韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓日のHV代表、現代自「アイオニック」VSトヨタ「プリウス」

韓日のHV代表、現代自「アイオニック」VSトヨタ「プリウス」

消費者の関心の高まりを受け、韓国でエコカーの販売実績が少しずつ伸びている。現在のエコカー市場では、エンジンとモーターを組み合わせて走行するハイブリッド車(HV)が主力だ。1月から4月までに韓国で販売されたHVは前年同期に比べ5323台増の1万7973台。日本のトヨタ自動車の「プリウス」と韓国の現代自動車の「アイオニック」が激しく争っている。

4月1日から販売が始まったプリウスは1カ月で358台売れ、ハイブリッドセダンの代名詞としてのパワーを見せつけた。同月の輸入車販売ランキングでも8位に入った。一方、アイオニックの販売台数は前月比39.6%減の755台となった。両車の特徴と購入時に考慮すべき事項を紹介する。 プリウスはトヨタの新たなクルマ作りの手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」が適用されている。フレーム構造をゼロから変えてボディーのねじり剛性を約60%向上させ、高張力鋼板の使用範囲も広げた。バッテリーの位置を後部座席下に移して車体の重心を下げ、リアサスペンションをダブルウィッシュボーン式に再設計した。

アイオニックも、現代自の初のエコカー専用プラットフォーム(車台)で生産される。超高張力鋼板を53%使用してボディー剛性を高め、ボンネットやトランクのドアにアルミニウムを使用して軽量化した。バッテリーの位置はプリウスと同じ後部座席の下だ。リアサスペンションはマルチリンク式。両車とも、ボディー剛性と重量配分に重点を置いて開発された。


スポンサードリンク


プリウスは出力専用、充電専用となる二つのモーターと排気量1798㏄の直列4気筒ガソリンエンジンを組み合わせ、パワーコントロールユニットを小型化してトランスアクスル直上搭載した。ニッケル水素バッテリーを使用する。アイオニックはプリウスの特許を避けて開発する必要があったため、ハイブリッドシステムの構造が異なる。充電・出力用のモーター1個と1580㏄のガソリンエンジンを組み合わせ、6速デュアル・クラッチ・トランスミッションを搭載している。リチウムイオンバッテリーを使用する。

また、エンジンとモーターを合計したシステム最高出力はプリウスが122馬力、アイオニックが141馬力。この差により、走行品質がやや異なる。 プリウスは効率を最大限に高めるという目標のためか、時速40キロまで充電したバッテリーだけで走行するEVドライブモードを最大限活用する。燃料の使用をできるだけ抑えようとしているのだ。一方、アイオニックは燃費を気にせず、エンジンとバッテリーからエネルギーを集めて一気に放出する感じだ。 燃費性能はプリウス、アイオニックともに優れているが、効率を高めることにより積極的だったプリウスが燃費の面ではやや勝っている。 振動や騒音は、長年のノウハウを持つプリウスの方が少ない。ハイブリッドシステムを巧みに操る制御技術の面では、アイオニックよりプリウスの方が進んでいるためだ。

乗り心地は両車ともほぼ同じだった。直進時の安定感とハンドリングはプリウスの方が優れているが、ブレーキ性能はアイオニックの圧勝だった。全体的に見て、駆動系の完成度においてアイオニックはプリウスに及ばないレベルだった。車体デザインやインテリアは好みが分かれるが、アイオニックの方がやや勝っているとの意見が多い。後部座席のヘッドルームはプリウスの方が余裕がある。 どちらの車がより優れているのか、はっきりと勝敗を決めるのは難しい。燃費性能や完成度の面ではプリウスが勝るが、実用性の面では1000万ウォン(約90万円)ほど安いアイオニックが勝っているようだ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/27/2016052701938.html

【管理人 補足記事&コメント】
東亜日報は、アイオニックは2012年、ジュネーブモーターショーで公開したプラグインハイブリッドコンセプトカーを基に製作された。現代自がエコカー開発のために、独自のフラットフォームで製作した初のエコ専用車であり、発売前から大きな注目を集めてきた。現代自の金容煥(キム・ヨンファン)戦略企画担当副会長は6日記者らに対し、「今年、アイオニックにかける期待が大きい」と語ったと報じている。

最も注目を集めた燃料消費効率は15インチタイヤ基準で、1リットル=22.4キロ。ハイブリッドの代表モデルであり、アイオニックの最大ライバルモデルと言われている「トヨタのプリウス」(従来の3世代モデル基準、1リットル=21キロ)をやや上回る。現代自は、トヨタが上半期(1〜6月)に国内に披露する第4世代プリウスと競争しても、燃費ではアイオニックが優勢だろうと自信をほのめかした。現代自の李起相(イ・ギサン)環境技術センター専務は、「ハイブリッド自動車では燃費が大変重要な要素となっているのが現状であり、アイオニックはそれに力を入れて開発された」と言い、「新型プリウスが米環境保護庁(EPA)の認証を受けてトヨタのホームページに発表した燃費水準と比べれば、アイオニックは競争力がある」と語った。

試乗評価での自国メディアは自画自賛状態だ。プリウスと一緒に走ってテストを繰り返した写真が撮影されているが、どれだけ売れるのか、じっくりと見守ってみたいが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月29日 18:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp