韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国人の爆買いはもう終わり?訪日中国人の数は増えているのに

中国人の爆買いはもう終わり?訪日中国人の数は増えているのに

日本に少なからぬ経済効果をもたらした中国人による爆買い。しかし、その爆買いにも変化が見られるという。中国メディアの中国捜索はこのほど、訪日中国人の数は増えているが、消費が減少していると報じた。

記事は、訪日中国人数は今なお増加傾向にあるものの、日本での消費額の増加には歯止めがかかっていると指摘。2015年の訪日中国人数は499万人で、前年比で2倍以上の増加となり、16年も4月までの時点で197万人が訪日しており、前年比で50%増加しているという。日本は中国人にとって魅力的な旅行先であることは変わらないようだ。

これまで中国人にとって、日本旅行の1つの大きな目的は「ショッピング」だった。特に15年は、温水洗浄便座や炊飯器、化粧品など生活用品の大量購入が目立っていたが、この旺盛だった購買意欲も最近では減少してきている。例えば、4月における百貨店の免税売上高は前年同月比9.3%減少、特に宝石や腕時計といった高級品の消費が目立って減少しており、「爆買い」に歯止めがかかってきていると言えそうだ。

しかし、日本には中国人にまだあまり知られていない観光地がたくさんある。日本政府観光局(JNTO)は、「さらに多くの旅行客に日本の美を知ってほしい」と前向きだ。購買意欲は以前ほどではなくなっているものの、日本旅行の需要はまだ存在する。


スポンサードリンク


また、日本における外国人旅行客の約4分の1が中国人であり、日本の観光業、経済にとっても重要な存在であることに変わりはない。記事は、ショッピングをはじめ、医療やテーマ別の魅力的な旅行プランの提供を挙げているが、中国人旅行客の変化に伴い、需要を見極めて旅行客を満足させられるかが今後の課題になりそうだ。
http://news.searchina.net/id/1611155?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
2015年10月20日に発表した9月のデータは免税の売り上げ総額が138億6000万円と前年同月の2.8倍だった。一見、良い数字に見えたが、前の月、8月の171億6,000万円に比べると19%もの大幅な減少だった。免税手続きをした客の数も19万2000人と8月の22万9000人から16%も減っていた。さらに、免税客の単価が下落していることが気になった。免税売上高が過去最高を記録した2015年4月の平均客単価は8万2000円だったが、そこから毎月下落が続き、9月には7万2200円にまで下落している。

一方、中国政府は8日、海外で購入した商品に課す関税を引き上げた。中国人観光客が日本などで大量の買い物をする「爆買い」に歯止めをかけ、低迷する国内消費を促す狙いとみられる。中国人の爆買いの減少による、日本の百貨店など小売業の売り上げに対する影響が懸念される。

爆買いの指標とも言える、香港資本の免税業者最大手のラオックスは、今期は売り上げこそ増えるものの利益は18.4%減少すると発表しており、売上・営業益の詳細をみますと流れが完全に変わったのが分かる。

ラオックス売上推移           営業益推移
26年12月期 501億円(+51.4%)    17.3億円(黒字転換)
27年12月期 926億円(+84.6%)    85.5億円(+394.5%)
28年12月期1,000億円(+ 7.8%)*予想 70億円(-18.4%)*予想

物凄い急ブレーキがかかっているのが分かる。しかもこの予想は今の円高の影響を勘案していない数字であり、実際には売り上げも減少するかも知れず、営業利益もラオックスは新しい店をオープンさせたり物凄い設備投資をしており固定費が高くなっており、18%では済まない減益に陥るかも知れないという。

爆買いの異変は何度も指摘してきていましたが、最大手の利益がマイナスに転じるとしたことで、トレンドは明らかに変わったと言える。日本への爆買いブームは円安もあり日本が“安く売られていた”ために買い物ツアー先になっていたもので、円が高くなれば当然外国人の購買力は落ち買わなくなり、例え買ったとしても数を減らしたり値引きを余計に求めたりして、結果として消費額は減る。

年間3兆円とも言われてきた「爆買い」が、10%減るだけで3000億円も減るわけで、実際の為替(円高)で10%減少、マインドの萎縮で10%の減少を見せれば、トータルでは20%の減少となり、総額ベースでは6000億円もの減少となりかねない…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月02日 13:07 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp