韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  年間売上1兆ウォンの韓国ダイソー、日本の会社ではない

年間売上1兆ウォンの韓国ダイソー、日本の会社ではない

韓国のダイソー(daiso)が「1000ウォンショプ」であることは広く知られているが、年間売上1兆ウォン(約933億円)を越える事実を知る人はそれほどいない。 26日、ソウル道谷洞(トゴクトン)大創亜成産業本社で会った朴正夫(パク・ジョンブ)会長(72)は「売り上げ1兆ウォン企業というのはもちろん、まだ日本企業だと思っている方々も多い」と残念がった。

ダイソーは朴氏が1997年に設立した韓国初の均一価格ショップだ。本来の名前は「ASCO EVEN PLAZA(アスコイーブンプラザ)」だったが、2001年にダイソーに変えた。このような名称変更は日本の大創が同社の製品力を高く評価して独占取引を提案したためだ。朴氏はその代価として4億円の持ち分投資を受けてロイヤリティーなしで「ダイソー」ブランドを使うことにした。朴氏は92年に亜成産業を設立して日本のダイソーを含め世界各国に生活用品を輸出してきた。

ダイソーは通貨危機時から20年間、景気からこれといった影響を受けることなく着実に成長している。昨年の売り上げは1兆2000億ウォン。全国に1080店舗を構え、商品の種類は3万点を越える。一日の店舗訪問客は60万人に達する。

成長の秘訣について聞かれると、朴氏は「徹底して均一価格ショップを守ったため」と話した。ダイソーの原則は「1000ウォンの商品50%以上、国産製品50%以上」だ。1000~2000ウォンの商品が全体の80%で、5000ウォンを越える製品は取り扱わない。


スポンサードリンク


逆説的だがダイソーの競争力は価格ではなく品質だ。朴氏は工大4年生のときに品質管理技師1級の資格を取って以降、消費者の目が厳しいことで有名な日本に30年間輸出しながら「品質イコール価値」という信念が身についたと語った。朴氏は「価格は安いが品質まで安モノだったら誰がまた買い物に来ようと思うだろうか」とし「『安かろう悪かろう』という言葉だけは絶対聞き捨てならない」と強調した。国内外メーカー800社との直取引を通じて流通マージンを減らし、2012年に自動化物流センターをつくって物流費を減らしながら「コストパフォーマンス(価格に対する性能)」優位を守っているということだ。

不況にコストパフォーマンス消費形態が広く浸透し、ダイソーは第2の飛躍期を迎えている。品質には優れたデザインと奇抜なアイデアも含まれる。ダイソーには商品開発とデザイン専門担当人材がそれぞれ50人以上いる。最近、オンライン上で大人気の美容用品「トンパフ」(大便の形をした下地用化粧品用パフ)と「ブラシセット」も彼らの作品だ。

朴正夫会長は「流通は刻一刻と変わる消費者の好みに合わせていかなければ生き残ることはできない」とし「1カ月に600種類の新製品を発売するほど商品開発に注力している」と話した。ダイソーは「必要なものはすべてある(多様性)」「欲しい価格にすべてある(コストパフォーマンス)」「どこでもすべてある(アクセシビリティ)」を今月から新しいスローガンに掲げた。スローガンの中の「すべてある」は韓国語では「タイッソ」となり「ダイソー」とかけている。 同社は「2020年売り上げ2兆ウォン達成」を目指している。朴氏は「すべての客がオンラインショッピングだけで答えを得られるわけではない」とし「店で良い物を充分に購入できるようにして客が変心しない企業にしていく」と述べた。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/283/216283.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
株式会社大創産業は、100円ショップのザ・ダイソーを運営する企業である。2015年現在、国内に約2,900店舗・日本国外の26の国・地域に1400店舗を展開している。

1997年には「アスコイブンプラザ」という名前で初の1000ウォンショップをオープンした。その後、2001年からブランド名に「ダイソー」を使用してきた。現在、ダイソーアソン産業の最大株主はパク・ジョンブ会長だ。パク会長はダイソーアソン産業の持ち株13.90%で、50.02%を保有している日韓マンパワーの最大株主でもある。日本のダイソーの保有分は34.21%だ。

パク会長は「現在、日本のダイソーから商品を取り寄せている比重は1%もない。日本に配当やロイヤリティーを支払うこともない」と述べた。 また、「独島愛運動本部で行われている独島愛イベントに参加し、脱北住民や一人暮らしの高齢者などを支援する活動をたくさんしてきている。現在、多くの人が認知している『ダイソー』商号を替える計画はないが、地元の会社であるという点をこれからも知っていただけるようにしていくつもりだ」と強調した。

一方、ダイソーは韓国で970店舗あり、3万種類を超える生活雑貨を1000~5000ウォン(約107~537円)代の価格で販売している。2010年には売上5000億ウォン(2014年12月12日現在で約537億円)を達成し、その後およそ4年で売上1兆ウォンを突破した。創立17年での成果である。

何とも紛らわしい韓国企業である。中央日報の経済ニュースの質も落ちたものだが…。
韓国でダイソーと言う名称を使ったことで、結果として敗訴した企業があったのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月30日 11:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
あれ?韓国はダイソーでなく、ダサソーだった筈だが?
ダサソー(ダサいを連想させる)名前だったが、何時の間にダイソーに変えたのかな?
ダサソーがダイソーのパクリとして裁判沙汰になって、ダイソーに負けて、悪あがきでダイソーに変えたのかな?
やる事が無茶苦茶で訳がわからん。
[ 2016/05/30 18:52 ] [ 編集 ]
自分もダサソー騒動のニュースは見たことある何時ダイソーになったのかw
[ 2016/05/31 16:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp