韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  アップル、13年ぶりの減収決算

アップル、13年ぶりの減収決算

Appleは4月26日、2016年第2四半期決算を発表した。これまで、「過去最高」(Record)の文字をプレスリリースに掲げてきたが、13年ぶりにそれが途切れる結果となった。

詳しい数字と注目すべきトピックをまとめた。
●売上高は506億ドル、利益は1050万ドル、1株あたり1.90ドル。ウォール街の予測は売上高519億7000万ドル、1株あたりの利益は2ドルだった。
●iPhoneは5110万台を販売。前年同期比16%減
●iPadは1020万台を販売。前年同期比19%減
●Macは400万台を販売。前年同期比12%減
●iTunes、Apple Payなどを含むサービスは59億ドルを売り上げ、前年同期比20%増
●Apple Watch、Apple TV、Beats製品等を含むその他の製品は21億ドルを販売、前年同期比30%増
●Apple Musicは1300万人が加入
●各地域の売上は、米国は10%減、欧州5%減、アジア太平洋地域は25%減、中華圏は26%減。日本のみ24%増

スマートフォンのフラッグシップモデルであるiPhoneを核としたビジネスモデルを構築してきたApple。特に、サービスとアクセサリについては、前年同期比からの増加がみられた。しかし肝心の製品の販売は振るわず、世界経済の減速やスマートフォン市場の停滞、あるいは衰退の前兆は、Appleが描くビジネスモデルそのものの有効性に関わる問題になる。


スポンサードリンク


Appleは、1台から得られる利益を大幅に減らすが、販売台数向上を見込めるiPhone SEを投入した。また、PCの代替というコンセプトを掲げて販売不振を打開しようとiPad Pro 9.7インチモデルも投入している。これらの効果が現れるのは、現在の四半期決算その結果は7月下旬に公表されることになるだろう。
http://japan.cnet.com/digital_sp/apple_weekly/35082179/

【管理人 補足記事&コメント】
Appleの2016会計年度第1四半期において、同社売上高の大きな割合を占めるiPhoneの売上高が前年同期比でわずか1%しか増加しなかったため、まったく意外な結果というわけではない。同社は、中国の景気が「軟調」であることから今後の見通しは厳しいと警告もしていた。中国はAppleにとって、北米に次ぐ第2位の市場である。

Apple Watchについて、600万台以上という時計業界からすれば巨大な販売台数と、量産モデルでありながら、高級で時計が行っているケースの製法を踏襲していること。そして時間計測の精密さの証でもあるインデックス(メモリなどの文字盤の表記)まで届くデジタルの秒針は、既存の時計業界をよく研究し、その延長でのデジタル時計を設計していると見る。

業界の一人は「10万円以下の時計はスマートウォッチになる」との見方を示す。その上で重要なのは外装のデザインであると指摘している。毎日つけてもらわなければ、素晴らしいアプリがあっても使ってもらえないという、ごく基本的な点が成否を分けていくことになる。

しかし、Apple Watchが救世主になるとは考えにくいわけで、iPadは1020万台を販売しているという事のほうが個人的には関心がある。前年比減と言うが、このサイトで見れば、タブレットの使用は、年々上昇している。今年は非常に大きな上昇率である。とは言えまだまだ低いわけだが、伸びているという事は、PCのシェアを食っているわけで、サイトやニュース回覧と言う部分で見れば、タブレットの使用率は上昇しているという事だ。そういう意味では、タブレット用のコンテンツを見いだせれば、さらに増えるという事であるから、PCは業務、それ以外ではタブレットとカテゴリーをしっかりと分けるという使い分けの時代が来ていると言えるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月12日 12:05 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp