韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  STX造船が会社更生法の適用へ

STX造船が会社更生法の適用へ

債権団共同管理(自律協約)を受け入れたSTX造船海洋が、企業再生手続(法定管理=会社更生法に該当)の開始の秒読み段階に入った。 STX造船は一時、世界4位の造船会社に成長したが、無謀な拡張経営にともなう累積赤字のドロ沼から抜け出せず、沈没する運命をむかえた。

STX造船のメインバンクである産業銀行は25日、輸出入銀行、農協銀行、貿易保険公社などと債権団実務者会議を開き、「外部専門機関による診断の結果、資金流動性不足が深刻化し今月末に到来する決済資金を準備できず、不渡りの発生が予想される」とし、「追加資金を支援して自律協約を維持する名分も実益もないため、法定管理の申請は避けられない」と明らかにした。 会社が法定管理を申請すれば、担当裁判所は清算の手続きを踏むか、新たな持ち主を探すか決めることになる。

産業銀行の説明によれば、STX造船は現時点で受注している船舶を正常に建造して引き渡し金を受け取っても、なお7000億~1兆2000億ウォン(650~1100億円)程度の資金がショートする。 昨年末からは新規受注がまったくなく、不足資金の規模はさらに増える可能性が高い。 また、海外の船主会社が過去に発注した船舶建造を取り消したり、損害賠償請求および仮差押さえの申請などに踏み切れば、追加損失も憂慮される。

産業銀行関係者は「今月末までに債権団協議会での議論を経て自律協約を終了し、法定管理に切り替えることを決める予定」とし「STX造船が法定管理に突入した後にも、現在建造中の52隻の船舶を正常に建造できるようにし、協力会社の被害を最小化する方案を用意するため金融当局と協力する」と明らかにした。


スポンサードリンク


STX造船の経営に亀裂が入り始めたのは、カン・ドクス前会長の時期に遡る。 2001年に法定管理下にあった造船会社を買収してSTX造船海洋を設立したカン前会長は、攻撃的な拡張経営手法で受注を増やし、企業の規模を拡大した。 しかし、STX造船が受注した主力船種は、中国の造船会社と重複する中型タンカーが多かった。 低価格競争は避けられなかった。 業界の状況が長期不振に陥った状況で、無理な低価格受注を繰り広げたために財務状況の悪化を招くことになった。

結局、2008年の金融危機発生で造船業界の不況はさらに深刻になり、成長動力と信じてきた造船業が、逆にグループを直撃した。 2013年の債権団による自律協約開始後も、過剰投資の影響と「深い不況の谷」には耐えられなかった。 産業研究院のイ・ハング主任研究委員は「そもそも造船分野はSTXが専門性を持って参入した事業ではなかった。 事業多角化を狙って参入したが、中国の台頭を考慮しないまま無理な拡張経営を展開した結果、座礁してしまった」と話した。

その結果、産業銀行など債権銀行と金融当局に対しても「損失発生の責任を避けようと不良経営を放置した」という批判が強まる見込みだ。 実際、債権団は自律協約開始以後にSTX造船に約4兆5000億ウォン(4000億円)を支援した。 今年1月、都市銀行のウリ銀行とハナ銀行が追加資金の支援に反対し債権団から脱退した時も、債権団はSTX造船に4000億ウォン規模の資金を出し、中小型に特化した造船会社とする方案などを議論した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24238.html

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、STX造船は2008年の金融危機後に世界の船舶発注が急減した状況で無理な低価格受注を続け経営悪化に陥ったと報じた。2013年4月に自律協約に入った後、産業銀行と輸出入銀行が投入した資金は4兆5000億ウォン(約4189億円)に達する。だが毎年数千億ウォンから1兆5000億ウォンに達する損失を出し、完全自己資本割れから抜け出せなかった。構造調整失敗で国策銀行が負った損失はすべて国民の負担として返ってくることになった。

韓国政府はSTX造船の構造調整で2つの失敗を犯したと中央日報は指摘している。まず不良の根本原因が「世界的供給過剰」という点を無視した。STX造船の経営悪化を個別企業ではなく造船産業全体の危機の兆候と受け止めて対策をまとめなければならなかった。だが「ひとまず延命して持ち堪えよう」として個別企業支援で弥縫しようとした。債権団の管理もめちゃくちゃだった。スリム化して収益性を高めるどころか低価格受注を乱発し、そうでなくても厳しい業況をさらに厳しくさせた。韓国政府と債権団は互いに「そちらで処理せよ」として責任を転嫁した。こうして国民の負担を最小化し産業競争力を高めるという構造調整の本来の趣旨は跡形もなく消えた。

大統領をはじめとする汎政府的な意志が弱く、責任と権限をともに握ったコントロールタワーも目につかない。産業に対する大きなビジョンなく個別企業の構造調整にだけ重点を置く雰囲気もみられる。韓国政府と韓国銀行は財源調達をめぐりうんざりするような駆け引きをしている。いくつかの企業に血税を投じて延命させる「形だけの構造調整」という悲観論まで首をもたげる。このように時を失してSTX造船のように造船・海運産業全体が一気に倒れればだれが責任を負うつもりなのか…。

現状韓国造船業はウォン安に助けられてはいるが、しかし肝心の受注が無いわけで、合併しつつ、尚且つ縮小を強いられるが、日本は小型船を中心に客船技術もあり、円高時を耐えてきた。韓国には客船技術は無い。儲けの高い大型タンカーばかりを優先した結果とも言える。単に海洋事業だけが問題ではない。沈没事故を考えれば、自国に客船技術が無いために、違法改造の実施が繰り返されて利益を上げる事で無理が生じ発生した事故でもあるわけで、合併統合し、さらに縮小し、小型客船を含めた技術レベルを上げることも考えるべきでは…、或は為替依存度の高いこの事業から撤退する事も視野に入れないと赤字は増える一方となるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月26日 10:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp