韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  さらに問題解決難航させる慰安婦財団

さらに問題解決難航させる慰安婦財団

日本軍慰安婦支援財団設立のための準備委員会が31日発足した。政府が被害の元被害慰安婦や市民社会団体の激しい反発にもかかわらず「昨年12月の韓日合意の押し付け」に踏み切ったのだ。このような試みは慰安婦問題を巡るあつれきを高めて問題解決をさらに難しくさせることは明らかだ。

政府の無茶な姿勢は、準備委員会発足に関連した「小細工」にもよく表れている。政府は設立される財団は政府主導組織なのに「非営利民間財団」と述べている。この財団に関連する国会審議などを避けようとする意図が強く感じられる。与野数逆転の国会開会の直前に準備委員会を発足させたのも同様である。日本が財団に払うことになっている10億円は「事実上賠償の性格がある」という政府の説明も日本はまったく肯定しない作為的な解釈だ。キム・テヒョン準備委員長が「治癒金であって賠償金ではないと考える」と明らかにしたこととも食い違う。

約1カ月後にスタートする財団がきちんと機能していくかも疑問だ。まず事業内容を巡って韓日間に異見があるうえ、日本が駐韓大使館前の「平和の少女(慰安婦)像」の撤去を要求する可能性がある。韓国としては多くもない金で丸め込まれることもありうる状態だ。その上、被害者の多くと市民社会が韓日両政府主導の財団設立に強く反対している。元被害慰安婦は民主弁護士会を通じて「12・28合意」の違憲の有無を問う憲法訴訟まで提起している状態だ。日本の歴史学系を代表する15の研究団体も長い論議の末に12・28合意を批判する「連帯声明」を30日に発表した。


スポンサードリンク


慰安婦問題がますますこじれるのは、韓日両政府が誤った合意を皆に強要するためだ。比較的穏健な連帯声明でさえ「政府間で一方的に『解決』を宣言して以来の議論を封じ込めるようなやり方では、慰安婦問題の根本的な解決はない」としている。世界中どこでも過去の歴史問題を解決するには公式と呼べるほどの手続きを踏むものだ。真相究明、謝罪、賠償、責任者処罰、歴史教育、記念事業などがそれにあたる。12月の合意はこのうちどれ一つまともに満たせていない。

慰安婦問題をきちんと解決しようとするならば再協議は避けられない。開会後の国会には、合意は法的、政治的、外交的に無効であることを確認して両国の責任ある再協議を促す決議案が提出された。両国政府の目覚めが必要な時である。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/24291.html

【管理人 補足記事&コメント】
日韓合意は両国外相がそろって記者会見し、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を表明した。日韓関係の重要さを踏まえ、国際社会に向けた約束である。しかし、これまでの韓国側の姿勢は合意を守る気があるのか疑わせる。 それを象徴するのが在韓日本大使館前の公道に設置された慰安婦像が、いまだ撤去されていないことである。合意では財団に日本政府が10億円程度を拠出するほか、韓国は慰安婦像撤去に努力することがあげられていたはずだ。

韓国政府は民間が設置したことを逃げ口上に、対応を取っていない。準備委員会の委員長で財団理事長に就く見通しの金兌玄(キム・テヒョン)誠信女子大名誉教授も民間設置を理由に、10億円拠出と慰安婦像は「関係ない」と述べた。見識を疑う。日本をおとしめる慰安婦像の放置は明らかに合意を損なう。 慰安婦像のまわりでは反日集会などが繰り返されてきた。合意以前に、無許可で設置され違法だ。公館の安寧、尊厳の維持などの観点からも問題であり、韓国政府が即刻対処するのが、国際常識ではないのか。

産経ニュースは上記のように報じているが、そもそも韓国慰安婦連中が大反対で、政府が逆に頭を下げてお願いしているようでは困りごとだろう。挙句に10億円を受け取らないとして募金活動で10億円には届かないとはいえ多額の資金を集めたわけで、日韓合意が優先される様子は低い。韓国政府もいい加減な行動ではなく、しっかりと遂行するべきだろう。また逃げる様では、今後日本は韓国と大きな距離をおこく事になる。韓国経済の最後の望みが日本と考えての行動ならば、さっさと慰安婦像を破棄する事だが…。

戦後も通貨危機時にしても日本の資金で建国或は再構築してきたわけで、他国頼みと言うのは過去の話となる。現状は中国もアメリカもそして日本も韓国などを助けるほど余裕はない資金難である。韓国政府は実態を理解していないから、何処かが助けてくれるという、卑劣な考えが、家計負債は放置したまま増大の一途であり、軍事費はふえ、他の先進国同様の形ばかりを作り上げているが、中小企業で生活をする自国民は90%近いわけで、大企業の一部の連中ばかりが優遇されて、大半の自国民は貧乏では、なすすべはないのではないか…。今の韓国には余裕などは無い。日本政府との合意事項に従事もできないのでは先は無いが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月01日 09:47 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp