韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  大気汚染による韓国人死者、2060年にはOECD最多

大気汚染による韓国人死者、2060年にはOECD最多

経済協力開発機構(OECD)は9日、大気汚染が経済に及ぼす影響に関する報告書を発表し、その中で「韓国は今後大気汚染問題の改善に向けた追加の取組みを全く行わない場合、2060年には国民の健康や経済面で大きな問題が発生する」と予想した。

報告書によると、韓国では2060年に大気汚染による100万人あたりの死亡者の数が1109人に上ると予想されている。これは中国(2052人)やインド(2039人)よりは少ないが、米国(307人)、オーストラリア・ニュージーランド(95人)、英国・フランス・ドイツ・イタリア(340人)などよりははるかに多く、OECD加盟国では最多だ。ちなみに韓国は2010年の時点では359人で、日本(468人)やEU主要4カ国(412人)よりも少なかったが、45年後には状況が逆になると予想されているのだ。

韓国において大気汚染による死亡者数が大幅に増えると予想される理由は、微小粒子状物質(PM2.5)の影響や地表面でのオゾン(O3)濃度が今後も高まると予想されているからだ。OECD政策アナリストのランジ氏は「韓国ではPM2.5に関しては緩やかに増加するが、地表でのオゾン濃度は2060年までに20%増加するだろう」「今のところ大気汚染による死亡者の多くはPM2.5によるものだが、60年にはオゾンが原因となるケースが7-10%になるなど、その占める割合は少しずつ大きくなるだろう」などと予測した。


スポンサードリンク


また韓国政府が発行した『環境白書(2015年度版)』などによると、ソウル市内におけるオゾン濃度は2005年には17ppb(汚染物質の濃度を示す単位、10億分の1)だったが、15年には23ppbへとおよそ35%上昇している。成層圏のオゾン層は紫外線を防ぐ働きをしているが、地表でオゾン層が形成されると人体に悪影響を及ぼし、穀物生産も減少させる。ランジ氏は「韓国では急速な高齢化により大気汚染に弱い高齢者の数が増えている。これは将来的に大気汚染による死亡者の数がさらに増える可能性が高いことを意味する」とも指摘した。

OECDはさらに「大気汚染は2060年における韓国のGDP(国内総生産)を0.62%引き下げるマイナスの効果をもたらす」とも指摘した。これは他のOECD加盟国の予想損失(GDPの0.19-0.45%)をはるかに上回る数値だ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/11/2016061100438.html

【管理人 補足記事&コメント】
2016年6月6日、韓国・JTBCによると、米航空宇宙局(NASA)の研究チームが韓国の大気の状況を調査した結果、晴れた空にもほこりが大量に舞っていて、そこから公害物質が飛散しているとの事実が確認された。

NASAの研究チームは先月2日から、韓国・京畿道烏山市の米軍基地で、飛行機3機を使って朝鮮半島の上空を回り、大気の状況を観測している。その結果、1カ月間で大気の質が良かった日はほとんどなかったという。研究員らは「韓国の大気質がここまで悪いと考えていなかったのでとても驚いた」「ビルや丘がほぼ見えない。数週間観測したが、数日でこのような状況が続いていることが分かった」「観測を始めて以降、(大気汚染物質のない)澄んだ空を見たのは雨が降った翌日だけ」などと感想を述べた。

特に、ソウル地域の汚染は深刻なレベルだという。また、韓国で大気汚染物質は中国から飛んできていると考えられているが、少なくない部分が韓国内で発生しているとの事実も確認された。 研究員からは「大気質の研究に最適な場所と言えるほど、韓国の空気質は最悪な状態。すでに危険なレベルにまで達している」と指摘する声も出ている。

100万に当たりの人口では336人で日本は400人規模といているが、なぜ日本より少ない計算になるのか…
どうも韓国メディアは日本と比較したがるのは良いが、日本の環境汚染をソウルなどと一緒にされては困る。

世界の主要な58の国と地域の地球温暖化対策を評価した結果、日本は下から4番目で「落第」だとするランキングをドイツの環境シンクタンク「ジャーマンウオッチ」などのチームが9日までに、気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で発表した。前年から3つランクを落とし、最下位に陥りかねない状況になった。二酸化炭素排出量の多い石炭火力発電を推進していることや、排出削減のための経済的手法である排出量取引が普及していないことが理由。
どうもこの記事が出所だろうか…。。。 今は削除されて記事は無い。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月11日 10:31 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp