韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相の武器になる「書ける官僚」 伊勢志摩サミットでも話題

安倍首相の武器になる「書ける官僚」 伊勢志摩サミットでも話題

少し前になるが、毎日新聞(6月6日夕刊)の「胸打つオバマ演説-スピーチライターがみた『リーダーの表現力』」と題した特集記事を読んだ。 民主党政権時代、当時の鳩山由紀夫首相のスピーチライターを務めた松井孝治官房副長官(現慶応大教授)が「オバマ演説」について語っている。

いわく、すごいと思いました。普通だったら、犠牲者への哀悼を表するところから入るじゃないですか。それが鮮烈な原爆投下シーンから入ったんですから。そうくるのか、と感心しました。 まったく同感である。旧通産省出身(1981年入省)の松井氏は、01年参院選に民主党から立候補・初当選を果たした。 通産官僚時代に内閣官房に出向し、当時の村山富市首相の「村山談話」を起草、橋本龍太郎首相の「橋本行革」を発案したことで知られる。 そして、09年9月に鳩山政権が誕生、官房副長官に就任した。時に39歳。

くしくも、松井氏が感動したオバマ米大統領の「広島演説」を起草したベン・ローズ大統領副補佐官も39歳だ。 同副補佐官はテキサス州ライス大学在学中の97年夏、ジュリアーニ・ニューヨーク元市長の市長選に参加したのが政治との最初の出会いである。毎日新聞記事によると、同氏はもともと作家志望で、修士課程時に9・11同時多発テロに遭遇して人生が一変したという。

その後、オバマ氏が07年に大統領選出馬した際にスピーチライターとして同陣営入りした。ローズ氏が、オバマ氏のノーベル平和賞受賞理由となった09年4月の「プラハ演説」の起草者でもあることは周知の通りだ。


スポンサードリンク


では、安倍晋三首相周りにはこうした卓越したスピーチライターがいるのか。現在の安倍官邸にも傑出した人材はいる。伊勢志摩サミット初日の5月26日、G7首脳会議・ワーキングランチで安倍首相が各国首脳に配布した「参考データ」が話題になった。

その後の消費増税再延期決断のための“つまみ食い”データとの批判もあった。それはともかく、ひそかに準備したのが、官邸内“経産マフィア”と称される秘書官グループであった。 そのヘッドが今井尚哉首相秘書官(政務担当)であり、先述の松井氏の1年先輩である。 そして、その中核メンバーが佐伯耕三内閣副参事官(98年)。この今井、佐伯両氏が昨年の「戦後70年談話」を起草した。今や書ける官僚が「ツール(武器)」になっている。 
(ジャーナリスト・歳川隆雄)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160614/plt1606141140001-n1.htm

【管理人コメント】
外交力の一つは、自身の言動力となる。
そういう意味では文書構成も戦略と言える。

本来は行動力重視でありたいが、言動は常について回るものではある。
しかし文書は自身が作り語るから良いのであって、部下の下書きではないものにしてほしいと思うが…。

国TOPとなると、つい語った事はすべてにおいて責任となるわけで、つい言ってしまったでは通じないのも事実。
自身が常にチェックし、本来あるべき姿の自身の心を表す発言で有れば戦略となる。日本の政治家は俺が俺が出ついが多すぎる事を考えれば、不可欠ではないか…。

まぁ~レベルの問題ではあるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月14日 12:53 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
人間の器量
不思議なもので 同じスピーチを喋っても なるほどと感心させる人と うさん臭さを感じさせる人と まったく別の感傷を抱きます。

オバマ大統領が あの場面で別の言い回しをしたからと言って 失敗スピーチを印象付けることはなかったと思います。

あの場面で あの風貌で 自信をもって 堂々とするスピーチ。
やはり話し慣れてると そして人々を引き付ける力があるスピーチだったと思います。

同じスピーチを 私がやったなら 聞いてる全員が と自虐ネタになりそうです。 汗
[ 2016/06/14 17:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp