韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国海軍艦艇、日本領海に一時侵入

中国海軍艦艇、日本領海に一時侵入

中国海軍の情報収集艦が15日、日本の領海に侵入し、東シナ海の緊張が高まっている。当時、付近では米国、日本、インドの3国が海上で共同訓練をしていた。

中国海軍の艦艇は9日にも日本が実効支配している尖閣諸島(中国名・釣魚島)の接続水域(海岸線から22~44キロ)に侵入した。日本政府は同日、外交チャンネルを通じて憂慮を伝え、強く抗議した。

防衛省は15日、「午前3時半ごろ、海上自衛隊のP3C哨戒機が口永良部島の西から日本の領海を南東に向かって航行する中国海軍の情報収集艦1隻を確認した」と明らかにした。船は、1時間半にわたって日本の領海を航行した後、午前5時ごろ、屋久島の南の沖合で領海を出た。

中国海軍による日本の領海侵入は異例のことだ。NHKは、「04年に原子力潜水艦が沖縄県の石垣島沖で領海侵犯して以来、2回目」と報じた。付近では、3国の海上共同訓練の一環でインド海軍の補給艦とフリゲート艦2隻が航行していた。中谷元防衛相は記者団に対して、「中国海軍の軍艦がインドの軍艦を追うように航行した」と説明した。


スポンサードリンク


外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は、駐日中国大使館の次席公使に電話で、先日の尖閣諸島接続水域の入域についても取り上げ、「中国海軍の活動全般について懸念している」と抗議した。

日本政府の措置は、先週午前2時に駐日中国大使を呼び出したのに比べれば、強度が下がった。領海であっても平和と安全に害にならない「無害通航」は国際法上許されるためだ。日本政府は、今回の件が無害通航に該当するのか分析している。

中国海軍が航行した領海は尖閣諸島と違って領有権紛争地域ではない。世耕弘成・官房副長官は定例記者会見で、「(尖閣を)自分の領土という独自の主張をする中での接続水域航行とは、対応に差があってしかるべきだ」と説明した。また、「今回の中国艦艇がどういう目的で航行したかは、現時点では確たることを申し上げるのは控えたい」としながらも、「警戒監視活動などに万全を期す」と強調した。
東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/536273/1

【管理人 補足記事&コメント】
NHKは、中国国防省は、日本時間の午後4時すぎにコメントを発表し、「この海峡は国際的な航行に使われる海峡であり、中国軍の艦艇が通過することは、国連海洋法条約が規定する航行の自由の原則に合致している」と主張したと伝えている。

また、中国外務省の陸慷報道官は、15日の定例の記者会見で、「年度計画に基づいて、中国海軍の艦艇は、最近遠洋訓練を行い、期間中にその海峡を通過した。強調しなければならないのは、国際法上、その海峡は航行に使われるもので、各国の艦船は、航行する権利を持っており、事前に通知して許可を得る必要はない。日本自身が、その点をよく知っているはずだ」と述べ、今回の航行は国際法上問題は無いという立場を強調した。

中谷防衛大臣は防衛省で記者団に対し、「中国海軍の艦艇の航行は、日米印の演習に参加し、わが国の領海内を航行していたインド海軍の艦艇に引き続いて行われたものだ。海上警備行動は発令しておらず、先方の意図や目的は分析中だ」と述べた。
そのうえで中谷大臣は「中国海軍の艦艇が領海内を通過したのは2度目で非常に例が少ない。今後も中国艦艇の動きに十分注目して、警戒監視に万全を期したい」とした。

国連海洋法条約では、軍艦を含むすべての国の船舶について、沿岸国の秩序や安全を害さなければ領海を通過できる「無害通航権」を認めている。無害通航は、沿岸国の平和・秩序・安全を害さないことを条件として、沿岸国に事前に通告をすることなく沿岸国の領海を他国船舶が通航することであり、内陸国を含めすべての国の船舶は他国の領海において無害通航権を有する。

中国の内では予想以上に統制が乱れているようにも感じる。中国軍の統制は習近平政権となってからの大きな課題でもあったわけで、いつ爆発するのか…、実に厄介であるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月16日 10:07 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp