韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  まだ減るのか・・・日本製造業の対中投資、さらに減少の恐れ

まだ減るのか・・・日本製造業の対中投資、さらに減少の恐れ

中国で人件費が上昇しており、メーカーにとって最大のメリットであったコストメリットが失われつつある。ただでさえ日本企業にとって中国は政治的リスクのある国であるうえ、コストメリットが失われれば、中国から撤退もしくは移転を選択するメーカーが増えるのは当然だ。

中国は世界の工場としての立場を失う一方で、人件費の上昇に伴って人びとの消費能力は上昇しており、市場としての魅力は増している。だが、メーカーとしては中国で生産し続けるよりも、人件費の安い東南アジアで生産し、中国に運んで販売したほうが利益率が高くなるということだろう。事実、世界的なメーカーの一部はすでに中国での生産を減らし、東南アジアでの生産比重を高めてきている。

中国メディアの一財網はこのほど、中国社会科学院日本研究所や全国日本経済学会がこのほど、研究成果をまとめた報告書を発表したことを伝え、「今後、日本メーカーの対中投資規模はさらに減少する可能性がある」と分析したことを紹介した。

記事は、中国経済の減速や人件費、さらには各種調達コストの増加、激化する競争に伴う売上高の減少といった要素により、中国から撤退もしくは対中投資を抑える日本企業が増えつつあることを指摘。中国商務部によれば、2015年1-10月における日本の対中投資は前年同期比25.1%減と大幅に減少したが、報告書では日本の対中投資は今後さらに減少する可能性があり、日本の対中輸出にも影響が及ぶ恐れがあると伝えた。


スポンサードリンク


中国の地方部は今なお製造業が経済の柱という地域も多い。製造業が多くの雇用を現地にもたらしているわけだが、製造業以外の産業が育っていない地域にとっては企業の撤退は雇用の喪失を意味するため、そう簡単に諦めることはできない状況だ。

中国メディアの捜狐は3月、中国の地方政府関係者が日本を訪れ、日本企業に対して中国へ投資するよう呼びかけるのに必死になっていると伝えている。中国の各地方政府にとっては、雇用を創出し、技術も導入してくれる日本企業の力が今なお必要なのだ。
http://biz.searchina.net/id/1610640?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国メディアの財経網は、中国から工場を移転させるメーカーが相次いでいることについて、工場が大規模に移転してしまった後の中国には「何が残るのか」と危機感を示し、このままでは中国の製造業の未来は危ういと論じた。中国の製造業が現在直面している問題として、人件費を中心としたコストの大幅な上昇を挙げ、米国メディアの指摘として、2008年以降、中国製造業の平均給与は71%も上昇したことを紹介。したがって、中国はもはや安価な労働力が豊富に存在する国ではなくなったことを伝えた。

米国と比較した場合、人件費はまだ中国のほうが圧倒的に安いものの、中国では人件費以外の各種コストも軒並み上昇していることを指摘。例えば、企業の資金調達コストや電気料金、天然ガスや物流コストも米国のほうが安く、工場やオフィスの賃料にいたっては米サンフランシスコと中国深センとでは4倍から5倍もの開きがあり、深センのほうが圧倒的に高いと指摘した。

多くのメーカーが中国からコストの低い東南アジアやメキシコ等へ工場を移転させ、自国内に回帰させるなか、記事は中国製造業にはコストしか競争力がなかったとの見方を示しつつ、自動化をはじめとする製造業の高度化が圧倒的に遅れているとの見方を示した。さらに、コスト競争力が失われつつある中国から工場が移転してしまった後、「中国にはいったい何が残るのだろうか」と危機感を示した。

日本や台湾、韓国など現時点で製造業が発展している国もかつては人件費の安さを競争力の源泉としてスタートし、徐々に高度化に取り組みつつ、製造業を発展させてきた。中国が現在直面している課題は日韓台も程度の違いはあっても、同様に直面したものだ。中国製造業は今後、コスト競争力を強みとする東南アジアのほか、生産性や付加価値の高さで勝る先進国の製造業による板挟みのなかで競争を行う必要に迫られている。

しかし中国政府が外需から内需へと方向転換させたことで、賃金上昇は止まらない。内需とは言え本業以外の仕事をする中国人のほうがよほど問題ではと思うが…。中国人の年収は人件費高騰とはいえ、まだまだ年収にしてもはるかに低い。中国で車など購入できる状態ではないが、自国の車は売れている。日本を含めた海外での爆買も維持している。それだけ金を持っているわけで、内需へ切り替えるまえに、副業を認めている事と、内需活性化でき名中国の本質的な理由は、信頼度の不足であるから、次元が違うのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月26日 12:02 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
人件費以外に。。。
人件費もそうですが、クオリティーですね。装置産業といえど、品質が悪い。まあ、チェック機能がね。ヴェトナムといえど。。。
まあ、中国よりましか。。。歩どまりという観点では、日本、ヨーロッパ、アメリカ以外は厳しいでしょう。
もし、国際会計基準を韓国、中国が導入したら、韓国、中国企業は全滅なんじゃないかな?
[ 2016/05/26 12:34 ] [ 編集 ]
内需拡大
ずいぶん前から、内需拡大という中国政府の方針。
外資は製造から商業に入れ替わる。

香港勢がたくさん来たようです。
コンビニ、ユニクロ、みな行った。
イオンは12店舗営業中、5店舗準備中。
[ 2016/05/26 17:21 ] [ 編集 ]
おーいチョよ!自業自得という言葉を知っておるかね( ´ ▽ ` )ノあとチョソ2国よ!ifrs導入したら企業全部吹っ飛ぶんじゃね⁈知らねーけど日本には来るなよ(=゚ω゚)ノ
[ 2016/05/26 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp