韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  EV用電池に中国が相次ぎ規制、対応に追われる韓国メーカー

EV用電池に中国が相次ぎ規制、対応に追われる韓国メーカー

中国政府は今年初め、韓国メーカーの主力生産品目である電気バス用バッテリーへの補助金支給を中断したのに続き、最近には一定基準を満たすメーカーにのみ補助金を支給する「規範条件登録制」を導入した。これまで登録に成功したメーカーは中国企業に限られている。中国のEV向け補助金は車体価格の30-50%に達し、補助金を受け取れないバッテリーメーカーは価格競争力を失う。業界関係者は「中国が自国のバッテリーメーカーを保護し、育成する時間を稼ぐために規制を導入した」とみている。

■登録25社に韓国企業なし
中国工業情報化省は昨年3月、「動力電池業界規範条件」というEVバッテリーに関するガイドラインを発表した。バッテリー生産工場を中国に置かなければならず、バッテリーは中国政府による品質認証を取得しなければならないというのが柱だ。ガイドラインが発表された当時は業界への勧告レベルにとどまり、条件を満たさなくても不利益を受けることはなかった。

しかし、最近になって状況が変わった。規範を満たし、登録を済ませたメーカーが生産したEVに補助金の支給対象を限定する新制度が早ければ7月にも導入する見通しとなったためだ。問題は中国政府が昨年11月以降、3回にわたり登録メーカー25社を発表したが、全て中国企業だという点だ。リストには比亜迪(BYD)、寧徳時代新能源科技(CATL)など中国の有力メーカーが含まれている。

韓国企業ではLG化学が今年2月、サムスンSDIが4月に相次いで登録申請を行ったが、書類不備の補完を求められ、再申請を行い、認可を待っている状態だ。SKイノベーションは中国に工場を持たないため、登録申請すらできない。LG化学など韓国メーカーは世界最高水準の技術力が評価されている。


スポンサードリンク


中国政府は公式には「バッテリーの安定性、信頼性を強化する」という名分を掲げているが、実際は自国のバッテリー産業を保護し、育成する側面が強いと受け止められている。今年1月にも中国政府は同様に「名分ある規制」を導入した。中国政府は韓国メーカーが主に生産するNCM(ニッケル・コバルト・マンガン)系列のバッテリーを搭載した電気バスへの補助金支給を中断し、中国メーカーが主に生産するLFP(リチウム・リン酸・鉄)系列のバッテリーを搭載した電気バスには補助金を継続支給することを決めた。

昨年香港で電気バスの爆発事故があったが、事故車両にNCM系列のバッテリーが搭載されていたというのが理由だ。専門家は「NCM方式はエネルギー密度が高く、効率性が優れた先進技術だ。安定性の面でも両方式のバッテリーに大差はない」と指摘した。 韓国のバッテリー業界専門家は「中国メーカーは技術とコスト競争力が先進メーカーに比べ劣る。中国政府は規制によって、先進メーカーに追い付けるように時間を稼ぐ意図がある」と分析した。

■業界だけでは対処不可能
だからといって、韓国企業が中国市場を放棄するわけにはいかない。中国市場はEVの最大市場だからだ。中国では昨年だけで全世界の販売台数の40%に迫る38万台のEVが売れた。また、中国政府は昨年3月、「中国製造2025」という製造業革新計画を打ち出し、バッテリー産業を育成する方針を示している。 韓国のバッテリー業界関係者は「韓国メーカーの立場では、『規制に合う製品を生産するために最善を尽くす』ぐらいしか対処方法がない。結局は韓国政府が介入するしかない状況だ」と訴えた。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/27/2016052701937.html

【管理人 補足記事&コメント】
一方、パナソニックは中国東北部の大連に電気自動車(EV)などに使う車載用電池の製造を手掛ける合弁会社を設立している。環境汚染の深刻化で、中国では環境性能に優れた車両の需要が高まっており、現地向け生産を強化するとした。

パナソニックが中国で車載用電池を製造するのは初めて。EVやプラグインハイブリッド車(PHV)向けのリチウムイオン電池を生産する。合弁会社の資本金は2億7300万元(約48億円)で、パナソニックの中国子会社と現地メーカーが折半で出資した。工場を新設し、生産開始は2017年の予定だ。

パナソニックは、中国東北部の大連に、電気自動車(EV)用換算で年間生産能力20万台規模の工場を計画しており、年間1000億円規模の売り上げを目指す。日系自動車各社の商品戦略が大きく影響しており、トヨタ自動車は既に、2050年までにエンジンだけで走る車をゼロにして、何らかの電動化システムを装備した車に100%シフトすると発表している。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月29日 10:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
韓国企業が中国でバッテリーを売る覚悟がまるで出来ていない
公正でない中国市場に打って出る為に何の努力もしてしない韓国はバカじゃ無いだろうか?
中国市場に展開するEVのバッテリーを狙う以上はそのリスクを考慮して無いなんてバカじゃないの?
中国も自国市場に展開するEVのバッテリーを自国企業を優遇して外国企業に圧力を掛けるのは当たり前の事でしょう。
中国に文句を言ってる暇があれば世界一の性能のEV車を開発して現代自動車と共同で開発して世界に打って出ればいいのではないのですか?
全てを中国市場に依存してそこで売れなくなると不満を爆発させているようだと韓国も、すでに終わったな!!

[ 2016/05/29 14:33 ] [ 編集 ]
日本の対応が遅いのが心配ですね。これからの環境対応自動車の市場は中国が引っ張っていくことになるでしょう。知財面では大丈夫かと思いますので一早い進出を願ってます。
[ 2016/05/29 23:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp