韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の自動運転車開発、ドイツ・米国に3-4年遅れ

韓国の自動運転車開発、ドイツ・米国に3-4年遅れ

韓国のソウルと釜山を結ぶ京釜高速道路の新葛JCT。釜山方向の下り車線を走る赤の現代ソナタの運転席では、自動車部品大手、現代モービス知能型車両研究チームのイ・ジョンヒ責任研究員(39)が座っていたが、ハンドルには手を触れず、前をじっと見ていた。前方に別の車が割り込んできたが、ソナタは自らの判断で減速した。

現代自動車、ソウル大の研究チームに続き、現代モービスも自動運転車の走行テストを開始し、韓国も本格的に自動運転車時代を迎えつつある。しかし、既に300万キロメートル以上を走行した自動運転車を保有する米国、無人バスの試験運行まで行う中国、英国などに比べれば、韓国はよちよち歩きだ。2035年には自動車市場自体が自動運転車に変わると予想されるため、韓国自動車業界は急がなければ淘汰(とうた)されるのではないかとの指摘も聞かれる。

■現代モービス、部品業界初の臨時走行許可
現代モービスは現在開発中の自動運転システムの公道での性能検証を行うため、5月19日に国土交通部(省に相当)から臨時の走行許可証とナンバープレートの発給を受けた。現代モービスは自動運転技術を採用したソナタを使い、政府がテスト走行区域として指定した高速道路、国道など320キロメートルの区間でテストを行う計画だ。

車両には人の目に代わり、車の周囲にある物を感知し、走行に必要な情報を提供するレーダー5台、前方カメラ1台を搭載している。現代自動車は2010年に「ツーソンix」で自動運転仕様車を発表し、昨年11月には韓国の自動車業界では初めて、米ネバダ州の高速道路での自動走行免許を獲得した。


スポンサードリンク


■出遅れる韓国の自動運転車開発
しかし、専門家は韓国の自動運転技術がドイツ、米国などに比べ、3-4年遅れていると指摘した。大林大自動車学科のキム・ピルス教授は「韓国企業が『純血主義』を強調する余り、情報通信技術大国でありながら、重要技術で能力がかなり遅れている。ドイツは自動運転など未来カーに年間40兆ウォン(約3兆7,000億円)を投資しているが、韓国は6兆ウォンしか投資しておらず、その差がもろに表れた」と指摘した。 特に諸外国は自動運転車に対応し、制度の見直しも行った。全世界の道路が自動運転車の巨大な実験場と化しているとも言われるほどだ。

中国は最近、上海市に面積がソウル・汝矣島の3分の2ある自動運転車専用実験場を設けた。英ロンドンには今夏から無人バスが登場し、中国安徽省では無人バスが試験運行に入っている。 無人タクシーも近くお目見えする。自動運転車のスタートアップ企業であるニュートノミーは、今夏にシンガポールで自動運転仕様のタクシーを発表することを目標として、1600万ドル(約17億1000万円)の資金を調達した。同社は2018年にシンガポールで実用化を目指す。

欧州ではトラックが国境を越え、自動走行を行う実験も行われている。4月にはオランダ政府の主導でスウェーデン、ドイツ、ベルギーから出発したトラックが自動運転技術でオランダの港湾都市ロッテルダムに向かう実験が行われた。米国は伝統ある自動車メーカーだけでなく、IT企業のグーグル、アップルまで参入し、自動運転車の累計走行距離が既に320万キロメートルを超えた。

市場調査会社ナビガント・リサーチは、2035年には自動車販売台数の75%を自動運転車が占めると予想した。産業研究院のイ・ハング上級研究委員は「今からでも韓国政府がしっかり司令塔の役割を果たし、自動車関連企業、研究機関、大学の力を結集し、開発に積極的に参入しなければ、今後追い上げ自体が不可能になる」と警告した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/10/2016061001759.html

【管理人 補足記事&コメント】
自動運転というと「乗用車で運転手がハンドルから手を離しても車が走る」というイメージが強い。実はいち早く実用化されるとみられているのがバスやタクシーだ。 バスについては大手通信会社のソフトバンクが、北九州市と提携して自動運転技術を使った無人バスの実証実験を進める計画である。

政府は自動運転を使ったタクシーやバスなどのサービスについて、2020年にも実用化を目指しています。5月20日には、遠隔監視による安全確保の要件や法改正など必要な対策を取りまとめ、具体的な規制緩和を進めている。

オランダにて、公道を走るものとしては初めて、完全無人運転のシャトルバスがスタートした。製造したのは、スイスのEasyMileというロボット関連企業。実際に公道を走るまでには何度もテスト走行を実施し、最高時速は約24キロ程度。決められたコースを外れないよう、常に人間がリモートで監視したという。

バスそしてタクシー・電車などは、自動運転となる日も近いのではないか…。
車などは自動運転車と言う車種が何れ発売され、免許は必要が無い…何ていう時代も近い??



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月12日 10:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp