韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  排ガス不正で、欧米にはペコペコVW、韓国では不正さえ認めず

排ガス不正で、欧米にはペコペコVW、韓国では不正さえ認めず

昨年9月にディーゼル車の排ガス不正が発覚したドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)が、韓国でのみリコール(回収・無償修理)や補償などの措置をきちんと履行しておらず、批判の声が出ている。

VWはディーゼルエンジンに違法なソフトウエアを搭載して排ガス規制を逃れており、不正対象車は全世界で1100万台以上に達する。米国では不正を認め、補償する方針を発表し、欧州でもVW車の購入者に追加で課される環境関連の税金を負担する姿勢を示して事態の収拾を図った。だが韓国では、顧客の不満解消に動くどころか不正も認めておらず「韓国を軽視している」と声も上がっている。

韓国環境部(省に相当)は7日、VWの韓国法人が国内で販売された対象車約12万台に対するリコール計画を承認せず、再提出を求めたと発表した。同部はこれまでに2回、「内容が不十分」などとして計画書を突き返しており、3度目の提出となる今回も認めなかった。同部の関係者は「VWにリコール命令をきちんと履行する意思があるのかどうか疑わしい」と述べ、リコール命令の不履行に関する検察の捜査が本格化する見通しだと伝えた。現行の大気環境保全法は、リコール命令を履行しない場合には5年以下の懲役または3000万ウォン(約280万円)以下の罰金刑に処すと定めている。

VWは今年1月、最初のリコール計画書を提出したときから不誠実な態度を見せた。この計画書では欠陥の原因について「ソフトウエア装置により、一部環境で道路を走行した場合に窒素酸化物(NOx)の排出量が増加する可能性がある」と記されていただけで、改善計画についても「ソフトをアップグレードする」と簡単に書かれていた。


スポンサードリンク


VWはその後、不正の事実を認めてソフトのアップグレード計画を記すよう求めた環境部の具体的な要求を黙殺し続けた。3月に提出した2度目の計画書、今月2日に出した3度目の計画書も「不正を認めておらず、最初の計画書とほとんど変わっていない」(環境部関係者)という。ソフトの改善と関連しては、リコール対象の15車種のうち「ティグアン」1車種についてのみアップグレード版を提出した。

こうしたVWの態度は欧米でのそれと大きく異なっており、韓国の消費者を軽んじているとの不満が出ている。VWの排ガス不正は米環境当局の指摘で発覚したが、その米国ではすでに対象車の所有者に1人当たり5000ドル(約53万円)の補償金支払いと返金措置を約束しており、当時のVW社長が不正を認めてもいる。VWは昨年11月、欧州の顧客に対しても、排ガス超過により追加で課される環境関連の税金を負担する意向を示し、リコールについてもドイツ政府にソフトの改善計画を積極的に提出するなど、事態の収拾に尽力している。

水原大のチャン・ヨンギ教授(環境工学科)はVWの不誠実な態度について「まずは欧米などでリコールや補償にけりをつけた後、韓国で関連措置を取るための一種の『時間稼ぎ』」と指摘している。韓国の顧客をおざなりにしているという指摘に対し、VW韓国法人は「正式に立場を表明できない。環境部と立場を調整する」とのみコメントしている。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/08/2016060801352.html

【管理人 補足記事&コメント】
フォルクスワーゲン(VW)は、世界規模に波及した排出ガス不正問題への対応を現在も続けているところだが、このドイツ企業は2016年第1四半期の販売台数で、めでたくも世界一の自動車メーカーに輝いた。VWは2016年1月~3月にグループ全体で251万台を販売し、トヨタの246万台をわずかに上回ったと、金融情報サービスの『Bloomberg』が伝えている。続く3位はゼネラルモーターズ(GM)で、236万台を売り上げている。

VWグループ全体の販売台数は、前年同期比0.8%の微増となった。欧州とアジア地域における販売が好調で、特に中国では6.4%と大きな伸びを見せた。その一方で、北米では排出ガス不正問題が販売台数に影響し、2.1%の減少。米国だけでは5.7%、南米では27.6%減と大幅にダウンした。

トヨタの販売台数は、前年の同時期と比べ2.3%減少した。同社は今年2月、国内供給元からの特殊鋼部品の在庫が不足する不測の事態に見舞われ、国内すべての車両組立工場が1週間の操業停止に追い込まれた。さらに第2四半期も熊本地震により工場の稼働停止を余儀なくされる厳しい始まりとなった。今なおいくつかの組み立て工場は閉鎖されているが、トヨタは再稼働のめどが立っていなかった4カ所の車両組み立て工場を連休明けの5月6日から稼働させている。

何にしても強いVWである。韓国などにペコペコはしないだろう。
相手にもしていないのだから、先延ばしのままでは無いか…。
そんな状況で日産を提訴し、自分たちで首を絞めていれば世話は無いが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月08日 11:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
崩壊
これから、経済崩壊が始まる韓国、中国などは、何処の企業も相手にしないわ〜(笑)
[ 2016/06/08 12:13 ] [ 編集 ]
他人の話の前に
現代自動車の燃費改竄を整理すべき。
[ 2016/06/08 12:36 ] [ 編集 ]
検査体制
VWはアメリカから厳密な検査データを突き付けられて、改ざんを白状した。それに比べ韓国には検査体制が不十分で言い逃れのできない資料を集めらることはできない。VWがしらを切ればそれで終わる。今回日産に言いがかりをつけているが、韓国には裁判に勝てる検査資料がそろえられないから、裁判沙汰になれば韓国が負けるね。
他人のデータを利用することはできても、韓国人には実験、検査方法などを考え実行できる基礎学力がない。
[ 2016/06/08 15:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp