韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  済州島の不動産を中国人が爆買い 不安を隠せない韓国メディアだが…

済州島の不動産を中国人が爆買い 不安を隠せない韓国メディアだが…

済州島といえば、韓国を代表する観光地だ。日本海、東シナ海、黄海に面し、韓国で最も温暖な土地柄といわれている。石と女性が多く、風が強い「三多」で知られ、かつては「耽羅(たんら)」とも呼ばれ、日本とのつながりも長くて深い。この済州島をめぐる韓国メディアの報道が最近、にぎやかになった。

まずは、今年の観光客が5月8日までに500万人を突破し、「これまで最速だった昨年5月23日より2週間速い」(聯合ニュース)という話題だ。済州島がある済州特別自治道の観光協会によると、内訳は韓国人が402万425人、外国人が100万8790人。聯合ニュースの取材に「クルーズ船や旅客機の直行便が増えアクセスが良くなったことが外国人観光客の誘致につながっている」と説明している。

観光客が昨年初めて1000万人を突破した済州島では、早くも年間2000万人という目標が掲げられているという。 外国人観光客が2014年11月から日本に抜かれっぱなしとなり、日本に追い越せとばかりにやきもきしていた韓国メディアには喜ばしいニュースではないか…と思いきや、負の部分も多く取り上げられている。 一つは不法滞在外国人の増加だ。聯合ニュースによると、済州道ではビザなしで入国できるのを悪用した外国人の不法滞在が14年は1450人、15年は4353人に急増した。「済州道は不法滞在と密入国の温床と指摘されている」という。


スポンサードリンク


もう一つは、土地と景観の問題だ。5月20日、韓国国土交通省は、同国内に外国人・法人が所有する土地が昨年末に2億2827万平方メートルになったと発表した。国土面積の0.2%に相当し、前年から1999万平方メートル増加した。済州道に限ると、外国人所有が1.1%の2059万平方メートルとなり、特に中国人が外国人所有の半分近い914万平方メートル、実に44.9%を占めた。ちなみに、次に多いのは米国人で8.2%で、日本人の8.2%と続く。

地価も大幅に上昇した。ハンギョレによると、今年2月に発表された韓国の公示地価で最も上昇したのが済州道で19.3%。ソウルの4.1%と比べても、済州道が韓国の中で“不動産バブル”に見舞われていることがわかる。 こうした事態に対し、韓国メディアは「外国人の土地保有、済州で増加」(聯合ニュース)、「済州の土地1%は外国人保有…その半分が中国人」(中央日報)などと報じた。済州島が中国に奪われる-。韓国国内ではこういう危機感が募っているようにみえる。

済州島では、外国人が休養滞在施設に5億ウォン(約4600万円)投資すれば居住ビザが発給され、さらに5年経過すれば韓国国内の永住権を取得できる「不動産投資移民制度」がある。

外国人の投資を呼び込もうとして2011年に始めたのが同制度の背景にあるが、最も“効果的”に利用しようとしたのが中国人だった。島内に中国人向けリゾートマンションが乱開発され、昨年9月時点で外国人所有建築物の74%が中国人という状況になった。もっとも、中国経済の失速とともに、リゾートマンションの売れ行きも鈍化しているという。また、中国企業が土地の一部を購入し、地価が上昇した段階で売り抜けするケースもあるという。つまるところ、済州島の“不動産バブル”は中国人がもたらしたといえる。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160606/frn1606061540008-n1.htm

【管理人コメント】
中国・北京から済州島まで空路で約2時間半、上海からは約1時間という近さもある。主に観光目的が多かったが、やがて不動産への投資、それも買い占めが行われるようになった。かつては済州島の山腹にリゾート施設を建設していたのが、最近では済州市の中心街にまでその対象が広がっている。中国人が経営している出店も多く、韓国人の仕事を奪っているとも言われているが…。

中国人にとっては海外旅行と言うより、自国での近くの観光場所へ出向いているといった感覚だろう。韓国政府が自分たちで首を絞めた形だ。富裕層は投資のみならず中国から移り住む連中も多いわけで、50万ドル以上を不動産に投資すると、韓国で暮らすことができるビザが発給され、そのまま5年間不動産を保有すれば永住権が与えられる制度があり、この永住権獲得を目的とした不動産投資が行われているというわけだ。

もうすぐ韓国・済州島は、中国“植民地”と化す事になりそうだ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月06日 18:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp