韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SDS株をサムスン電子に「転換」 李副会長がグループ支配力強化

SDS株をサムスン電子に「転換」 李副会長がグループ支配力強化

サムスン電子の李在鎔(イジェヨン)副会長は、サムスンSDSの事業改編を通じて何を狙っているのか。サムスンがSDSの物流とIT事業を分離して、サムスン物産とサムスン電子がそれぞれ合併または吸収する内容の事業構造改革について部分的に認めたことに伴い、事業改編の目的に関心が集まっている。

SDSは3日、取引所の照会公示要請に対して「事業分割を考慮している」と認めた。ただし、分割後の合併など追加計画は未検討だと明らかにした。(吸収の)主体として議論されているサムスン物産とサムスン電子も、それぞれSDS事業部との合併は検討していない。市場ではSDSを分割した後、時間を置いてサムスン物産とサムスン電子がそれぞれ(吸収)を推進するのではと見ている。SDSは8日の理事会で事業分割方案を処理する予定だ。

投資家の反応ははっきり分かれた。この日、SDSの株価は14万9000ウォンで前日比10.8%(1万8000ウォン)急落した。反面、この間弱含みだったサムスン物産の株価は12万2000ウォンで7.02%(8000ウォン)も上がった。最近のSDS株価下落はイ副会長の支配力強化を期待して形成された「支配構造プレミアム」が消えたことに伴う失望が原因と見られる。2014年末の上場直後の42万9500ウォンという最高株価に比べ、3分の1水準に下がった時点で事業改編を断行すれば支配構造プレミアムは期待し難いためだ。

サムスンによるSDS事業改編の推進理由としては大きく3つ挙げられる。第一は、SDS株式の17%を保有する李副会長兄妹の「出口戦略」だ。経済改革連帯は「李在鎔兄妹がSDSの株式を市場や系列会社を通じて売ることは難しいが、事業再編の形式を借りてサムスン物産とサムスン電子の株式に転換するのは容易だ」と分析した。


スポンサードリンク


第二に、サムスン物産が昨年の合併以後に実績も株価も低迷している状況で、SDSから物流事業を引き受けて新たな成長事業を確保する効果だ。すでに市場ではサムスン物産がサムスン電子の物流子会社のサムスンロジスティックスをも買収するのではと予想されている。

第三に、李副会長の支配力強化の効果だ。SDSは2014年の上場当時から李副会長の支配力強化のためにサムスン電子との合併がなされるという説が飛び交っていた。サムスンとしては、昨年のサムスン物産合併騒動で直接統合には無理があると見て、1次で分割、2次で合併という迂回戦略を選んだ可能性もある。李副会長の支配力を強化する効果は、事業改編の方式により流動的だ。市場のある専門家は、サムスン電子とSDSのIT事業合併と関連して「両社の資産規模などを考えて合併比率を1対0.1と仮定すれば、李副会長の統合サムスン電子の持分が現在の0.58%から1.01%に倍増する」と分析した。

サムスン電子がサムスンの核心であることを考えれば大きな意味がある。李副会長の妹の李富眞(イブジン)社長と李敍顕(イソヒョン)社長も、サムスン電子の持分がそれぞれ0.2%ずつ生じる。サムスン物産とSDSの物流事業の合併に伴う李副会長の持分変動(合併比率を1対0.12と仮定した場合)は極めて小さいと見られる。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24313.html

【管理人コメント】
サムスンもグループ企業内の整理で大変である。サムスン会長復帰の見通しは無いわけで…、会長の意思は素材とバッテリー部門の強化にあった。軌道に乗せる間、スマホの技術限界を予見し、半導体事業にて時間稼ぎをしているわけだが、サムスン副会長は、それをしっかりと受け止めているとは考えにくい…。

一方ロイターは、 韓国のサムスン電子は3日、ITサービスのサムスンSDSとの合併は予定していないとの見方を示したと報じている。サムスン・グループの創業者である李一族が事業継承の準備を進めているとの観測を払しょくする目的があるとみられる。経営権の継承よりは、事業正常化のほうが重要課題だろう…。倒産してからでは遅いわけで…。所詮は財閥でしかないという事だ。彼らに経営は無理である。ましてサムスン会長には相談出来る日本企業の社長連中も多いだろう。だが、副会長は中国習近平の手先では困りごとだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月04日 09:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
これが韓国の現実
東亜日報に、スイスIMDが発表した会計の正確さ、透明性の国際順位で韓国は調査61か国中最下位だったというニュースがありました。要は韓国は粉飾決算やってるということです。結局、全世界で韓国の会計を信じているのはアホな日本のみずほ銀行のみということです。
[ 2016/06/04 10:18 ] [ 編集 ]
サムスン 昔と今
業績がいい小さい子会社を兄貴格の2社が取り合い。
分配原理は兄弟の力関係らしい。財閥にトップは一人でいい。
こうだから、うけ狙いで、昔のサムスンのノスタルジー記事が
出てくる。

「23年前にサムスン会長に「新経営」首唱した」とか。
[ 2016/06/04 11:33 ] [ 編集 ]
ちなみに
IMDの会計の順位では、韓国は最下位とかいたが、たとえば、韓国はベネズエラよりも下なんです!ベネズエラよりしたって、何も信用するなってことでしょう。それもビジネススクールで有名なスイスの機関。それもあのスイスの機関が調査した結果。こりゃ、ヤバいですよ、みずほさん。みずほさんは破産しても今度は公的資金なんて国民になきつかないこと。ええ方法教えたる。行員全員で欧米の保険会社の保険に加入しろ!それから保険のもらう相手を親族のみずほと関係ない人物にしろ!あとはまかす。何をする?金返すことだけ考えたらええんや!何をするかはわかっとるやろ!前の公的資金の分も返すんやで!ええか?誰のせいでもない!自業自得や!
[ 2016/06/04 12:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp