韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北の弾道ミサイルが発射台で爆発、4度目の失敗でメンツ丸つぶれ

北の弾道ミサイルが発射台で爆発、4度目の失敗でメンツ丸つぶれ

北朝鮮は31日、射程3000キロのムスダン中距離弾道ミサイル(IRBM)と推定される飛翔(ひしょう)体の打ち上げを行ったが、またしても失敗した。今年4月に3回失敗したのに続いて、4回目の失敗だ。ムスダンIRBMで「核弾頭運搬システムの完成」を大々的に宣伝しようとした金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の体面は、大きく傷つくこととなった。

韓国軍の合同参謀本部(合参)は31日「午前5時20分ごろ、北朝鮮が江原道元山地方からミサイル1発を発射しようとしたが、失敗したものと推定される」と発表した。合参側は「ミサイルの機種は確認されていない」という立場だが、共同通信は、日本政府筋の話を引用して「発射台が搭載された車両で運用されるムスダンIRBMとみられる」と報じた。

韓日両政府の消息筋によると、31日に発射が試みられたムスダンIRBMは、発射ボタンを押した瞬間、移動式発射車両(TEL)上で爆発したことが分かった。これに先立ち、4月15日に北朝鮮が発射した最初のムスダンIRBMは空中で爆発し、4月28日に発射した2発目と3発目も発射後わずか数秒で墜落もしくは空中爆発した。失敗の原因を分析・補完して、およそ1カ月ぶりに再びテストに乗り出したが、今回はTELから飛び出すこともなくミサイルが爆発し、技術面での深刻な脆弱(ぜいじゃく)性があらわになった。ある軍事消息筋は「4回連続での発射失敗は、兵器としての信頼性を失ったということ」と語った。

北朝鮮が、相次ぐ失敗にもかかわらずムスダンIRBMの試験を強行していることについて、韓国軍当局や軍事専門家らは「それだけ切迫した課題だから」と分析している。金正恩委員長が今年3月「核弾頭搭載が可能な弾道ミサイルの発射試験」を自ら指示したため、北朝鮮軍の立場としては、ほかに選択の余地がないという。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/01/2016060101023.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
ムスダンは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で開発された中距離弾道ミサイル(IRBM)。ムスダンとはアメリカ合衆国が付けたコードネームであり、北朝鮮での呼び名は判明していない。 この弾道ミサイルは2007年4月25日に平壌で行われた朝鮮人民軍創設75周年記念パレードで初めてその姿がアメリカの偵察衛星により確認された。

また、2010年10月10日に行われた朝鮮労働党創建65周年記念パレードで初めてその姿が世界中のメディアに公開された。パレードでは12輪の移動式発射台に搭載されたムスダン8基が登場し、この時の映像は世界中で報道された。 2016年4月15日の故金日成主席の生誕記念日「太陽節」を迎え、ムスダンの初の発射実験を実施したが、打ち上げに失敗したとの報道がなされた。

ムスダンはR-27を改造し、陸上発射型にしたものと考えられている。 R-27は潜水艦発射弾道ミサイルであるため、燃料と酸化剤タンク、ロケットモータに改良を加え、省スペースを意識した設計となっており、構造は複雑な物となっている。全長は9.7m、直径は1.5mである。一方、ムスダンはベースはR-27であるが、全長のみ12.5mとオリジナルと異なっており、R-27よりも長いものとなっている。これは、燃料タンクや酸化剤タンクを延長して射程を伸ばしたものであると考えられている。

これに伴い重量も変化し、19t程度であろうと推定されている。 推進機関はR-27と同様、1段式の液体燃料ロケットモータを採用しているとされ、長期の常温保存が可能なものである。ペイロードは650kg~1,200kg程度と考えられ、推定射程距離は3,200km以上4,000km以下で、日本本土はもとよりグアムの米軍基地にも届く射程距離である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/

ムスダンの射程は3000~4000キロで、日本全土とグアムまで到達することから、在外米軍をターゲットにした兵器と見られている。ロシア製の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)のR27を改造したもので、北朝鮮は発射実験もなしに2007年に実戦配備した。一方、正恩氏は、メンツなど気にしている暇はないだろう。「核ミサイル」を実戦配備することを優先していると考えれば、まだまだ実験は続くだろうと考えるが…。

米国から対話に引き出すためのミサイルを発射ではない。体制の根幹をなす人権問題で国際社会の追及を受けている以上、対話によって多くを得られない事は理解しているはず。ならば確実に攻撃可能な「核ミサイル」の性能と精度を上昇させて、配備する事が不可欠と思っているだろう。最初のターゲットは…。 日本も北朝鮮対応を急ぐ必要がある…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月01日 11:11 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp