韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国人の次の爆買いは・・・「日本の不動産」だ!、高まる関心

中国人の次の爆買いは・・・「日本の不動産」だ!、高まる関心

中国人旅行客による爆買いはもはやニュースにもならなくなるほど、日常的に見られるようになった。購入する商品や金額に変化はあるものの、爆買いそのものは今なお健在であり、中国人投資家は2020年の東京五輪に向け、不動産を爆買いする可能性もあるという。

中国メディアの居外網は8日、中国人は日本の家電製品だけでなく、不動産も爆買いするだろうと説明する記事を掲載。中国人投資家にとって、日本の不動産市場に対する関心が高まっていることを伝えている。

記事は「この2年で日本の不動産価格は30%近く上昇した」と説明したうえで、やはりこの2年で、同メディアに対する「日本の不動産に関する問い合わせ」も約26%も増加したと説明。

さらに記事は15年第2四半期の日本の不動産に対する中国人の購買意欲を指数化し、14年第2四半期における指数を100とした場合、15年第2四半期には2086にまで激増していたことを紹介。現在の指数はさらに上昇しているとの見方を示したうえで、日本はオーストラリア、米国に続いて中国人投資家の「新たな投資先となっている」と論じた。


スポンサードリンク


一部報道でも、中国人や台湾人が日本の不動産を購入していることを伝えているが、訪日中国人旅行客が増えているために、中国人投資家たちはビジネス目的で日本のホテル等の宿泊施設を購入するという動きがみられるようだ。ただ、日本の不動産市場で売買する外国人投資家のなかで現在最も多いのは、中国人ではなく米国系の投資家のようだ。中国人投資家の日本の不動産に対する関心は高まり続けており、日本の不動産を購入する外国人投資家のなかで近い将来中国人がトップに躍り出るということもあり得ない話ではない。
http://news.searchina.net/id/1611807?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
2014年6月、東京都港区で超高層ビル「虎の門ヒルズ」が開業したことは記憶に新しい。当時、メディアもこれを連日取り上げ、都心の新スポットとして全国の関心を集めた。この話題の超高層ビルは地上52階建て、上層階の37階~46階は住宅フロアとなっており、172戸のうち70戸が分譲され発売と同時に完売した。

実はこの「虎の門ヒルズ」の分譲フロアは、日本に縁のある中国人の間では「超・注目物件」だった。東京に駐在する若手中国人がつぶやく。 「あの住宅を買った購入者の中には中国人もいて、1年も経たずにすでに値上がりしたと喜んでいる。僕も買っておけばよかった」

ヒルズと言えば、ご存知、森ビル(東京・港区)による開発だ。中国でも上海環球金融中心など複数のビルを開発しており、中国大陸を含む中華圏においてその知名度は高い。森ビル本社広報は、「東京では羽田空港に近い湾岸エリアを中心に需要が増えており、『虎の門ヒルズ』においては香港、台湾などアジアの顧客にも人気があります」と話す。

背景にあるのはもちろん、5年後の東京五輪だ。オリンピック会場としての開発が予定される東京湾岸沿いには、中国を含むアジアからキャピタルゲイン狙いの熱い期待が注がれている。すでに、東京・晴海周辺の物件は上昇を始めており、眼下にスタジアム予定地を臨むタワー型マンションでは、たった9ヵ月で1300万円の差益を生んだ案件もある。不動産データを収集する東京カンテイ(東京・品川区)によれば、2014年、東京23区の中古マンション平均価格は前年比5.2%上昇し4203万円となり、3年ぶりに4000万台を回復したという。

「永住権付き日本不動産購入ツアー」が人気だ。在留取得の要件引下げで中国人移民は増加している。
一方で、中国富裕層はすでに動きのピークが過ぎたのではと言う考えもある。経済低迷を予測し、不動産崩壊は数年前から始まっているわけで、投資家の動きは速い。もっとも北京あたりと比較すれば、日本のマンション価格は安いが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月12日 09:30 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp