韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ロッテ・ケミカル、海外で裏金18億円プール

ロッテ・ケミカル、海外で裏金18億円プール

ロッテ・グループ内部の不正について捜査を行っているソウル中央地検は14日、ロッテ・ケミカルが架空の取引を通じ、海外で200億ウォン(約18億円)程度の裏金をプールしていた証拠をつかみ、同社の本社に対する家宅捜索を行った。

検察は、ロッテ・ケミカルが2010年から14年にかけ、インドネシアなど東南アジアから石油化学製品の原材料を輸入する過程で関与した貿易仲介業者A社を通じ、海外で裏金をプールした証拠をつかんだという。検察はロッテ・グループに対する捜査とは別に、A社の財務担当取締役J氏による横領容疑について捜査を行う過程で、ロッテ・ケミカルとA社が疑わしい資金をやりとりしている状況を把握したという。検察は、ロッテ・ケミカルが原材料を輸入する際、A社の香港法人や、日本のロッテ・グループ系列会社を経由するよう仕向け、帳簿上の価格を実際よりも高くすることにより、裏金をプールしたものとみている。

検察は14日、ロッテ・ケミカルと同時に、ロッテ建設、ロッテ済州、ロッテ扶餘リゾートなど、ロッテ・グループの系列会社10社と役員の自宅、事務所など15カ所に対する家宅捜索を行った。今月10日、辛格浩(シン・ギョクホ)総括会長(日本名・重光武雄)と辛東彬(シン・ドンビン会長(同:重光昭夫)の自宅、ロッテ・グループのプロジェクト本部、系列会社6社に対する家宅捜索を行ってから、わずか4日後のことだ。


スポンサードリンク


この日、家宅捜索の対象に含まれた会社は、系列会社間の合併・買収(M&A)や、オーナー一家と系列会社の間の不動産取引に関与した会社だ。検察は、ホテル・ロッテが2013年、ロッテ済州とロッテ扶餘リゾートを買収・合併する際に、資産価格を実際よりもはるかに低く評価する方法により、安値で買収して不当な利益を得た疑いや、ロッテ建設とロッテ七星飲料が14年、自社が保有していたロッテ商社の持ち分を、ロッテ・ホームショッピングに対し安値で売却した疑惑について、捜査を行っている。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/15/2016061500542.html

【管理人 補足記事&コメント】
ロッテケミカルは5月22日、「両国政府と企業の関係者らが参加した中で、〈ウズベキスタン・ガス田化学団地(スルキル・プロジェクト)〉完工式を21日に行った」と明らかにした。 2006年に始まったプロジェクトが11年ぶりに結実を見ることになった。ウズベキスタンは30万坪(サッカー場140面を合わせた規模)に達する、建国以来で最大規模の産業施設を持つことになり、ロッテケミカルは中央アジア初の大規模な化学工場を建てた企業になった。

ウズベク石油ガス公社(UNG)が50%の株式を持ち、ロッテケミカルが24.5%、韓国ガス公社が22.5%、GS E&R は3%など、韓国側が50%の株式を持つ構造だ。 総事業費だけで38億9000万ドル(約4兆3000億ウォン)に達するメガプロジェクトだ。ロッテケミカルの投資金額だけでも3億3800万ドル(約4020億ウォン)に達する。 この工場では高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリプロピレン(PP)などを生産する。ポリエチレンの中でも強度の高い高密度ポリエチレンはパイプやケーブルなど主に活用され、ポリエチレン繊維や衣類などに多く使われる素材だ。

昨年9月に竣工して試験稼動などにより、今年の1月から本格的に商業生産を行っている。年間に高密度ポリエチレンとポリプロピレンをそれぞれ39万トンと8万トンを生産し、トルコをはじめとするヨーロッパ市場とCIS・中央アジア市場に輸出している。シン・ドンビン会長は「今回の事業を通じて中央アジアだけでなく、ロシア、北アフリカまで進出できる足場を確保した」と意味を付与した。

物流コストが高いという点が欠点だが、これを相殺できるものが安価な原価だ。ロッテケミカルのホ・スヨン社長は昨年、プラント完工後に開いた記者懇談会で「国際の原油価格が40ドル以上で維持されたならば、ウズベクプラントの生産製品の競争力は十分にあると思う」と明らかにした。

今年2月、サムスングループの化学系列会社(精密化学・BP化学・SDIケミカル)の買収を完了し、年間売上げ16兆ウォン規模で立ち上がったロッテケミカルは、スルキルプラントの完工で総合石油化学社としての地位を強化することになった。 一方、ロッテケミカルが米国アキシオール(Axiall)社とともに建築中の、ルイジアナ州シェールガス基地のエタン分解装置は2018年の完成を目指している。完成すれば2019年から、年間売上15億ドルを上げることができると見ていたが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月15日 10:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp