韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  コンテンツ開発不足の韓国観光、インフラと規制が足かせに

コンテンツ開発不足の韓国観光、インフラと規制が足かせに

先日韓国を訪れたある台湾人観光客は、江原道東海市に向かう高速バスの座席をインターネットで予約しようとしたがうまくいかなかった。予約サイトが中国語や英語に対応していなかったからだ。そのためこの台湾人は韓国人の知人に頼んでチケットを購入するしかなかった。

韓国を訪問する外国人観光客の数が2014年に年間1400万人を突破したが、不十分なインフラと行き過ぎた規制が観光産業全体の足を引っ張っている。全国経済人連合会(全経連)は15日、韓国における観光産業の大きな問題点として「観光に必要な環境の不便さ」「堅固な入国障壁」「不十分な観光コンテンツ」の三つを挙げ、文化体育観光部(省に相当)に改善を申し入れた。

例えば英語サイトがない全国高速バス予約サイト(Kobus)などは観光環境の不便さを示す典型的なケースだ。また最近は外国人観光客が個人で旅行するケースも増えているが、これに対応するため個人で活動する観光通訳士の登録基準もない。現状はフリーランスとして活動する場合でも、オフィスを備えた上で2億ウォン(約1800万円)の資本金を準備し一般旅行業者として申告しなければならないのだ。

付加価値の高い観光コンテンツ提供の障壁となっている規制も大きな問題だ。韓国は国土の64%が山岳地帯だが、イタリアのポジターノやギリシャのサントリーニのように、山の景観にマッチした宿泊施設を建設しようにも、現在の法律では傾斜度が20-25度以上の場合は開発が難しいのだ。


スポンサードリンク


入国の障壁が高いのも相変わらずだ。その例がクルーズ船によって入国する観光客だ。日本では中国人のクルーズ観光客は1週間に限り、個人あるいは団体によるビザ無しでの観光を認めている。これに対して韓国は指定された中国の旅行会社を通じた団体観光客のみ、しかも3日間しか入国を認めていない。

全経連は、審議基準の厳しさ故に文化財周辺施設への投資が困難な点や、オリンピックの正式種目にもなったゴルフに重い課税が行われていることなども問題として指摘している。全経連のチュ・グァンホ産業本部長は「フランスやスペインなどの観光大国では、人口は韓国とほとんど変わらないにもかかわらず、観光客によってもたらされる経済効果は1億人以上の内需に匹敵するといわれる」とした上で「外国人観光客3000万人時代を切り開くには、制度の見直しが何よりも必要だ」などと指摘した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/16/2016061601156.html

【管理人 補足記事&コメント】
中国人観光客だ。2005年は3000万人だったのが、2010年には5700万人、2015年には1億2000万人と、大幅に増加している。しかし、昨年、韓国を訪れた中国人観光客は落ち込んだ。1995年以降、中国人客が前年比で減少するのは初めてのことだった。原因としては、MERS(中東呼吸器症候群)の影響や、円安を追い風に日本が中国人観光客誘致に成功したこと、韓国国内の受け入れ態勢の問題などが指摘されている。一方で、日本やタイは中国人観光客獲得に成功した。

これは最近、韓国の店が中国人観光客を相手にぼったくりをしたり、ある飲食店が2013年製のカニを中国人観光客に提供したりといった事例が数多く報告されている。そうした背景から、「韓国人は一番質の悪い製品を中国人に売りつける上、わざわざ中国人用に低品質の化粧品を生産したり、賞味期限の切れた食品を提供したりする。日本は少なくとも、最高級の製品とサービスを提供してくれる」というコメントなどがネットで飛び交っては、困りごとだろう。

韓国旅行は、日本からすれば休みがなかなか取れない人にとっては近い手ごろな国ではある。嫌韓はべつとして、近い海外と言う意味では、旅行客を大切に迎えてほしいものであるが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年06月16日 11:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp