韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  ドケチ舛添知事 まだ居座る気ならリコール運動で追放するしかない

ドケチ舛添知事 まだ居座る気ならリコール運動で追放するしかない

東京都の舛添要一知事の「政治とカネ」の疑惑と、その対応について、評論家の屋山太郎氏が緊急寄稿した。舛添氏の税金や公金に対する考え方について、「想像を絶する」「さもしい」「セコい」と指摘し、「リコール運動で追放しかない」と喝破した。 舛添都知事の思惑は、釈明を次々に引き延ばしていって、最後は最敬礼して“不祥事”をもみ消してもらおうというのだろうか。舛添氏はすでに致命的な傷を負っており、どんな名医でも弁護士でも、救うことはできないだろう。

舛添氏は2013、14年の正月、千葉県の温泉施設での家族旅行を政治資金で支払った。追及されると「部屋で事務所関係者と会議をした」「会議室を別に取ればよかった」などと述べていた。 海外大名旅行では、必ず会議室付きのスイートルームまで用意していたという。そのお大尽ぶりと、家族旅行のケチさ加減はまったくバランスがとれない。つまらないことでウソをついたとしか思えない。 家族や自分用に使った費用はできる限り、政治資金で処理する。ロンドンやパリには、都の公金で最高級のぜいたく旅行をした。この考え方には「税金は最小限、倹約して使う」という発想がまるでない。その度外れた税金の使い方は、私の想像を絶したものである。

私は税務処理を自分で行う事業者だが、生来、家族で行った近所の回転寿司屋の領収書など、もらったことがない。理髪店の領収書、それも子供の分まで含めて受け取るというドケチは思いも寄らない。海外出張での最高級ホテル利用について、舛添氏は「トップが二流のビジネスホテルに泊まりますか? 恥ずかしいでしょう」と言った。これこそ成り金の発想であって、都知事が二流のホテルに泊まったら「倹約して偉いヤツだ」と評価されるだろう。

税金をいくら使っても恥じない。私物、私用の分まで政治資金で払う。政治資金もまた、ほとんどが税金なのは承知だろう。 自分は「都市外交」をしているつもりのようだが、都民の誰が知事に何億円も使うような外交を頼んだのか。こんなものは自ら好きな大名旅行に公金を使った名分に過ぎない。そもそも、知事職に“外交”などは含まれていない。東京都内の一等地を韓国人学校用に貸し出すというのも、自らの独善に過ぎない。

舛添氏の行為をうまく表現する言葉について、ある女性が「さもしい」「セコい」と教えてくれたが、女性たちは一聞して都知事の「根性」を見抜いている。舛添氏は「第三者」の弁護士に委託して“事実”を調査するというが、もはや釈明の期限は過ぎた。釈明の時間稼ぎをしている間に、真実は現れたのである。 未練がましい舛添氏のことだから、裁判などに持ち込んで身の潔白を証明しようとするだろう。しかし、都知事の「根性」が分かった以上、時間の空費だ。信を失った政治家は辞めなければ、リコール運動によって追放するしかない。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160526/dms1605260730006-n1.htm

【管理人コメント】
舛添都知事が第三者を指名しているようでは、第三者ではないだろう。
この時点で、裏が見え隠れるのは当然である。

地方政治家連中も必至だろう。舛添を下したところで次の都知事候補が見つからないだけではなく、自分たちの選挙の話が優先となるのでは、いつまでたっても東京都の莫大な税金から、舛添は私的流用して生活しているわけで、都民税金の無駄使いにくぎを刺す動きではない都議会にも困りごとだ…。



関連記事
最新コメント


ブログパーツ
[ 2016年05月26日 11:41 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
終に第3弾が出る、これで詰みです
東京都知事、枡添不要一、東京都ケチ事、東京都のハゲ鷹知事、皆さん旨いね、あだ名をつけるのが、座布団一枚やってくれ
幼い頃、貧乏したんでしょう、人に言えないくらいに、そうでないと、これまでさもしくはならない
今日の文春ニュース第3弾、セカンドワイフが2人いたらしい、湯河原で本妻に隠れて密会していたようだ、取った自分の給料は何に使うのかね、公金は湯水のごとく贅沢三昧なのに

私個人も登山をする、登山用具は高価だ、しかし品質は群を抜く、Tシャツ8000円、靴下6000円、登山靴3万円、登山靴などこれを8000円で買えたならすごい徳した気分になる、一日ハッピーになる、しかし私達の金銭は1ケ月の労賃、公金ではない、枡添氏に都民はおいしい蜜の源泉を教えてしまったようだ
大体において、自分の私利私欲を考えている人物に大きい仕事は無理である、枡添要一という、この人間に政治は出来ない、大方、東京都の税金を架空の領収書で何とか掠め取ろうくらいの魂胆であろう
今週23日には辞任を申し出ると思ったが、割としたたかである、議会に対して辞任するので予算だけ通して下さい、それが一番空白にならない、都民に迷惑をかけない方法なんだが、自分は法律違反はしていないで通すつもりかな、これ以上揉めると親族も恥ずかしい、子供が一番かわいそう、国内にもいる場所がなくなる、文春はともかく、インチキ新聞や、三流週刊誌がありもしないことまで乗せてくる彼の政治生命はこれで終わり、エンドです、歴代に残る悪徳政治家になることでしょう
管理人のいう次の候補が見当たらないは、違うと思う、良くしたもんでそれなりの人物が出てくるもんです、心配には及びません。
[ 2016/05/26 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL