韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  週末になると騒音とごみの山、ソウル・ヨントラルパークの実態

週末になると騒音とごみの山、ソウル・ヨントラルパークの実態

ソウル地下鉄2号線弘大入り口駅の近くにある京義線の地下化に伴う跡地には、多くの木々が植えられ、小さな公園を兼ねたウオーキングのコースが整備されている。その公園を28日深夜1時に訪ねると、特に弘大入り口駅から300メートルほどの範囲内には数百人の市民が集まり、あちこちでシートを敷いて酒を酌み交わしていた。中にはアンプとスピーカーを持ち込み、大音量でカラオケを楽しむグループもあった。記者が騒音計で測定すると、夜間における住居地域の騒音基準(60デシベル)をはるかに上回る83デシベルを記録した。これはボリュームをかなり上げた状態でイヤホンで音楽を聴くのと同じレベルだ。

公園のあちこちには市民らが捨てていったごみが大量に捨てられていた。中にはフライドチキンの食べ残しが地面に放置されていたり、焼酎の瓶が数百本積み上げられていたりして、中から残りの焼酎が流れ出すケースもあった。周辺のマンションに住むある男性(52)は「最初は自宅近くに公園ができて喜んでいたが、週末になると深夜までうるさくて寝ることもできないし、朝になると今度はごみから出る悪臭で頭が痛くなる」と語った。

昨年6月に完成したこの公園はウオーキングコースも兼ねており、弘大入り口駅からモレネ高架道路前の地下通路まで全長1268メートルのコースが続いている。使われなくなった鉄道の跡地が公園として生まれ変わったことで、当初は周辺住民も大歓迎だった。住民たちはこの公園が「ニューヨークのセントラルパークに似ている」との理由で、地元の地名「延南(ヨンナム)洞」とセントラルパークをくっつけて「ヨントラルパーク」と親しみを込めて名付けた。ところがわずか1年後、この延南洞に住む8000戸の住民は「酔っ払い」「放置ごみ」「騒音」の三重苦に苦しめられている。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/03/2016060301774.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
日本の海岸に漂着するペットボトルやライターの流出元について環境省が調査したところ、日本海沿岸では韓国が最も多かったことがわかったという。 中国からも多数の漂着があり、沿岸の自治体は、漂着ゴミの実態を海外の関係者に知らせる取り組みを検討している。

同省は2010年度から、山口県下関市や長崎県対馬市、石川県の日本海側3地点と、 沖縄、鹿児島、茨城、兵庫4県の計7地点の海岸で実態調査を開始。年に1~2回、漂着物を収集し、 このうちペットボトルとライターについては、印字された文字から流出元を推定した。 同省は13年度までの4年間で、ペットボトル3802個の流出元を推定。 日本海側3地点が約6割の2197個を占めた。3地点での内訳は、韓国が最多で1080個(49%)、 中国が573個(26%)、日本が460個(21%)だった。このほか沖縄県石垣市では571個(81%)が中国と推定された。

ライターは823個の流出元を推定。うち、日本海側3地点が627個と約8割を占め、 韓国232個(37%)、日本186個(30%)、中国177個(28%)の順だったという。ここ数年は北朝鮮からのごみも漂着している。特に韓国は中国に環境汚染問題で責任転嫁する以上に、海も大気も汚しているわけで、それでも韓国政府は問題視しない。何とも困った国である。

山口県や長崎県はそれぞれ今年秋頃をめどに、国際会議を開くとているが、韓国など海外の関係者を招き、流出防止策について協議することなどを検討しているというだけで、政府間での話でない限りは無理だろう。また韓国は政府間で有っても決めたことを守らない国である。海に囲まれた日本にとっては、漁業に影響も出ており、厄介な問題と化しているわけで、世界から強い指摘でないと動きは鈍い。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月05日 09:29 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp