韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人が語る「子どもを日本に連れて行くべき理由」

中国人が語る「子どもを日本に連れて行くべき理由」

経済的に豊かになった中国では、子どもを連れて海外旅行に行くゆとりのある家庭も増えてきた。なかでも日本は家族連れに人気の旅行先だという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「子連れで日本旅行に行くべき理由」を論じる記事を掲載した。

中国人が自分の子どもと一緒に日本を訪れるべき理由の1つ目について、記事は「青空」を挙げた。中国の大気汚染問題が深刻であるのは言うまでもないが、日本には「青空と白い雲」があり、新鮮な空気を目一杯吸うことができる日本は子どもにも年配者にも適している環境だと論じた。

さらに2つ目は「テーマパークが多いこと」だ。東京ディズニーランドのみならず、サンリオピューロランド、富士急ハイランド、浅草花やしき、東京ドームシティアトラクションズなど、日本には子どもたちが大喜びする遊園地が多いと紹介した。

3つ目は、「教育の進んだ国」であること、4つ目に「北海道の花畑、沖縄の海、軽井沢の避暑地」といった自然豊かな観光地を挙げた。


スポンサードリンク


5つ目は「子ども用品」だ。おむつ、哺乳瓶といった赤ちゃん用品や子ども用のカバン、衣類は質も評判も良く、最高だと評価した。6つ目は「日本の小学校と幼稚園」だ。特色を持った幼稚園が多いため、「知識を増やし、子どもの好奇心を刺激するのは良い選択」と、旅行期間に子どもを連れて見学するよう勧めた。7つ目は「距離の近さ」だ。飛行機で5時間以内に日本に到着でき、時差もわずか1時間であるため子どもに負担にならないからだ。

8つ目は「文化が似ている」こと。お年寄りも同行した場合、西洋と比べれば日本人の口に合うように改良された洋食は比較的受け入れやすく、伝統的建築物も受けが良いのだという。最後は、博物館や美術館という「意義ある教育」があることだ。建物そのものも芸術品で、中国の影響を受けたものもあり、館内にあるキッズゾーンではゲームを通じて芸術やアートが体験できる施設が多いと紹介した。

子どもに良い思い出を持ってもらいたいというのは親の共通の願いだ。日本旅行が中国の子どもたちにとって良い思い出となると同時に、生活上においても良い刺激となることを願いたい。
http://news.searchina.net/id/1612039?page=1

【管理人コメント】
中国人が自分の子どもと一緒に日本を訪れるべき理由の1つ目について、記事は「青空」を挙げた。
いきなり心に響く、驚きの言葉だが…。。。

青空を知らない子供では、何とも言葉が出ないが…。
中国では深刻だろう。子供の生命まで奪う大気汚染である。
今後は食品や飲み水すべてに不信感を持つ国と化すわけで…、
日本が良いと感じるのは当然と言えば当然だが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月15日 13:11 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
我々は被害者
これね。他力本願。日本に行けば、面倒は子育てが省かれるという思い。日本に期待してもらうのはいいが、自国でちゃんと教育してから来い!
あと、米軍の犯罪だが、海兵隊だけは日本から追い出した方がよい。海兵隊はアメリカでも人間として認められていない。軍人として、つまり、人をころすという意味ではあがめられている。海兵隊とはそういうもの。犯罪者でも入隊できる。黒人比率が多いのも海兵隊。追い出そう海兵隊!
[ 2016/06/15 17:40 ] [ 編集 ]
いなくなった
 私が小さい時には、春になると燕がそこら中で飛び、モンシロチョウは周りを飛んでいたし、桜の木には毛虫(蝶の幼虫)が付いていたが今は見なくなった、いま子供達は青空を見る事が当たり前だろうが、自然にいる物達が少なくなった事を知らない。
 中国人は日本人が日本の青空、綺麗な水を取り戻すのにどれだけ努力したかを知らない、子孫に残せるのは安全な祖国と安心出来る食べ物だと思う、中国の子供達が日本に来ても、もう燕もモンシロチョウはいなくなった。
[ 2016/06/15 21:02 ] [ 編集 ]
そうですね。。。
大山様の言う通りですね。昆虫や小鳥はいなくなりましたね。ほたるなどは都23区内では限られています。それも人工的な管理です。
だから、都の土地が余ったら韓国学校なんかに貸すのではなく、緑を取り戻すために、緑地や公園を整備しなければならない。田舎は田舎で山の保全に力を入れる必要があるでしょう。
[ 2016/06/15 21:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp