韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  グーグルAI、80秒のピアノ作曲

グーグルAI、80秒のピアノ作曲

「アルファ碁」で人工知能(AI)の力を全世界に見せつけたグーグルが1日(現地時間)、芸術作品を創作するAI「マジェンタ(Magenta)」プロジェクトの結果を公開した。グーグルのディープ・ラーニング研究チーム「グーグル・ブレーン」はブログで、マジェンタが作曲した80秒のピアノの曲を公開した。4つの音符が与えられた状態でマシン、ランニング、アルゴリズムで作曲された。ピアノ以外の楽器やオーケストラの伴奏は人間がした。

これに先立ち、グーグル・ブレーンは先月22日、米ノースカロライナ州のダーラムで開かれた音楽・情報技術(IT)祭「ムーグ・フェスティバル」で、「マジェンタ・プロジェクトを進める」と明らかにした。それから約1ヵ月で成果を出したのだ。グーグル・ブレーンは、「マジェンタの目標はマシンランニングを通じて、説得力のある芸術と音楽を創造できるかを調べること」とし、「もし可能ならどうすればいいのか、また不可能ならなぜなのか研究する」と説明した。また、マジェンタの作曲モデルや道具などをオープンソース管理に使われる「ギットハブ」(GitHub)に公開し、誰でも活用できるようにする考えを明らかにした。
 
グーグルは以前から芸術分野のAI研究に関心があった。2月、AI「ディープ・ドリーム」が描いた抽象画の展示会を開き、29点を9万7600ドル(約1億1625万ウォン)で販売した。最近では、2865冊の恋愛小説をAIエンジンに読ませて学習させるなど、恋愛小説の出版も準備している。
東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/535395/1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
昨年から今年にかけて、マーケティング領域における人工知能の活用に熱い視線が注がれている。ただ、実際にどのような課題を解決できるのか、導入の仕方など、まだ知られていない部分が多いのが現状だ。マーケティング領域で人工知能ソリューションを提供するRappaの代表取締役社長である斎藤匠氏は、「人工知能も種類によって強みが異なる。自社の目的と製品特徴を見極めて導入するのが近道」と語る。

様々な情報は常に変化するわけで、高齢化により求める商品も違ってくるだろう。
世界に目を向ければ、その国にあった商品は存在する。それだけに商品を種類わけうるのも付加価値と言える。
さらに年齢別に分けることも不可欠だろう…。

しかし、マーケティング担当者がマーケティングキャンペーンの計画・実行・評価のために現在頼っている技術の多くは、ごく初歩的なものである。従って今後は、人工知能は未来的なコンセプトのように思えるかもしれないが、その使用は、Netflix、Amazon、UPS、Facebook、Google、Salesforce、Microsoft 等、私たちが日常で関わる企業の間で広まって雪と期待している。マーケティング業界における人工知能の適用範囲は、現段階でも、おそらく多くの人が考えているよりも広まっているのではと思うが…。

情報を取得し分析するのは限られた人材では困るわけで、また様々な営業からの情報をもとにマーケティング手法に基づいた作業を実施するには、AIを活用するのは効果的な時代となりつつある。成長戦略で求める商品がなんであるかの手法のツールとして活躍するだろう。製造における作業効率化も実は可能であるわけで、様々な扱い方が出てくるのではないか…。人間はAIへ情報を与えて、得た答えについて論議し、より早くニューズにあった商品を開発し世に送り出す。

AI導入で新商品激化は加速するが、その一方で低迷する消費を緩和する作用は十分にあると思うが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月03日 10:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp