韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  舛添知事、都議会突入で夏のボーナス380万円丸儲け 任期満了なら8千万円超

舛添知事、都議会突入で夏のボーナス380万円丸儲け 任期満了なら8千万円超

東京都の舛添要一知事(67)が、完全に見放された。先週末に実施した産経新聞とFNNの合同世論調査で、約8割が「辞任すべき」と答えたのだ。いつ辞めてもおかしくない「危険水域」といえる。6月1日開会の都議会での徹底追及は必至だが、舛添氏は都議会突入で約380万円の夏のボーナスは確保する。都民の怒りは、さらに燃え上がりそうだ。

異常な数字が出た。前出の世論調査によると、舛添氏の進退について「辞めるべきだ」との回答が79・2%に達し、一連の「政治とカネ」の疑惑に関する説明に「納得しない」は97%に上ったのだ。舛添氏ほど、世論に見放された政治家はそう多くない。 過去の同調査をみると、一部メディアに「史上最低の宰相」と揶揄(やゆ)され、2001年4月に退陣した森喜朗元首相の「不支持率」は83・9%。13年12月に辞職した猪瀬直樹前知事には「五輪を開催する首都・東京の顔としてふさわしくない」との回答が70・9%だった。

データからも、都民や国民の信頼を完全に失っているが、舛添氏は「第三者の調査」「精査」などの言葉を連発して、都庁に居座り続けている。火だるま必至の都議会まで粘り続けているのは、なぜなのか。 実は、6月1日まで知事の職にとどまれば、6月末に夏のボーナス(期末手当)約380万円が支給されるのだ。月額145万6000円の給与に加え、年2回のボーナスは「セコい、小さい」と指摘されている舛添氏にとっては重要な収入源となりそうだ。


スポンサードリンク


舛添氏が代表を務めた新党改革の元事務総長、山内俊夫氏(69)は夕刊フジの取材に「彼は銭ゲバ。なんとかボーナスをもらおうとして居座っているのだろう」と指摘する。 都議会の圧倒的多数を握る自民、公明両党の追及不足などで、舛添氏が6月議会を何とかやり過ごしたら、どうなるのか。

12月1日まで居座り続ければ、12月中旬には、冬のボーナス約418万円が振り込まれる。さらに、このまま任期を満了すれば、最終的に8000万円以上の退職金を手にすることになる。 舛添氏は6月1日午後、都議会で約1時間の「所信表明」を行う。一連の「政治とカネ」の疑惑についても説明するとみられるが、都民や国民が求めているのは「辞職表明」しかない。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160601/dms1606011140007-n1.htm

【管理人コメント】
都知事交代は、次の都知事選挙が2020年と重なるとか、記事のようなボーナス云々とかの話ばかりが独り歩きするが、税金を無駄に使用で使った奴にボーナスなどないだろう。犯罪者である。退職金などもってのほかだろう。税金を返してもらわないとならないのではないか…。

都知事クラスになれば、動かせる金額も大きくなる。企業でもカラ出張や記載のない領収書など良くある話である…。やはり政治と金の問題は、法規制の抜け道が多すぎるというか、政治家自身で自分の首を絞める規制を作るというのは所詮無理な話でもある。この部分は政治資金管理において、専門家による組織を作りシステムを構築し、それに従う事とするのが一番良い方法だが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月01日 14:06 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp