韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  資産健全性最下位の輸出入銀行を救済…産業銀行が5000億ウォン出資

資産健全性最下位の輸出入銀行を救済…産業銀行が5000億ウォン出資

産業銀行は30日に理事会を開き、輸出入銀行に対する5000億ウォン(約466億円)規模の現物出資を議決した。産業銀行が保有する韓国航空宇宙産業(KAI)の株式7.8%を輸出入銀行に与える代わりに輸出入銀行の株式4.6%を取得する形態だ。

今回の出資で産業銀行が持つ輸出入銀行の株式は13.0%から17.6%に増えることになった。これは昨年末に韓国政府から「輸出入銀行の主要株主(持分率13%)として出資してほしい」という要請を受けたのに伴った決定だ。

韓国政府と韓国銀行が最近議論を進めている資本拡充とは別個だ。出資後に産業銀行のKAI持分率は26.8%から19.0%に低くなるが筆頭株主の地位はそのまま維持される。出資したKAI株式に対しては輸出入銀行と共同議決権を行使する。

産業銀行の今回の出資は輸出入銀行の国際決済銀行(BIS)基準自己資本比率を引き上げるための措置だ。BIS比率は銀行の代表的な資産健全性の尺度で、10%を超えると金融監督院の経営実態評価で1等級を受けられる。


スポンサードリンク


この日の金融監督院の発表によると、輸出入銀行の3月末のBIS基準自己資本比率は9.89%で昨年末の10.04%より0.15ポイント落ちた。韓国の銀行17行のうち最下位で、昨年9月末の9.44%から6カ月ぶりに再び9%台に下落した。輸出入銀行は昨年下半期にSPP造船、京南企業の貸付金を不良債権に分類した影響でBIS比率が下がった。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/359/216359.html?servcode=300§code=340

【管理人コメント】
韓国輸出入銀行は2013年8月21日、日本のみずほ銀行と契約を結び、5億ドル(約487億6000万円)を借り入れたと明らかにしているわけで、借入期間は5年となる。 金竜煥頭取が同日、みずほ銀行本店で佐藤康博頭取と会い、金融契約書に署名している。

輸出入銀行関係者は「米国の量的緩和の早期縮小への懸念から、国際金融市場での債券発行が容易ではなかった。このような状況にもかかわらず、両行の協力関係に基づき、長期かつ巨額の資金を公募債発行のときよりも10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)以上低い水準で借り入れることができた」と説明している。

輸出入銀行が特別な法人で、借りた金を踏み倒せば韓国そのものの信用のみならずIMFが飛んでくるだろう。韓国国内の経済はかつての金融危機以上に深刻な低迷状態にあるわけで、既に複数の銀行が経営破綻している。その影響で輸出入銀行でさえ債券を発行出来なかったという事だ。返済期限は2018年ですからね~。まだあと2年以上あるわけで、何とも困った事ですが…。。。

これが韓国経済の実情というわけです。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年05月31日 18:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ようやく+あらたな難題
まあ、もう邦銀は韓国には貸さないことを祈ります。ところで、統一教会がまた形態をかえて布教活動している。世界に300万人信者いて、日本はなんと60万人も。。。おまけに、日本教会本部から韓国本部に送金している。。。
この60万人が、日本での韓流の正体で、韓国製品マンセーの正体。こいつら、佐賀県の唐津から朝鮮半島までトンネル掘っている。10kmほったが、資金難で止まっている。これは佐賀も唐津も現日本政府は関与なし。民主いや民進党や小沢政党になったらえらいこっちゃ。
[ 2016/05/31 19:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp