韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  罵られても批判されても・・・日系車が中国で「売れまくる」理由

罵られても批判されても・・・日系車が中国で「売れまくる」理由

反日感情が今なお存在する中国において、日系車はなぜか、その感情のはけ口とされる傾向にある。2012年に中国各地で反日デモが発生した際、暴徒化した一部の中国人によって日系車が破壊されたのは記憶に新しい。

近年は中国における反日感情はずいぶんと落ち着いているものの、ネット上では今なお反日感情をむき出しにして日系車を批判する声が存在する。だが、中国の自動車市場で日系車の販売が好調なのも事実であり、ネット上の声と現実における販売状況には大きな乖離があることが分かる。

中国メディアの捜狐はこのほど、「日系車は中国人にこれだけ罵られながら、なぜこれほど売れるのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、その理由は日系車の圧倒的な性能によるものだと論じた。

記事は、中国国内において消費者にもっとも批判されているのは日系車だと主張し、こうした批判を背景に、多くの中国人消費者は自動車を購入する際、日系車の購入をためらう意識が働くのではないかと考察。一方で、中国自動車市場では日系車の販売が極めて好調であることを指摘し、「ネット上ではこれだけ多くの批判があるのに、なぜ日系車は売れるのだろうか」と論じた。


スポンサードリンク


続けて、日系車がネット上で批判される理由について「歴史問題」が大きな要因であるとしたほか、鋼板が薄く、安全性に劣るというデマを信じている人も多いことが理由として挙げられると主張。一方、SUVなどを中心に日系車が売れていることは紛れもない事実であると指摘し、中国人消費者がネット上の批判に惑わされず、日系車を購入するのは「日系車はコストパフォーマンスが高く、まさに家庭用としてピッタリだからだ」と論じた。

いくらネット上で罵られても、燃費や維持費などを現実的に考慮した場合は日系車が最善の選択となるのが現実だと指摘し、「ネット上では日系車を罵る一方で、実は日系車に乗っているという人も少なからず存在するのではないか」と論じている。
http://news.searchina.net/id/1611914?page=1

【管理人コメント】
中国メディアは、日本車破壊などの事件後、国が個人の財産を保護する法律を整備したことで安心感が増したことや、日本車は品質が高くて燃費が良いこと、日本メーカーが中国人のニーズにマッチした中国人好みのモデルを投入するようになったことを挙げている。

これはアメリカにも言える事で、実用性が高く、信頼性の高い日本車は多くの米国人にとっても魅力的である。
デザインに実用性そして、品質に燃費さらにはサービスなどが充実していれば、売れるのではないか…。
中国や韓国では無理な事である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月14日 10:26 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp