韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  敬服せざるを得ない!平坦な道路から分かる「日本人の謹厳さ」

敬服せざるを得ない!平坦な道路から分かる「日本人の謹厳さ」

中国メディアの駆動之家は6日、日本の道路が何年経ってもデコボコにならないのは舗装の質が高いからだと説明する記事を掲載した。

記事は日本の道路について「デコボコがなく平らである」と称賛。エアターミナルの前の道路、渋谷のスクランブル交差点、東京都内の大通り、閑静な住宅街の道路、地方の道路、サイクリングロード、山中の舗装された小道など、いくつかの日本の道路の写真を掲載、どの道路も「デコボコがなく平らである」と称賛した。
 
記事はまた熊本地震の際に崩落した道路の断面写真を掲載。都道府県道の場合は表層、基層、上層路盤、下層路盤の4層の厚さの合計が約50cmほどであると記事は説明、また地震で崩落した道路断面を見るとその層の厚さはやはり50cm程度あり、規準と「基本的に合致する」と指摘。日本の道路にデコボコがなく平らなのは「道路表面の工程だけが関係しているのではない」と目に見えない舗装工程における工事の質の高さを称賛した。

また道路の各層を形成する際に「一層を敷く、圧力を加えて固める、また一層を敷く、圧力を加えて固める」という工程を丁寧に繰り返すが、ゆっくり圧力を加えるべき時には「決して進度を急いだりはしない」と指摘、日本の道路工事は「手を抜いていない」と称賛した。


スポンサードリンク


こうした「道路の下に隠された秘密」、つまり一層一層を丁寧に形成する日本の丁寧な道路舗装工事こそ何年経ってもデコボコがなく、平坦さを享受できる原因であると記事は指摘。目に見えないところに示される謹厳さに「敬服する」と絶賛している。

記事は中国の道路の舗装状態を示す写真も掲載しているが、その写真を見る限り実にデコボコが多い。実際、もし一層一層に圧力をかけて固める際にその工程を急いで終わらせてしまうなら、表面はきれいに舗装が仕上がっているように見えても道路を走る車両の重さにより、時間が経たないうちに道路はデコボコになってしまう。

記事が深い感銘を受けたのは、何と言っても目に見えない部分、つまり道路表層だけでなく基層、上層路盤、下層路盤といった目に見えない部分に謹厳さが示されていることだ。記事はこれを「百年の大計レベルの謹厳さ」と絶賛しており、日本にデコボコした道路を見かけないのはまさに長期使用に持ちこたえられる道路造りを意識して舗装工事に取り組んでいるからだという見方を示した。
http://news.searchina.net/id/1611803?page=1

【管理人コメント】
日本の舗装道路は、マンフォールや電柱などで、せっかくの舗装道路はでこぼしており、電柱のはみ出しは、歩道を狭くする。挙句に毎年決まって道路工事で地下のパイプ交換等があり、舗装道理は凸凹がおおいのも日本の特徴だが…。。。

個人的には何とかならないものかと、いつも車を運転するたびに感じる。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月12日 09:36 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
電柱と小鳥
自分も以前は電柱が邪魔だと思っていたんですが

都会だと、電柱が雀など小鳥の憩いの場&巣にもなっている
冬には変圧器近くで暖を取っている

朝鳴いてる雀の多くが電線上でのもので
都市空間の中の林のような存在と化している状態

今は、雀のおかげで電柱が好きになりました

[ 2016/06/12 22:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp