韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本人病になる?!スマホの長時間の使用はどんな影響?

日本人病になる?!スマホの長時間の使用はどんな影響?

中国メディアの今日頭条は25日、日本人に多いと言われるある病気の発症にスマートフォンの使用が関係している可能性があると説明、中国の読者にスマートフォン使用の注意を呼びかけている。

記事は「頚椎後縦靭帯骨化症」と呼ばれる病気を紹介。日本で最初に報告された病気のためか、「日本人病」と呼んでいる。さらに記事は「発症原因はいまだ解明されていない」としながらも、ある研究が日本人のお辞儀の習慣とこの病気との関係を指摘していることに言及。お辞儀の習慣が頸椎を慢性的に損傷させ、本来は弾力性のある靭帯を硬直させ骨のように変えると説明した。

たいていスマートフォン使用の際にはうつむくものだが、記事はスマートフォン使用時のこの姿勢がお辞儀と同じように頸椎を痛める可能性があると主張し、「日本人病」になる可能性があると読者に注意を呼びかけた。

ある資料によれば人種により発症頻度に差があり、日本人と台湾人は約3%、中国人は0.2-1.8%、米国人は0.12%、ドイツ人0.1%、イタリア人1.8%となっている。この病気を日本人病と呼ぶ日本のメディアはないようだが、日本人の発症が他の人種に比べて多いとするのは一般的な見方のようだ。


スポンサードリンク


この病気の発症原因についてはお辞儀との関連性に言及するメディアもあるが、まだ研究段階であると指摘されており、現在のところ「原因不明である」とする見方が主流だ。従ってうつむいた姿勢でのスマートフォンの長期使用が頚椎後縦靭帯骨化症の発症原因になるとする記事の指摘には無理がある。

しかし周知の通り、スマートフォンの普及に伴い「スマホネック」あるいは「スマホ首」と呼ばれる症状が現れているようだ。これはうつむいた姿勢でのスマートフォンの長期使用が、本来前方にカーブしている首の骨の配列を真っ直ぐな状態に変えてしまい、その結果肩が凝りやすくなったり手や肩回りに痺れが生じるという症状が現れると言われれている。

記事はスマートフォン使用に起因する首の病気がいずれ「教科書に記載されるだろう」と指摘しており、この時代に現れた独特の病気として知られるようになると予告している。
http://news.searchina.net/id/1610824?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
頸椎後縦靭帯骨化症とは頸椎を補強している靭帯組織のうち椎体後方、すなわち脊髄の前方に位置する後縦靭帯が骨組織になり、肥厚してくる病気で、現在のところ靭帯骨化の原因は不明ですが、遺伝的要因やカルシウム代謝異常など多因子の関与が考えられている。

主な症状は脊髄圧迫症状で、手足のしびれや痛みを発症することが多く、手の細かい動作がやりにくくなったり、足が突っ張って歩行がしにくくなるなどの運動障害もあるという。

一概にスマホが原因しているかはわからないが…。
「難病」に指定されており、残念なから特効薬のような治療法はない。本質的な治療は手術以外にはないとされている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月29日 11:52 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)
中国スマホは!
中国重慶墨希科技公司が曲げれるスマホを発売。曲げて腕に巻いて腕時計っぽく使える。サムスン終わり。
ソニー、シャープはAIにシフト、京セラは海水、頑丈。パナソニックはガラケー。ほかの日系企業は超格安スマホ。中国は曲げるスマホ。韓国のサムスン、LGははったりスマホ。。。勝負はついたな。
[ 2016/05/29 12:03 ] [ 編集 ]
私はスマホ病にならない…自慢して言える事ではないが、…行儀悪すぎて…。
スマホを見るときは ソファーに横になり仰向けで見て 使うから…いやはや、なんとも。
後は電話として耳近くに持って 話すだけ。
マジメナ話、日本人が首懲り肩凝り 多いのは他にも原因あるのでは…。
眼鏡の人も多いし…。
[ 2016/05/29 14:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp