韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国、中国と「半導体戦争」…「韓国が協調を」

米国、中国と「半導体戦争」…「韓国が協調を」

米国政府が「中国の国家主導半導体産業支援に問題がある」とし、韓国業界に協調を要請した。中国が半導体に莫大な投資をし、鉄鋼のように過剰生産と価格暴落を招くという懸念からだ。米国が17日、中国冷延鋼鈑に最高522%の反ダンピング関税を課して触発した米中間の鉄鋼戦争が半導体にも広がる見込みだ。

業界によると、18-20日に訪韓したマーカス・ジャドッテ米商務次官補はサムスン電子とSKハイニックスの役員にそれぞれ会い、中国の「半導体崛起」への共同対応を提案した。ジャドッテ次官補は韓国の官僚に会ってもこうした意見を伝えたという。

ジャドッテ次官補は中国政府の不公正支援で世界各国が産業被害を受けた事例に鉄鋼を挙げた。米国・韓国などの鉄鋼業界は、中国鉄鋼企業が過剰生産した鉄鋼製品をダンピング輸出したことで危機を迎えた。27日に東京で行われた主要7カ国(G7)首脳会議で中国発の鉄鋼供給過剰に懸念を表したのもこのためだ。

米国は中国が半導体産業を掌握すればモノのインターネット(IoT)時代にサイバーセキュリティーにも問題が発生するとみている。ジャドッテ次官補の一行は韓国に続き日本と台湾も訪問し、協調を要請したという。韓国半導体業界は米国の中国牽制を内心歓迎しながらも、半導体の最大市場である中国の報復を受けないか懸念している。
韓国経済新聞
http://japanese.joins.com/article/292/216292.html?servcode=A00§code=A00


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
中国は、世界に通用する半導体産業の育成に向け240億ドル(約2兆7000億円)を投じ、米企業と提携して幅広い電子機器に使用されるメモリーチップを生産する計画だ。湖北省武漢で初の国有フラッシュメモリーチップ工場に着工することをXMCが明らかにしている。XMCは昨年、次世代チップ技術の共同開発に向け米フラッシュメモリー製造会社スパンションと提携した。スパンションはその後、米同業のサイプレス・セミコンダクターと総額50億ドルの株式交換を通じて合併した。中国は現在、電子機器のデータの記憶に使用されるメモリーチップの生産であまり存在感を発揮できていない。中国の政策当局は末端製造国から先端産業国への移行を推進しており、概して半導体がその主なターゲットとなっている。

中国政府は半導体産業を支援するための国家基金も設立している。こうした動きには技術の自給自足を進める狙いもあり、これにはエドワード・スノーデン元国家安全保障局(NSA)契約職員が、米政府が米IT(情報技術)企業の一部製品にバックドア(裏口)を仕掛け、外国政府を監視していたと暴露したことが関係している。サイバーセキュリティーの専門家によると、メモリーチップはハッカーの主要な標的にはなっていないが、理論上はハッキングされる可能性がある。中国国有の半導体設計大手、紫光集団が昨年、さまざまな米半導体メーカーの買収に乗り出した際、ワシントンでは警戒感が高まった。同社のそうした試みは現在のところ失敗に終わっている。XMCの工場ではフラッシュメモリーと「DRAM」と呼ばれるコンピューターメモリーチップの双方を生産する。XMCの広報担当者によると、資金はおおむね国家半導体基金と湖北省政府が提供するとした。

カリフォルニア州サンノゼに本社を置くサイプレスは「SRAM」と呼ばれるメモリーチップで長年知られ、昨年の売上高は16億ドル。米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)と富士通の合弁事業として設立されたスパンションと合併することで、スマートフォンなどの製品に使用されるフラッシュメモリー技術の専門知識を得た。 XMCの広報担当者によると、240億ドルは3段階に分けて投資される。第一段階はNANDフラッシュメモリー工場、第2段階はDRAMチップ工場、第3段階はサプライヤー向け設備だ。XMCとスパンションが昨年発表した提携に関する共同声明によると、最初の製品は2017年に出荷開始予定としている。

一方、サムスンのフラッシュメモリー技術は中国工場ですでに技術は盗まれているだろう。3次元とはいえたんに積層型であるだけで、現段階では東芝技術のほうが上である。とはいえ不正問題で大低迷である。逆にSKに吸収されるのではないか…。現段階での半導体は、韓国企業が大量生産し、在庫を抱えているだろう。すでにあふれているのではないか…。またメモリーの投げ売りが始まりそうだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月30日 11:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp