韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ディーゼル車のばい煙を画期的に削減、韓国で新技術開発

ディーゼル車のばい煙を画期的に削減、韓国で新技術開発

ディーゼル車から排出されるすすなどの粒子状物質(PM)を画期的に減らす技術が韓国で開発され、実用化を目前にしている。

韓国機械研究院は9日、小型車にも搭載できる小型のばい煙低減装置を新たに開発し、環境部(省に相当)の認証取得を進めていると発表した。認証を取得できれば、来年から車両に搭載される見通しだ。ばい煙低減装置はディーゼル車のばい煙を集めて燃やすもの。この過程で、燃焼が不十分な軽油や窒素酸化物(NOx)などが燃えてなくなる。

ばい煙低減装置がきちんと作動するには排ガス温度がセ氏300度以上になる必要があるが、現在の一般乗用車は排ガス温度が150度にとどまり、十分に作動させることができない。排ガス温度を高める燃焼装置(バーナー)はサイズが大きく、大型トラックに搭載される程度だ。

研究陣は「太陽」に解法を見いだした。気体が超高温状態になると原子核と電子が分かれ、プラズマになる。太陽からはプラズマが吹き出している。研究陣は超小型プラズマバーナーで排ガスに含まれる軽油を一酸化炭素と水素に分離した。水素は酸素と一緒に燃え、膨大な熱を発する。この熱で温度が上昇した排ガスはばい煙低減装置で燃やされ、大気汚染物質の量は最大で95%減るという。


スポンサードリンク


機械研究院・プラズマ研究室のソン・ヨンフン室長は「プラズマバーナーのサイズは従来のバーナーに比べ10分の1で、紙コップほど。小型車にも搭載可能で、ばい煙だけでなく粒子状物質の主犯となる窒素酸化物も同時に処理できる」と説明している。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/10/2016061000814.html

【管理人 補足記事&コメント】
東亜日報は、ディーゼル車は、ばい煙低減装置(DPF)を利用して排気ガスに含まれた粒子状物質(煤煙)を燃やす。しかし、市内でゆっくり走る場合は、排気ガスの温度が十分高くなく、粒子状物質がきちんと燃焼されない。韓国機械研究院・プラズマ研究室のソン・ヨンフン室長が率いる研究チームは、走行中だったり、空回り中にいつでもばい煙低減言装置の温度を上げられるプラズマ燃焼器を開発し、小型化に成功し、早ければ今年下半期中にも商用化する計画だと報じた。

ばい煙低減装置は、ディーゼル車の排気管から出てくる粒子状物質の95%以上をフィルターで捕集後、燃やして除去する。しかし、低速運行中の場合、排気ガスの温度が300度以下に下がれば、燃えきっていない粒子状物質がそのまま排出されかねない。また、粒子状物質の原因となる窒素酸化物を減らせる窒素酸化物低減装置は、200度以下では正常に作動しない。

研究チームは、高温ガスであるプラズマを利用して、最大550度まで温度を高めることのできるプラズマ燃焼装置を開発した。大半の自動車が使う12Vの電圧で作動し、飲み物のカン・サイズなので、車に簡単に取り付けることができる。研究チームは最近、一般車両にこの装置をつけて、6万キロの道路走行試験を終えたという。

一方では放電プラズマを利用して低温でのディーゼル排気処理を狙った研究が進められてきた。それらは電気集塵機を VOC の処理などに利用することから始まったが、最近ではプラズマと触媒を併用して PM を酸化する方式も提案されている。NOx処理の方法として、非平衡プラズマを用いた技術の研究が盛んに行われている。こ

の方法は、パルス電源などにより短時間の放電をおこし、その電子によりラジカル物質を発生させて処理を行うものである。非熱平衡プラズマは、短パルス電圧印加によりイオンや中性分子が加熱されることがないのでエネルギー効率が高いことが特徴である。非平衡プラズマを使った処理方法は、触媒と違って、電力が必要なことなど短所はあるものの、除去率が高く、エンジン始動時や渋滞時などの排ガス温度が低い場合でも動作可能であるなどの利点を持つ。

ディーゼルエンジンの排ガスに含まれるNOx(窒素酸化物)の大部分はNO(一酸化窒素)である。この研究では、NO(一酸化窒素)を、非平衡プラズマを用いることによりNO2(二酸化窒素)に酸化させ、そのNO2を、NaOHを担持させた固体の吸収剤に処理させる二段階プロセスによる除去方式を行った。

日本の研究者はかなり進んでいる。実用化の手前まで来ている様だ。恐らくは専門フォーラムなどに韓国のメンバーもいるのだろうと考えるが…。ネット上に無数の論文や実験結果が公開されている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月10日 11:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
はい!はい! 〜 頑張ってねー(笑) コピー国家の朝鮮くん
[ 2016/06/10 17:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp