韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  東京の街にあふれる「居眠り」 この民族は、確かに疲れすぎている

東京の街にあふれる「居眠り」 この民族は、確かに疲れすぎている

東京の街では、居眠りしている人をよく見かける。中国の昔ながらの路地でご老人がひなたぼっこしながらウトウトしているのとは違う、どちらかと言えば哀愁の漂う居眠りが多い。特によく見かけるのが、電車の中で首を上下させているサラリーマンたち。そして、外国人がその光景を見ると「ああ、日本人は疲れてるな」という印象を持つのである。

中国メディア・中華網は24日、日本の東京にはまるで「夥しい亡骸が荒野を埋め尽くす」が如く居眠りしている人が存在し、「この民族はあまりに疲れているのだ」と評した記事を掲載した。記事は、先日英国のカメラマンが東京の街頭で居眠りをする人達を撮影した写真作品を発表したことを紹介。このような作品が成り立つことについて、「これはジョークではない。まさに、ストレスが強すぎ、疲れすぎているということのみなのだ」と説明した。

そして、「このクレイジーなまでに仕事をする国において、多くの人の生活が仕事であり、仕事が生活なのである」とし、さまざまな業界において職場が「ミンチマシーン」のようになっていると解説。過労によって精神失調となり自殺するケースも出ているほか、仕事のストレスによる暴飲暴食も、働く人の健康リスクを高めているとした。また、今年2月に全国労働組合総連合が発表した統計では、働く女性の4人に1人が流産を経験したとの結果が出たことを伝えている。


スポンサードリンク


記事は「どんなに給料や地位が高くなろうが、体を壊してしまえば全てがゼロになる」としたうえで、「隣国日本の状況を見て、某国の労働者は戒めとすべきだ。活動できる年代のうちに、健康な生活環境を自分でできる限り作ろうではないか」と締めくくった。

高給ながらも多忙で高ストレスな仕事の生活がいいのか、薄給ながらも仕事や生活に時間的精神的余裕のある人生がいいのか。その判断は各個人によって異なるところではあるが、記事が指摘するように、体を壊してしまっては元も子もない。中国でも急速な経済発展や都市化に伴って、仕事やプライベートにおいてかつてないほどのストレスやプレッシャーを感じる人が増えているようである。中国が目指す「和諧社会」は、その意味を拡大すれば「仕事と人生の調和」もその範疇に含まれると解釈することができよう。
http://news.searchina.net/id/1610664?page=1

【管理人コメント】
そう言えば、「若年性更年期障害」というニュースをTVで見たが、いわゆる「更年期障害」というのは、ホルモンバランスの崩れが原因の体調不良のことだが、男性にも更年期相があり、男女ともに若い人では10代からあるという。

冷え症、頭痛、顔のほてり…などが起こる。「若年性更年期障害」は20~30代が発症する症状で、ストレスやダイエット、不規則な生活などが原因で、ホルモンバランスが崩れ、更年期と同じような症状が現れるという。

何とも驚いたものだが、精神疾患でいえば自律神経症やパニック障害などにも似てるし、一言では言いにくい。ストレス社会であるから、昔と比較して年齢が低くなってきたのだろうか…。

と考えれば、日本は疲れているとも言えるが…。。。
精神疾患と勘違いしそうだが、早めの治療が良いとの事で、ホルモン注射で対応するらしい。気になる人が精神疾患などを尋ねるとよいのではないか…。精神疾患と言うと精神病のイメージを持ちやすいが、そうではない。そこから専門の病院を紹介して治療してもらえるようだが…。。。

日本人は疲れているというのは、むしろ精神的な疲れだろう~。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月26日 19:10 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp