韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船・海運業に12兆ウォン注入、政府の構造調整案が確定

韓国造船・海運業に12兆ウォン注入、政府の構造調整案が確定

大宇造船海洋、サムスン重工業、現代重工業など造船3社は、資産売却、人員削減などで総額15兆9000億ウォン(約1兆4800億円)の資金を自力で確保し、経営正常化に投入することを決めた。設備の20%以上を削減するほか、2020年までに最大で8万人の人員を削減する。

現代商船、韓進海運は用船料(船舶賃貸料)引き下げ交渉が妥結した段階で、最高経営責任者(CEO)を交代し、再建を進める。また。造船・海運業の構造調整を担当する韓国産業銀行、韓国輸出入銀行の資本拡充に向け、政府・韓国銀行が総額12兆ウォン(約1兆1100億円)を確保する。

このほか、構造調整の司令塔として柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相が招集する「産業経済力強化関係長官(閣僚)会議」が新設され、2年間の期間限定で活動する。韓国政府は昨年10月から任鍾竜(イム・ジョンリョン)金融委員長が招集する次官級会議を設け、構造調整を統括してきたが、経済副首相が直接加わる長官級(閣僚級)に格上げされた形だ。

柳副首相は8日、ソウルで同長官会議の初会合を開き、一連の構造調整案を確定した。柳副首相は「企業の構造調整と産業改革は韓国経済の生存と再躍進に向け、選択肢のない課題だ。全面的な産業改革に取り組まなければならない」と述べた。


スポンサードリンク


昨年8兆ウォン台の損失を記録し、受注激減に直面している造船3社は、徹底した構造調整に取り組む。大宇造船海洋は昨年10月に確定した1兆8500億ウォン規模の資金確保計画と合わせ、5兆3000億ウォンの資金を準備する案を決定した。最悪のシナリオでは2兆ウォンを追加で確保する予定だ。

 現代重工業(現代尾浦造船、現代三湖重工業を含む)は、ハイ投資証券の売却などで3兆5000億ウォンの資金を確保するほか、現代オイルバンクの上場などで3兆6000億ウォン規模の追加資金を確保する。サムスン重工業は設備削減、資産売却などで1兆5000億ウォンを確保し、必要ならばサムスン電子を引き受け先とする増資を実施する。政府関係者は「サムスングループがサムスン重工業の経営正常化に責任を負う形にした」と説明した。

政府・韓国銀行は産業銀、輸出入銀に支援する構造調整資金を確保する。まず政府が年内に輸出入銀に政府系企業の株式などを1兆ウォンを現物出資する。同時に韓銀が10兆ウォン、政府(IBK企業銀行)が1兆ウォンを融資し、11兆ウォン規模の国策銀行資本拡充ファンドを創設する。一連の支援を行う代わりに産業銀、輸出入銀は人員と組織を縮小し、役員の報酬削減、全行員の昇給分返納など自主的な取り組みを行う。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/09/2016060900689.html

【管理人コメント】
単純には縮小し資産を売却して、約1兆4800億円を確保しつつ、2020年までに8万人を解雇するという事だ。同時に11兆ウォン規模の国策銀行資本拡充ファンドを創設し、一連の支援を行う代わりに産業銀、輸出入銀は人員と組織を縮小する。

構造改革という事ではない。単に縮小し、補てんするのみであるから、現実は厳しい。
この状態で、他の産業でも同じような事が発生するだろうから、今後は更なる厳しい状態が待ち受ける事になる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月09日 11:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
やったー
よし、これで、サムスンや現代などのほかの大企業がポシャったとき、韓国はどうしようもなくなる。韓国すべての企業が破産か大幅縮小にまっしぐら。残るのはLGかSKハイニックスくらいか?
[ 2016/06/09 12:03 ] [ 編集 ]
たらればシナリオ
2500万トンの受注残があるから、今のまま事業を回せば
キャッシュフローの黒字化が可能という考えに見えます。
そうだろうか。
資産売却に買い手はいるのだろうか。
8万人の人員削減。設備はいいとして技能職がいなくなれば
モノは作れない。
つなぎ資金の資本拡充ファンド、というのはこれから募集するのか。
どこに買ってもらうのだろう。日本のみずほ? 中国?
[ 2016/06/09 14:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp