韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国環境省“大誤算” 日産を告発も反論噴出 韓国メディア「不正ではない」

韓国環境省“大誤算” 日産を告発も反論噴出 韓国メディア「不正ではない」

日産自動車の排ガス規制逃れを指摘し、ソウル中央地検に刑事告発した韓国環境省が思わぬ“逆風”にさらされている。同国内で当局の見解を疑問視する声が続出しているのだ。背景には不正の根拠が不透明なことや、殺人加湿器事件などで環境行政の不手際が露呈するなど、当局への不信感もある。現地事情に詳しい関係者は「殺人加湿器事件で当局の信用が落ちるなか、汚名返上をねらって日産を狙い撃ちにしたとの見方もある」と指摘する。

問題視されたのは日産のディーゼル車「キャシュカイ」。韓国環境省は先月、キャシュカイに搭載された窒素酸化物の排出量を減らす排出ガス再循環装置(EGR)が、エンジンの吸気温度が35度を超えると停止するよう設定されており、排ガス規制を違法に免れる工作だと主張。今月7日には、韓国日産と同社の日本人社長を大気環境保全法違反容疑でソウル中央地検に刑事告発した。 韓国で販売された824台のリコール(無料の回収・修理)と、不正を指摘した車種の在庫の販売禁止、課徴金3億4000万ウォン(約3100万円)の支払いも命じた。

一方、日本の日産は、「法令や規則を順守し、いかなる『不正かつ意図的な設定』や違法な任意操作デバイスも車両に搭載していないという立場を一貫して主張してきた」と不正を全面否定。同国に改めて異議を申し立てた上で、認められなければ、不正認定の取り消しを求める行政訴訟を検討する方針を明らかにした。韓国国内では、購入者ら8人が日産側を相手取り、購入代金の返還などを求める訴訟を起こす動きが出ているものの、当局への冷ややかな視線も目立つ。

大手紙「中央日報」は、英当局はこうした日産のシステムを「不正とは見なさない」と紹介。欧州ではエンジンや主要部品を損傷させる場合、排ガス関連装置を操作してもよいとされていると説明した。


スポンサードリンク


地元のネットメディアは、EGR搭載のディーゼル車の多くは、一定の温度以上でEGRが停止する設定であることに言及している。EGRが停止する設定温度はキャシュカイが35度以上なのに対し、他の車は45~55度と説明。当局は、日産の設定温度などを問題としているが、「35度という設定値だけで、明確な根拠なしに日産の『意図性』を主張するのは問題がうかがえる」との関係者の見方を紹介した。 当局の発表に懐疑的な論調が相次いでいるのは、何を当局が問題としているのか、わかりにくいことがある。「『なぜ35度が問題なのか』。気になる点は多いが、答えを知るすべはない」(地元経済紙)といった報道もあるほどだ。

韓国の車事情も微妙な影響を与えている。現地の報道によれば、韓国では昨年末、ディーゼル車がガソリン車の割合を上回ったが、今年に入ってその比率は再び逆転した。こうしたことから、昨年のフォルクスワーゲンの排ガス規制逃れ問題から続くスキャンダルで、ディーゼル車の販売が低調になるのではとの懸念が拡大。自動車業界からは「環境省の自信はいきすぎだ」「今回の環境省の主張は、いくつか理解できない部分がある」と日産に同情的な声が上がっている。

現地事情に詳しいノンフィクションライターの高月靖氏は「当局は過去、輸入車の排ガス規制逃れを見逃した上、殺人加湿器問題を長引かせて被害者を拡大させた。そもそも不正とする根拠が分かりづらく、業界関係者の間では、汚名返上として日産をやり玉に挙げたのではないかとの見方がある」と説明する。 この手の問題になると一斉に日本たたきが始まるのも韓国だが、高月氏は「政治と産業は意外と別で、日本車は性能が良くブランドイメージも高い。国民も何でもかんでも反日ではなく、メディアやユーザーのなかではやりすぎとの空気が漂っている。当局は肩すかしを食らっているのでは」と話している。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160609/frn1606091140001-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
日産自動車のディーゼル車「キャシュカイ」が不正に排ガス規制を逃れたとして、韓国環境省が韓国日産と同社長を刑事告発した問題で、日産自動車が徹底抗戦する構えをみせている。不正認定取り下げなどを求めて行政訴訟を検討中で、日本の外務省や経済産業省と連携して「いわれなき」不正認定を覆すために争う方向だ。

日産が戦う姿勢を鮮明にしているのは、韓国での不正認定が、事実のように各国に“飛び火”すれば、ブランドイメージを損ねる恐れがあるからだ。 ただ問題をめぐる韓国政府と日産の認識は大きく異なる。韓国環境省が問題視するのはキャシュカイに搭載された排ガス低減装置の温度。キャシュカイにはエンジンが壊れるのを防ぐため、一定温度になると排ガス低減装置が止まる機能が搭載されている。

この機能は各社も搭載しており、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が違法ソフトウエアを使い、不正に排ガス規制を逃れていたのとは異なり合法だ。 ただ、キャシュカイの場合、装置の停止温度が35度と韓国で売られる車の中でも低く排ガスも多かった。このため排ガス量から不正の“やり玉”に挙がったというわけだ。

日産とはいえルノーでゴーンが快調ですからね~。反日とも言い難いが…。
問題はディーゼル車の規制問題で韓国政府の責任のほうが重いだろう。韓国の環境部は、対応方法が間違っているわけで、まずは政府を指摘し、自国政府を訴えるべきだろう。日産を訴えたところで解決する問題ではない。

逆に提訴されて負けるのは韓国となるが…。
とは言え自動車業界としては対応してゆく必要があるのも事実。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月09日 12:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国にはルノーサムソンがあって、日産からのOEM受託で稼働率穴埋めしてるので、このあたりも考えたほうがいいと思います
それでも槍玉にあげたのは何故かってとこですよね
[ 2016/06/09 18:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp