韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  まさかこれほどまでとは! 日本の病院が誇る、入院患者への気配りとサービス

まさかこれほどまでとは! 日本の病院が誇る、入院患者への気配りとサービス

中国メディア・今日頭条は12日、日本の病院におけるサービスについて「これほどまで人にやさしいとは驚愕ものだ」とする文章を掲載した。文章は主に、入院設備の充実ぶり、そして看護師の質の高さを中国国内の状況と比較する形で紹介している。

文章は中国国内の病院について「設備が古めかしい。浴室がないのは言うまでもない。一番怖いのはトイレに行くことだ」と説明。さらに、入院する場合にはあまりの混雑ゆえに「ベッドが確保できず、廊下で寝かされることもしばしば」と指摘した。そのうえで、日本では各レベルの病院間における分業体制が確立されていることもあり、大病院でも激しく混雑することはなく、廊下で寝かされる状況などあり得ないと説明した。

また、支払う金額によって病室のグレードが変わり、個室のバス・トイレを含む、まるでホテルのような設備の病室に入ることも可能であると紹介。「資本主義における金銭至上主義の極致」と評する一方で、それが良好な価格やサービスの競争を生んでいるとも解説した。さらに、一般の病室であっても非常に清潔で、患者が休息できる環境が十分整っているとし、共用のトイレや浴室も個室と同じくらいきれいであると伝えている。

記事はさらに、日本の病院における入院生活を「驚愕」たらしめる大きな要素として、看護師の存在を指摘した。中国では注射を打つくらいに思われている看護師が、日本では「サービススタッフとしての役割も持っている」とし、通常の看護に加えて患者の衣食住の手伝いを家族に代わって行うと紹介。それゆえ日本では「家族が患者に付き添って夜を明かすことが禁じられている」とした。


スポンサードリンク


また、看護師は患者に対して笑顔で辛抱強く接することが病院から求められているとも伝え、「日本の看護師に対するサービス要求はとても高い。女性看護師が多くの男性にとって理想のお嫁さんであるというのも、全くもって納得が行くのである」と解説している。 病院で入院患者の身の回りを世話するのは看護師だけではない。看護師のサポートをする看護助手の存在も欠かせないのである。様々な患者に対して笑顔で接し、励ましつつ、衣食住の世話をする看護師や看護助手の仕事はまさに肉体労働であり、過酷なもの。相応のリスペクトをして然るべきだろう。

中国は以前、医療衛生体制に過度の市場化政策を導入して失敗した経験を持つ。しかし、すでに公有の医療リソースのみで13億人の健康を維持することは難しい状態だ。現在、改めて「地域の医療機関開業に対する民間資本の参入」を奨励する姿勢を打ち出し、医療リソースの確保、充実に乗り出している。公衆衛生の使命と、利益創出のバランスを上手に取り、市民が利用しやすい衛生体制を作ることが、中国社会が抱える長期的な課題の1つなのだ。廊下で寝かされたり「恐ろしいトイレ」に行かされたりという過酷な入院生活を強いられる人が1日も早くいなくなることを、願うばかりである。
http://news.searchina.net/id/1611976?page=1

【管理人コメント】
と言うか中国がひどすぎるだけの事である。
中国政府は一人っ子政策を掲げた結果、医師も病院も不足し、今頃大騒ぎしても、人口が多いだけに手の施しようがない状態だ。病院と医師そして看護師や薬剤師等々…。社会保障とつながるための部分で、しっかりとした設備が整えられなければ、自国民の健康すらおぼつかない状態である。

今からでもしっかりと政策を見直し、対応すべきだが、習近平では無理だろう。また地方政治との癒着や不正ばかりが増えている国である。日本を真似るよりは日本来たほうが良いと考えたら、莫大な人数が押し寄せる事になるわけで、過激な医療サービスが無い様に、日本政府はしっかりと取り決めを実施してほしいものだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月14日 19:02 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)
確かに。。。
トイレはひどいね。ぜったい虫がいる(一日二回掃除はしていますが)。病院食はひどすぎて食えない。廊下に病人。。。あれは、病院が増えれば解消する。あとはまあ、病室は非衛生。。。絶対、中国で入院してはいけない!!!
まあ、日系の病院は日本と比べて普通レベル。医師レベルはどうかな?海外留学組はまあよしとして、非留学組は、しょうがない。そういう教育受ける機会がないということ。一回、中国から自信満々で日本の国内学会にきた医師連中が日本の学会のレベルが高すぎて、逃げて行ってたね。あの発表はないわー。
とにかく、勤務中にスマホいじるのくらいやめさせれば日本にいつかは近づくんじゃないかな?
[ 2016/06/14 20:17 ] [ 編集 ]
国内医療の過当競争
中国人は知っているだろうか。日本の医療の過当競争。
医療サービスはもういっぱい、いっぱいじゃないのか。
一番の激戦区は歯科。
中国人がくれば、収入の足しになるが。
[ 2016/06/14 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp