韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  漢江河口で違法操業の中国漁船、韓国当局が国連軍と取り締まり

漢江河口で違法操業の中国漁船、韓国当局が国連軍と取り締まり

韓国軍と海洋警備安全本部(以下、海警)、国連軍司令部が10日、漢江河口で違法操業する中国漁船を追い払うための作戦を展開した。軍と海警が漢江河口で作戦を展開したのは1953年の韓国戦争(朝鮮戦争)停戦協定締結以来のことだ。韓国政府関係者は同日、「海軍と海兵隊、海警からなる民政警察(Military Police)が高速短艇に乗り、漢江河口で違法な中国漁船を阻止し、退去させる作戦を行った」と述べた。作戦区域が北朝鮮と接する中立水域であるため、国連側が監督官を務めた。

中国漁船の漢江河口違法操業は2014年までは年間2-3回だったが、昨年は120回余りに増え、今年は5月までで520回余りに達している。今はワタリガニ漁の季節を迎えていることから、中国漁船がワタリガニ漁の漁場として知られる漢江河口に約30隻ずつ集まり、まだ成長しきっていないものまで一気に捕獲している。韓国政府は中国政府に対し、中国漁船の漢江河口不法侵入を阻止するよう十数回にわたり通知したが、効果がなかった。韓国政府関係者は「中国漁船の違法操業で漢江河口水域の水産資源が枯渇し、漁場が荒廃している」と語った。

ヴィンセント・ブルックス国連軍司令官が同日の作戦を承認、「国連軍司令部は停戦協定を維持する責任を非常に深刻に受け止めており、これに基づいて作戦を実行するものだ」と正式発表したが、これは北朝鮮に向けて無謀な挑発行動を取るなという警告にも受け止められる。国連軍司令部側は8日、板門店を通じて「民政警察が漢江河口で中国漁船退去作戦を展開する」と北朝鮮側に正式に通知した。韓国軍当局は、南北の軍事的衝突に備えて海軍艦艇と義務搬送ヘリコプターを近くに待機させていたという。退去作戦中、北朝鮮軍の特異な動向はなかったとのことだ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/11/2016061100578.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
中国漁船は韓国で使用が禁止されている底引き網を使い、さまざまな種類の魚やワタリガニはもちろん、それらの稚魚まで根こそぎ捕獲し持ち去っている。底引き網には重りが付いているため、海底の土までかき出してそこに生息するあらゆる生き物を捕まえてしまう。編み目の大きさが幅1センチにも満たない底引き網を使えば、魚の生息地や産卵場所からは生き物が完全にいなくなってしまうだろう。そのため中国漁船の違法操業が特に目立った先月以降、延坪島でのワタリガニの漁獲量は昨年の同じ時期の3分の1に当たるわずか5万キロにとどまった。

中国漁船による違法操業の影響で、西海5島の漁業関係者の損害は100億ウォン(約9億2000万円)に上ると試算されている。これは西海5島における漁業収益全体の4分の1に相当する額だ。そのためたとえ取り締まりが難しくとも、中国漁船の違法操業をこのまま見過ごすわけにはいかない。一方で中国政府は自国漁船による隣国の漁業資源略奪行為を傍観しているが、これではG2(主要2カ国)国家としてのメンツも立たないだろう。そのため韓国政府は取り締まりに最善を尽くす一方、国際社会に中国漁船の海賊行為にも等しい違法略奪操業を広く訴えていかねばならない。このまま何もせずに放置すれば、現在の状況は今後も5年、10年にわたり繰り返され、最終的に貴重な漁業資源は完全に枯渇してしまうだろう。

東亜日報も、中国漁船が二艘引き底引網で稚魚までかっさらい、水温変化まで加わって漁獲量が減ったことで、韓国の漁民たちは、船の燃料代分すら収益を上げるのが難しいのが現状だ。今年4月のワタリガニの漁獲量は、約17万キロで、昨年同月より78%も減少した。NLL水域での装備をさらに補強し、海軍と共同作戦を繰り広げてでも、攻撃的に取り締まりを行うことで、中国漁船の領海侵犯や密猟を食い止めなければならないと警笛を鳴らす。

悪質な中国漁船は多数で押し寄せる厄介な連中だ。日本でも乱獲し、貴重なサンゴまで持ち帰った。日本は周りを海で囲まれているわけで、とてもすべて監視するわけで二はいかない。近い韓国などの規制が強まれば日本を荒らしに来る。日本には中国のみならず韓国の漁船も密漁しているわけで、何とも困った問題である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月11日 12:06 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp