韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国スマホ「OPPO」「ビボ」、世界シェア急増

中国スマホ「OPPO」「ビボ」、世界シェア急増

中国の国産スマートフォン「OPPO」と「ビボ」が旋風を巻き起こしている。先に設立されたOPPOは、米市場調査会社ガートナーが最近発表した今年1-3月(第1四半期)の世界のスマートフォン販売台数ランキングで「小米(シャオミ)」を抜き、4位に浮上した。中国メーカーである華為(ファーウェイ)、OPPO、小米を合わせたシェアは前年同期の11.8%から17.2%に上昇した。同じ期間にサムスン電子のシェアは0.9ポイント低下した。特にOPPOのシェアは2.0%から4.6%へと2倍以上に伸びた。 

後発のビボは中国市場で目覚ましい成果を収めた。1-3月に中国市場でのシェアが13.28%を記録し、2位に浮上した。OPPO、ビボの合計世界シェアは9.8%(IDC調べ)で、3位華為(8.2%)を上回る。一気にサムスンやアップルの強力なライバルへと浮上した格好だ。

■前身はMP3プレーヤー業者
両社の成長の秘訣(ひけつ)は音響技術にある。これまで中国企業はサムスン、アップルなどの技術をコピーするのに必死だった。しかし、両社は音響技術ではサムスン、アップルを脅かすほどの競争力があると評価されている。中国・広東省に本社を置く歩歩高(BBK)が両社のルーツだ。

歩歩高の創業者は、中国の浙江大で電子工学を専攻した段永平会長(55)だ。段氏は1989年から6年間、学習用コンピューター業者の「小覇王」で最高経営責任者(CEO)を務め、富豪へと浮上した。段会長は95年、DVDプレーヤー、MP3プレーヤーなどを生産する歩歩高を創業し、2001年に海外向けのMP3製品ブランド「OPPO」を創立した。その後、04年には歩歩高の創業メンバーの1人、陳明永(トニー・チェン)氏にOPPO事業を委ね、11年にスマートフォン事業に参入した。


スポンサードリンク


ビボは母体となる歩歩高が11年に直接創設したスマートフォンブランドだ。OPPOが価格50万~60万ウォン(約4万6000-5万5000円)の中低価格製品を主に販売し、ビボは80万ウォン(約7万4000円)前後のハイエンド市場を狙っている。段会長は競争しながら、差別化した市場を攻略する狙いで、ブランドの二元化戦略を取った。

ビボは今年、世界で初めて6ギガバイトのRAMを搭載した「エクスプレイ5」を発表した。13年には世界で初めてQHDディスプレーを搭載したスマートフォンを投入した。 人気韓流スターを広告モデルに起用するのも両社の特徴だ。ビボはソン・ジュンギと約40億ウォン(約3億7000万円)で広告モデル契約を結び、4月から新製品「エクスプレイ5」の広告を流している。OPPOは09年にSUPER JUNIOR(スーパージュニア)を起用し、中国だけでなく、アジア全域で知名度を高めた。

スマートフォン業界関係者は「デザインよりも技術を重視する両社は、世界市場で韓国企業が直接激突するライバルだ」と話す。実際にOPPOとビボは昨年、海外での販売割合をそれぞれ20%、10%に高め、今年は海外のハイエンド市場を積極的に攻略している。市場調査会社カナリスは「OPPOとビボはサムスン電子とアップルの領域だったプレミアム市場もうかがっている」と分析した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/31/2016053100719.html

【管理人 補足記事&コメント】
OPPOは、当時中国のDVDプレーヤー市場でトップシェアを誇っていたBBKのAV部門を分社化する形で2004年に广东欧珀电子工业有限公司(OPPO Electronics Corp.)として設立された。2011年にスライド式のQWERTYキーボードを備えた新しいスマートフォンブランド「Find」をひっさげてスマートフォン市場に参入。広告にレオナルド・デカプリオを使うという思い切った戦略で「OPPO=ハイエンドスマートフォン」のイメージを一気に広めることに成功した。ちなみに広告費用は500万人民元、7億円以上と言う中国スマートフォン市場でも最大のものだったという。

中国以外にも東南アジア、欧州、米国でスマートフォンを販売している。また2014年からはインドにおいても販売を開始した。2014年7月にはインドネシアのジャワ島西部に工場を設立し、現地でスマートフォンの生産を行っていくと報じられている。OPPOは2013年4月にインドネシア市場に進出し、毎月20万台のスマートフォンをインドネシアで販売しており、OPPOにとっては中国市場に次いで2番目に大きな市場である。

Xiaomi、Huawei、Lenovoなど、大躍進を続ける中国のスマートフォンメーカーの中でも、OPPOは他とは一線を画すユニークなスマートフォンを作ることで知られている。中でも、4.85mmという圧倒的な「薄さ」を武器に、デザイン性を重視するユーザーから人気を集めた「OPPO R5」が、メモリを3GBにグレードアップして、「OPPO R5s」として新登場しました。OPPO R5sはOPPOの公式ネット通販サイト「OppoStyle」で、インターナショナル版、ヨーロッパ版、アメリカ版の3つの販路が用意され、インターナショナル版サイトでは日本への発送も受け付けている。

一方、Oppo Find7の特徴は、何といってもスペックの高さにある。プロセッサは、発売当時最新であるSnapdragon 801、ディスプレイは1440x2560 Quad HD、RAMは3GB、メインカメラは1300万画素のSony Exmor RSのセンサーを搭載という文句のつけようがないスペックだ。また、デザインもシンプルで洗練されている。このハイスペックな端末を600ドルで購入できる。

低価格スマホでは中国企業にかなわないだろう。サムスン市場にも参入しつつあるわけで、もはや低価格スマホはサムスンでも利益は出せない…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月31日 11:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp