当選し、国会法制司法委員長を務める「共に民主党」のイ・サンミン議員は、「国連事務総長としての職務に忠実であるべき人が、大統領選挙への挑戦の可能性を示唆していることは望ましくない。国語の時間には国語の勉強すべきなのに、数学の本を見ている受験生のようなものだ」と批判した。忠清地域の民心に応えているかどうかについて、「韓国人が羨望する地位に上ったという事実だけで、有力候補に挙げられている」と指摘し、「国連事務総長として国際社会の評価が低ければ、国内の世論も冷ややかになるだろう」と予測した。

同党のキ・ドンミン院内報道官も「職務を充実に遂行し、(韓国人が)誇るべき国連総長として記憶されてはじめて次の機会も生まれるはずなのに、彼が国際社会でそうした評価を受けているかは疑問」とし、「本当に国を背負うということなら、自分の構想で明らかな話がなければならないが、2年以上も似たような状態が続いている」と批判した。「国民の党」のパク・チウォン院内代表は「大統領選挙への出馬を示唆したものと思う。セヌリ党、親朴系が本格的に動き出すだろう。もう少し見極めてみよう」と語った。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24239.html

【管理人 補足記事&コメント】
国連の潘基文事務総長の任期が、2016年末に終了する。潘基文氏が、最もふさわしく最も強いリーダーだから選ばれたと考える人は誰もいないだろう。 国連や安全保障理事会に政策提言を続けるウィリアム・ペイス氏は、「過去69年間、常任理事国5カ国は、事務総長の役割や望ましいリーダー像について一致してきませんでした。その不一致から、常任理事国5カ国は、各国にとっての『望ましい候補』をお互いが拒否権を使って弾きあってきた。事務総長の選定は、各国にとって『最も嫌ではない』候補が選ばれるまで拒否権を使い続ける、というパターンに堕落しているのです」と語る。

特にアメリカと常任理事国の一部は反感を持っていたという。そのため2006年に潘事務総長を選ぶ際、当時のライス米国務長官が「アメリカは強い事務総長ではなく、よく指図を聞き、自分たちの秘書になる弱い事務総長を望むと発言したと伝えられている」とペイス氏は語る。「潘基文氏は、アメリカと中国、そして恐らくロシアが事前同意した後、常任理事国を含む安全保障理事会で選ばれた」と言う。

韓国などから選任すること自体が間違いだろう。抗日戦勝記念式典の軍事パレードに参加したりと散々である。そんな人材が2期務めたわけで、選任方法に問題があるのではと思うが…。日本を含む常任理事国以外の188カ国が、国連事務総長を選ぶ手続きを改革する努力が必要だろう。安保理を構成する15カ国のうち、中、仏、ロシア、英、米の5カ国は常任理事国と呼ばれ、国連憲章が改正されない限り恒久的にその地位にある。地位の恒久性に加え、拒否権も与えられ、5大国優位の原則が明瞭である以上、良い方向には進まないだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月26日 10:08 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
これが政局
潘基文氏が出た 5月26日の済州島の国際会議というのは
「2016済州フォーラム」
サミットの向こうを張って、韓国はこんなことをやっている。

各国の元首相を集めた。日本から村山富市氏。

潘基文氏が何しに韓国に来たのかは(どうでもいいから)
置いておいて、、いきなり次期大統領出馬示唆、
これがニュースになる。

潘基文氏はフォーラムはどうでもよくて、選挙宣伝と
政局作りが目的じゃないのか。
行事も、顔ぶれも、メディアの報道もB級で笑える。
[ 2016/05/26 15:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp