韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の医療機関は中国人だらけに?訪日の目的は「爆買い」から「健康診断」へ

日本の医療機関は中国人だらけに?訪日の目的は「爆買い」から「健康診断」へ

日本を訪れる中国人旅行客の数は順調に増えているものの、2015年に注目を集めたような爆買いは徐々に沈静化し始めている。中国人旅行客による爆買いは日本経済に大きな経済効果をもたらしたが、今後はその経済効果がなくなってしまうのだろうか。

中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人旅行客が日本を訪れる目的が「爆買い」から「健康診断」へと変化しつつあると伝えている。経済的に豊かになったことで健康意識が高まり、日本の先進的な医療サービスのもとで健康を維持したいと願う中国人が増えていることが見て取れる。

記事は、中国人が近年、「世界レベル」で良質な医療サービスを探し始めていると伝え、中国国内で医療事故が起きるたびにこうした動きに拍車がかかっていることを紹介。日本は中国から近いうえに、医療水準も世界的に見て高いため、中国人が「コストパフォーマンスの高い医療観光」ができるとして日本を訪れていると伝えた。

さらに、日本はすでに医療滞在ビザの発給を開始しているうえに、日本には医療機器を手掛ける世界的に有名な企業も数多く存在すると指摘し、「深刻な病気に悩む中国人にとって、日本の開放的な医療産業は非常に魅力的」であることを指摘した。


スポンサードリンク


報道によれば、中国では毎年312万人がガンと診断され、270万人がガンで死亡している。1日あたりで計算すれば8550人、1分あたり6人がガンと診断されていることになる。中国でこれほどガンが急増し、深刻な病気となっている今、先進医療を受けることができる日本を訪れたいと思うのはごく自然なことだ。

さらに、中国では日本の医療技術はガンの早期発見が得意であると評判であり、PET検査を受けるために訪日する中国人も増えているという。記事が指摘しているとおり、爆買いの需要が一巡した後は、中国人が日本の医療機関に大挙して訪れるという光景が見られるかも知れない。
http://news.searchina.net/id/1611243?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
先進国の人々や新興国の富裕層が、自国では不可能な医療、より安いコストの医療を求め、外国に渡航して治療・診療を受ける「医療ツーリズム」。日本が近年どれほどの外国人患者を受け入れているか、正確なデータは残念ながらない。経済産業省が2012年度の推計として、「前年度比5000人増の2万7000人」という数字を挙げているのみだ。

その後の動向について、旅行大手ジェイティービーの髙橋伸佳・ジャパン・メディカル&ヘルスツーリズムセンター長は取材に対し、「実数は明らかにできないが、訪日外国人客の伸びと連動して増えていると考えていただければよい」と話してくれた。訪日客の伸びは、この3年間で2倍以上になっており、同じ比率で増加していると仮定した場合、年5~6万人のオーダーになっていると推計できる。

日本政府が「外国人患者の受け入れ推進」にかじを切ったのは民主党政権時代の2010年だ。閣議決定した「新成長戦略」で、“戦略分野”の一つに「健康(医療・介護など)」が挙げられ、医療ツーリズムの推進も盛り込まれた。2011年には医療渡航者の日本長期滞在や、母国との行き来を可能にする「医療滞在ビザ」を創設。政府の後押しで、外国人患者受け入れの支援組織Medical Excellence JAPAN(MEJ)が立ち上がるなど体制整備が進んだ。

一方で言葉や文化の壁、国民皆保険制度との兼ね合いもあり、国内の医療機関の多くは“国際化推進”に消極的。日本医師会は「医療の非営利原則や、混合診療の禁止などの視点から問題がある」などとして、医療ツーリズム推進に一貫して反対している。
外国人患者受け入れに積極的な医療機関は、経済成長が続くアジア諸国からの潜在的な需要を見越して、医療ツーリズムを今後の病院経営の柱の一つにしたいという狙いがあるとみられる。国内で医療費の抑制傾向が続く中、海外での知名度が高まれば、保険外収入の増加や高額な医療機器の稼働率向上が期待できる。

経済産業省が明らかにした2012年の医療渡航者の国別割合は、中国からの客が9割と圧倒的である。申し込みは企業が中心で、インセンティブツアーに健診を組み込むケースが多い。現在の安倍政権は、「外国人患者受け入れ」を前面に出した前政権の方針を修正。日本の医療技術・サービスの海外展開(アウトバウンド)推進を重視し、2013年6月の「日本再興戦略」では「新興国を中心に日本の医療拠点について、2020年までに10カ所程度創設し、2030年までに5兆円の市場獲得を目指す」と具体的な目標を挙げている。

日本の医療サービスを政府の後押しで積極的に「輸出」することで、国内の医療機器や医薬品、遠隔診断などの情報システムなど、関連する業界の成長を促すのが狙いだが、爆買は確実に中国の環境汚染拡大とともに、今後確実に増加するだろう。爆買よりは命というわけだ…。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月03日 09:40 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp