韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ネイチャーが韓国に警告「カネでノーベル賞は買えない」

ネイチャーが韓国に警告「カネでノーベル賞は買えない」

「韓国はノーベル賞の受賞を目指し、ますます多額のカネをつぎ込んでいる。問題は、野望はカネで実現するものではないということだ」
著名な国際科学誌『ネイチャー』は1日(現地時間)、「韓国はなぜ研究開発(R&D)における最大の投資家なのか」と題する文章で、韓国科学界の「ノーベル賞コンプレックス」と現実的な限界を分析しました。

同誌はまず、韓国のR&D投資の増加ペースに注目しました。R&D投資の対国内総生産(GDP)比は1999年の2.07%から2014年には4.29%に拡大しました。世界でトップです。米国は3%を切っており、中国や欧州連合(EU)は2%水準です。

それにもかかわらず、満足のいく成果は出ていないといいます。同誌は「韓国の研究者が14年に国際学術誌に発表した論文の数は、R&D投資の対GDP比が1.22%のスペインとほぼ同じ」としています。英国やドイツ、日本の半分にとどまり、中国に比べると7分の1にすぎません。予算を増やしても基礎科学分野の競争力向上にあまりつながらなかったというのです。

政府の意思決定スタイルも問題視しています。同誌は、米グーグル傘下の企業が開発した人工知能(AI)「アルファ碁」と韓国人囲碁棋士の李世ドル(イ・セドル)九段の対局が李九段の1勝4敗に終わるや、韓国政府がAI分野に向こう5年間で1兆ウォン(約920億円)を投じる計画を発表したことを紹介し「一つのケースだけで『AIこそが未来』と決めてしまった場当たり的な対応」だと指摘しています。


スポンサードリンク


同誌は、議論を避け、上下関係を重んじる韓国の風土もクリエイティブな研究を阻む要因だと批判し、こうした風土が優れた科学者の海外流出につながっていると分析しました。実際に、米国立科学財団(NSF)の報告書によると、米国で博士学位を取得した韓国人科学者の7割が米国に残ると答えています。ネイチャーの指摘の通りです。

同誌が韓国科学界の実情を正確に分析したのは、筆者であるマーク・ザストロー氏が韓国と深い縁を持っているためです。同氏は韓国に生まれ米国で養子として育ち、今は科学分野のフリージャーナリストとして活動しています。日ごろから韓国に対し深い愛情と関心を見せている人です。そんな彼の助言はこうです。「韓国は科学研究の歴史が長くないのだから、長けている分野に集中するという戦略が必要。カネではノーベル賞を買えないということも知るべきだ」
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/03/2016060301775.html

【管理人コメント】
韓国はノーベル賞は努力の後の結果であることを理解しない。
何でもすぐ結果だけを求めるが、様々な研究や教育訓練における発想の転換或は、様々な分析で得た研究の成果などから、世界が認めた結果であるから、投資したからすぐ夢がかなうわけではない。韓国企業は日本企業から技術を盗み、真似をするが、世界が認める革新的な商品などには結びつかない。韓国はノーベル賞が取得できない国と化している。

勉学の国とは言え、製造も理解できない連中が、夢のような研究と努力が世界に貢献するとは考えにくい…。今の韓国の勉学方法では、自国の役にも立っていないのではないか…。勉学或は教育とは何かを、そろそろ変える時だろう。今の方法では、単に将来を厳しくしているだけである。能力の高い連中の集まりと言うならば、中小企業が一向に進歩できない理由は何かを考えれば答えは出るのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月05日 09:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp