韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  舛添都知事、辞職願を提出 政治資金問題で引責

舛添都知事、辞職願を提出 政治資金問題で引責

東京都の舛添要一知事は15日、政治資金流用問題などによる都政混乱の責任を取り、川井重勇都議会議長に辞職願を提出した。辞職は21日付。都議会の自民、公明両党を含む主要会派が不信任決議案を共同提出し、可決する見通しになったことを受け、決断したとみられる。

都選挙管理委員会によると、辞職に伴う都知事選は7月14日告示、31日投開票か、7月21日告示、8月7日投開票のいずれかで調整が進められる。

舛添氏は記者会見や都議会で、弁護士の調査を理由に詳細な説明を避け、一貫して知事続投の強い意思を示していた。13日の総務委員会集中審議では「都議選か知事選になれば8月のリオデジャネイロ五輪と重なり、東京五輪にもマイナスになる」とした上で、リオ五輪後に議会の判断を仰ぎたいと述べた。

辞職を拒み続ける舛添氏に対し、東京都議会は15日午後、定例会最終日の本会議を開き、自民、公明、共産など主要会派が共同で提出した知事の不信任決議案を可決する見通しだった。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160615/plt1606150958007-n1.htm


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
NHKは、東京都の舛添知事は政治資金などを巡る一連の問題で都議会が不信任決議案を可決することが確実となったことを受けて、自ら辞職する意向を固め、都の職員を通じて議長に対し辞職願を提出したと報じた。

舛添知事は今月21日付けで辞職することになる見通しで、おととし2月の就任以来およそ2年4か月での辞職となった。東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、都議会では自民党と公明党を含む7つの会派が共同で舛添知事に対する不信任決議案を提出することを決め、午後1時からの本会議で可決されることが確実となっていた。

こうした状況を受けて舛添知事は自ら辞職する意向を固め、都の職員を通じて議長に対し辞職願を提出した。舛添知事は今月21日付けで辞職することになる見通しで、おととし2月の就任以来およそ2年4か月で辞職することになった。舛添知事は15日の本会議の中で辞職を判断した理由などについて説明するものとみられる。

舛添都知事の辞職に伴い、次の都知事選に注目が集まっている。議長から選挙管理委員会に、都知事の辞任が通知された翌日から50日以内に知事選が行われます。知事選は公職選挙法で、告示が投開票日の17日前までと定められているため、7月10日投開票の参院選と都知事選のダブル選はスケジュール的に困難な状況だ。

7月10日以降に知事選の告示日を設定することで調整すると見られ、7月14日告示・7月31日投票、あるいは7月21日告示・8月7日投票の日程で調整が進められていく見通しとなる。

「不適切だが違法ではない」というのも政治の現状システムとなるわけで、そろそろ首が締まるとはいえ、首が締まるからよいわけで、政治資金におけるシステムを構築することが不可欠だろう…。政治と金でいつも混乱を招いては選挙だのという繰り返しにそろそろ終止符を打つ時が来たのではないか…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月15日 12:01 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
上が濁れば下も
都知事の件は刑事事件ではないから非難をするのはどうかという意見もあるが、上が清くならずに下が清くはならない。都知事は高額な出張費を指摘され「トップが二流ホテルに泊まれますか、恥ずかしいでしょう」と言ったが、都知事が公金を流用して家族旅行したことは恥ずかしくないのか。トップの姿勢こそが政治に大事で、法律に違反しているかではない。
辞職させ選挙になると金がかかるとの意見もあるが、民主主義を理解してない。民主主義は金もかかるし効率も悪い制度だ。立派な君主が永く国を治めるのが最も効率的で金もかからないのだが、しかし古今東西良い君主の現れたのは非常にまれだ。名君は何世代も現れたことなく、いつも暴君、愚王の圧政に庶民は苦しめられてきた。民主主義は非効率で金もかかるが、これ以外の政治制度は他にないのです。だから良い政治家を選択する目を養うしか良い政治を求める方法がない。悪い政治家を選んだと判断したら即座に替えるのが最も政治を良くする道です。民主主義は金がかかると腹をくくるしかありません。
[ 2016/06/16 04:07 ] [ 編集 ]
自民党は切り抜けた
>不適切だが違法ではない

この原理の中で、舛添氏はずいぶん粘った。
逃げ切れないのは見えていたから、
外野を面白がらせるお笑い劇場でした。

最後のしめくくりで、自民党はなんとかうまく切り抜けた。
「不信任」を共産党が言い出して、すぐに公明党が乗って、
引っ張られる格好に見せて自民党が賛同。
「やらせてみたがダメでした。」とも言わない。
とにかく舛添→自民党とつながる話題をとことん回避。
「舛添を推薦した自民党の責任」の浮上を隠すのに
まずます成功したと言っていい。
自民党は政局をさばくのが達者です。
[ 2016/06/16 12:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp