韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  中国人を惹きつける日本の「何か」、中国人はなぜ日本を旅行先に選ぶのか

中国人を惹きつける日本の「何か」、中国人はなぜ日本を旅行先に選ぶのか

日本を訪れる中国人が増えているが、それは決して円安だけが理由ではない。日本は中国人を惹きつける「何か」を持っているのだ。中国メディアの今日頭条は24日、中国人が日本を旅行先の「第一候補」にする理由について説明する記事を掲載した。

記事がまず「日本は製品の品質が高い」という点を指摘。多くの日本企業が中国企業をOEMメーカーとして利用するのは、中国企業の生産技術レベルが高いことの証拠だと記事は説明する一方、中国国内で販売される製品に対する品質要求レベルは日本に比べてそれほど厳しくはないと指摘した。 

そのために中国人は日本まで出かけて、中国よりも良い品質が保証されている家電製品などを購入していると説明し、これは「中国企業の恥辱である」との見方を示した。

さらに記事は「人民元と円の交換レートが有利に働き、商品を安く買える」という理由を紹介。中国で販売されている温水洗浄便座の価格が5680元(約9万5000円)だとすれば、日本で販売されている同水準の製品は2万7000円ほどで購入できると説明した。すべての製品がこれほど安く買えるわけではないが、円安や関税などの要素により、日本のほうが安くなる可能性が高いのは事実だ。中国人が日本を旅行先の第一候補にする「絶対的な理由は商品の安さにある」と説明している。


スポンサードリンク


記事はまた、日本のドラッグストアはまるで「ドラえもんのポケット」のようだと表現、安くて便利な商品が何でも揃っている点も理由の1つであると説明した。つまり、中国国内で販売されている商品に対する品質、価格、品数の面でのアドバンテージが、中国人に日本を旅行先の第一候補として選ばせる要因になっているという見方を記事は示している。

もし日本から飛行機で2-3時間ほどの位置に日本よりはるかに発達した国があり、その国には日本国内で流通している商品よりも品質、価格、品数の点ではるかに勝る商品が販売されているとしたら、その国へ買い物旅行に出かけたいという強い意欲がわいてくるかもしれない。これは日本人にとっては想像に過ぎないが、中国にとって豊かな日本は想像などではなく現実の存在なのだ。
http://news.searchina.net/id/1610808?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
訪日中国人の現状を見ると、団体旅行客と訪日回数が初めての人が多いのが特徴と言える。
年収から考えれば当然なのだが、しかしリピーターも増えつつあるという。

今後増える中国人の訪日個人旅行者への集客アプローチや情報発信は、団体旅行に対するものとは異なりますし、インバウンドを対象とする日本の受け入れ側の姿勢も違ってくる。例えば飲食店では、団体旅行を受け入れるには席数の多いレストランが必要だが、個人旅行では小規模な店舗も旅行客を受け入れることができ、新たなビジネスチャンスが生まれる。

個人旅行の訪日リピーターは団体旅行と違い、主にネットやSNSなどで行き先の情報を収集している。日本の観光地、商品、サービスなどの魅力を情報発信することが重要となる。 団体旅行とは行き先や食事、買い物などの行動が違う、これらの人々をターゲットにした集客・アピールをすることが、中国人個人旅行者の呼び込みにつながる。

日本は交通や清潔そして食品の安全性を高く評価しているわけで、小さい子供をかかえても安全であり、見どころも多いわけで、中国人が日本を選択するのも無理はない…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月28日 11:22 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp