韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国政府、新空港の発表方式に苦慮

韓国政府、新空港の発表方式に苦慮

政府は、慶尚道(キョンサンド)圏の新空港予定地発表を約1週間後に控え、頭を悩ましている。政界と地方自治体の誘致戦が過熱する様相を見せており、調査結果が望む方向でない場合の発表に対してまで文句がつけられることを懸念するためだ。

15日、政界によると、新空港の主務省庁である国土交通部は、立地選定の結果発表の日を徹底的に秘密にしている。姜鎬人(カン・ホイン)国土部長官は最近、国会を訪れ、「24日(調査結果の提出期限)より早まる可能性がある」とだけ話したという。大統領府も同日、「調査が完了次第、国土部から結果を発表する予定だが、具体的な時期は決まっていない」と明らかにした。

国土部は、発表をその日の3、4時間前に公示することを検討しているという。発表日を事前に予告すれば「すでに調査報告書が到着しているのに、政府が状況を把握しておきながら『調整』に入った」という誤解を生む可能性があるということだ。地方自治体にも事前に結果を教えない方針だ。発表は、新空港調査を行ったパリ空港公団エンジニアリング(ADPi)が主体になり、国土部は同席する方法で行う予定だ。

実務ラインでは、「朴槿恵(パク・クンへ)大統領の政権引き継ぎ委員会」で主要人選を発表する際、密封された封筒を発表の場で開けて発表するやり方を借用するアイディアも出ているという。しかし、ある与党議員は、「調査結果が出れば大統領府に事前に報告しなければならないため、この方法はあきらめた」と伝えた。


スポンサードリンク


政府は、混乱の拡散を阻止するために、調査結果の発表の際、評価項目と評価基準をすべて公開する方針だ。しかし、発表後の国論分裂が憂慮されるため、17日に開かれる党・政府・大統領府の高位会議で混乱を最小化することも話し合われる模様だ。
東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/01/27/536267/1

【管理人 補足記事&コメント】
政府は2011年10月に、東南圏新空港に経済効果がないという最終結論が出た場合の代案作りに頭を悩ませているとし、政府高官は、「白紙化の場合には、政治的な負担は大きいが、そのような負担を負わないために政治的な判断をすることはないだろう」とし、「専門家の客観的で、透明性のある分析に基づき、結論付けられるだろう」と話した。また、他の関係者は、東南圏新空港事業の白紙化による代案について、「一部では数兆ウォンをかけ、金海(キムヘ)空港を早速『拡張』する案が提起されているが、それよりは空港需要を見極めつつ金海空港を『補完』し、利用する方向への可能性が高い。25年までには、金海空港だけでも航空需要をカバーできる」とした。

当初、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府は、革新都市計画を立て、大韓住宅公社は慶尚南道晋州(チンジュ)に、韓国土地公社は全羅北道全州(チョンジュ)にそれぞれ移転することを決めた。しかし、09年に住宅公社と土地公社がLHに統合し、慶尚道と全羅道の対立の火種を残した。

いろいろと問題ありきで今日である。
いまだ混乱したままの状態の様だ。

この状況下では、経済活性化になるどころか、あまりに悪いタイミングとなるのではないか…。
何とも決まりごとが進まない韓国である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月16日 10:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp